春が嫌い?その理由と変化の大きい季節の心身と乗り越え策とは?

春は季節的に過ごしやすい気がしますが、

実は春が憂鬱な人はとても多いです。

 

春は心にも体にも

負担が大きい季節なんですよ。

 

4月は学生にとっては

クラス替えによる人間関係の悩みが

辛い季節です。

 

新しいクラスで友達ができるか?

 

学生時代の私は友達作りが苦手だったため

4月は友達ができるかしか

考えていませんでした。

 

社会人にとっても人事異動や

新しい仕事に対する悩みで

眠れない人も多いと思います。

 

体に対する負担としては

寒暖差が与える影響が大きいです。

 

1ヶ月に5度も気温差があるため

自律神経が乱れてしまいます。

 

この自律神経の乱れこそが

万病のもとです。

 

意味もないイライラや不安、

頭痛やめまいなどの悪影響を

もたらす犯人です。

 

春に心身共に不調を軽減するには

自律神経の乱れを整えることこそが対処法

になります。

 

食事や入浴、ストレッチなどを通して

自律神経の乱れを整え

春を乗り切りましょう!

 

 

季節変化が大きい春に起こる身体への影響とその解決策とは?

 

春は1ヶ月に5度も気温差があります。

年間を通じて最も寒暖差があるんですよ。

季節の変わり目とも呼ばれます。

 

この時期に体調が悪い人は

ある調査によると

9割近くになるとのことです。

 

気温差が激しいと変化に対応するために

交感神経が活発になります。

 

交感神経が活発になると

緊張感や興奮、攻撃的になりやすいです。

 

交感神経が活発になることで

自律神経が乱れ

様々な不調が現れます。

 

・免疫力が低下するため

病気にかかりやすくなり、

疲れやすくなる。

 

・常にイライラ落ち着かず夜眠れない。

または眠れたとしても眠りが浅い。

 

・胃腸が冷えるため

食欲がなくなったり下痢をしやすくなる。

 

・肩や首が凝り、頭痛が続く、だるい

 

 

上記であてはまるものはありましたか?

 

自律神経の乱れを整えることこそが

改善法になります

 

食事や入浴、運動など

生活の基本を見直すことで

交感神経の働きが緩やかになります。

 

 

(対処法①生活リズムを整える)

朝日を浴びて朝食を食べることが

自律神経を整えるのに効果的です。

 

休みの日もだらだら過ごすのではなく

朝起きて朝食を食べることで

だるさも取れてきます。

 

朝食ではビタミン・ミネラル・カルシウムを

バランス良く食べるようにしましょう。

 

 

(対処法②日中の適度な運動と寝る前のリラックスタイム

日中に適度な運動をすることで

夜眠りにつきやすくなります。

 

寝る前のリラックスタイムは

副交感神経を働かせるので

深い眠りにつくことができます。

 

私はアロマが香る蒸気アイマスクで

癒やされていましたね。

 

スポンサーリンク
 




 

 

 

 

 

心理的な負担も?春の環境の変化でストレスをためない方法とは?

 

4月は人間関係で深く悩む人も多いです。

 

学生は一番の心配事は

新しいクラスメイトと仲良くできるか?

ではないでしょうか?

 

社会人になっても

人間関係の悩みは尽きません。

 

さらに仕事のプレッシャーも

重くのしかかってきます。

 

このような悩みやストレスも

自律神経を乱す原因になります。

 

人間関係で悩む時は

一人で閉じこもりがちになる人が

多いのではないでしょうか?

 

人間関係や仕事で悩みを抱えた時は

誰かに話すと気持ちが楽になります

 

カタルシス効果といって

心の中にある悩みや不満は

外に出した方が楽になるのです。

 

私は昔は閉じこもるタイプでしたが

人に話すようになってから

とても楽になりました。

 

 

さいごに

いかがでしたか?

 

春は主に寒暖差と新しい生活環境への不安で

心身共にバランスを崩しやすいです。

 

自律神経の乱れを整えることと

誰かに吐き出すことで

心身の不調は改善されます。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

 

 

スポンサーリンク



20代女性向け
tajisaiをフォローする
多事彩々
タイトルとURLをコピーしました