夫婦喧嘩をしても大丈夫!?解りあえる円満ルールとその方法とは!?

私は夫婦喧嘩には賛成派です。

 

私は疑問に感じたら

話し合わずにはいられない性格です。

 

週1くらいのペースで喧嘩を

しているかもしれません^^;

 

夫婦喧嘩はどちらが正しいとか

間違っているとかを決めるものではありません。

 

それが目的になってしまうと

相手を激しく攻撃してしまうんですよね。

 

夫婦喧嘩とはお互いにわだかまりを解消して

夫婦円満を目指すためにするもの

だと思っています。

 

言いたい事を我慢するとストレスが溜まるから

夫婦喧嘩はしても良いと思っています!(^^)

 

でも夫婦喧嘩する時の

円満ルールを共有しているため

翌日以降喧嘩を引きずることはないんですよ。

 

相手を責めたり攻撃する目的で喧嘩をしないこと。

 

お互いに納得できる解決策を見つけること。

 

共有ルールを守れば

お互いに言いたい事を言い合って解決するため

喧嘩の後はスッキリするんですよね。

 

喧嘩する度に引きずっていると

別居や離婚に発展してしまいます。

 

翌朝まで引きずらないなど

終わりのルールも

共有しておくと良いと思います。

 

あなたも旦那さんと夫婦喧嘩する時の

円満ルールを共有することをオススメします

 

 

夫婦喧嘩のときにどうしてこうなった…ではなくどうしたら良くなるのかを考える!

 

先ほど冒頭で触れた夫婦喧嘩の円満ルールについて

詳しくみていきたいと思います。

 

ルールは2つあります。

 

【①相手を責めたり攻撃する目的で喧嘩をしないこと。】

夫婦喧嘩になるとどうしても

感情的になってしまうため

相手を責めたり攻撃するような

言葉づかいになってしまうんですよね。

 

どんどん感情的になり

親や友達など関係のない人の

攻撃を始める人もいますΣ(゚Д゚)

(あるアンケート調査により分かりました。)

 

言ってる方はストレスを発散できますが

相手はストレスや不満を溜め込んでしまいます。

 

こんな喧嘩をしていると

夫婦仲はどんどん険悪になってしまいます。

 

夫婦喧嘩が積もり積もってしまうと

別居や離婚問題に発展する

可能性が高くなるのでご注意ください(>ω<)

 

 

【②お互いに納得できる解決策を見つけること。】

夫婦喧嘩をする時に

なんでそんな事をしたのかと責めても

何の解決にもなりません。

 

言われる方も責められるだけです。

 

できる事は反論するか謝るしかありません。

 

やってしまった事は変えることはできません。

 

夫婦喧嘩をする時は

やってしまった事を責めるのではなく、

どうしたら状況が良くなるのかを

考えるようにしましょう

 

喧嘩する時は過去を向くのではなく

未来を向くと有意義なものになります。

 

スポンサーリンク
 




 

 

 

 

 

夫婦喧嘩の後の態度はどうとる?いつもどおりを意識する事が大切!

 

夫婦喧嘩をして

まだわだかまりが残っていると

翌朝にも引きずってしまいませんか?

 

なんとなく素直になるきっかけがつかめず

長く険悪なムードが漂っていると

気まずいですよね。

 

そのまま第2、第3ラウンドと

進んでいくかもしれません。

 

夫婦喧嘩したら必ず

「いつ終わりにするのか」を

決めておくと良いですよ。

 

終わりのルールも夫婦で

共有しておくのをオススメします。

 

例えば我が家にはこんなルールがあります。

 

喧嘩したら次の日には引きずらないこと。

布団で寝たら終わりにすることに決めています。

 

そこまで共有するのはなんだかなぁと思うなら、

喧嘩をした翌朝にあなたが

普段通りに接してみてください。

 

旦那さんがまだ喧嘩を引きずっていたとしても

あなたが攻撃的でないとわかると

戦闘意欲を失うはずです(^^)

 

サッと喧嘩を終わらせてくれた

あなたの思いやりに気づくからです。

 

 

さいごに

いかがでしたか?

 

夫婦喧嘩をこじらせないための

円満ルールをご紹介しました。

 

喧嘩もルールを決めることで

大変有意義なものになります。

 

ただ相手を責めたり攻撃するだけの喧嘩では

何も解決しません。

 

喧嘩をする時は過去をほじくり返すのではなく

どうすれば良くなるのか

未来を向くようにしましょう(^^)/

 

そして夫婦円満のために

引きずらない!ことも心がけましょう

 

 

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク



20代女性向け
tajisaiをフォローする
多事彩々
タイトルとURLをコピーしました