摩文仁 火と鐘のまつり | 全国お祭り大調査!

摩文仁で大晦日の晩から新年にかけて行われる

火と鐘のまつり」についてご紹介します。

 

摩文仁と書いて「まぶに」と読むそうです。

 

とても珍しい地名ですね。

 

摩文仁は沖縄島の南端にある糸満市にある地区で

沖縄戦終焉の地とされています。

 

火と鐘のまつりは

平和への祈りが込められた行事です。

 

年越しの行事ですがこれまで紹介してきた

日本特有の雰囲気とは異なっています。

 

火と鐘のまつりが開催される

「沖縄祈念平和堂」の基本情報や

内容などについてまとめました!

 

 

沖縄祈念平和堂の基本情報!

 

火と鐘のまつりが行われるのは

大晦日の晩22時から年明けの25時までです。

 

場所は平和祈念公園の園内にある

「沖縄平和祈念堂」にて行われます。

 

平和祈念公園の敷地はなんと約40ヘクタールもあり

4つのゾーンに分かれています。

 

東京ディズニーランドが51ヘクタールなので

公園にしたらかなり広いことが分かりますね。

 

沖縄に行くなら訪れるべきスポットだと思います。

 

平和祈念公園へのアクセスは車がおすすめです。

無料駐車場は469台利用できます。

 

 

沖縄を観光する時は

公共交通機関があまり発達していないので

レンタカーがおすすめです(^^)

 

那覇空港からは車で約35分間、

那覇ICからは約40分間の距離にあります。

 

那覇バスターミナルから平和祈念公園前まで

バスが出ていますが

約85分間とかなりの長旅になります。

 

 

摩文仁 火と鐘のまつりの内容は?

 

火と鐘のまつりは大晦日の晩から

新年にかけて行われる年越しの行事です。

 

平和への決意を新たに心静かに年を越せるとの

感想をよく聞きます(*^^)

 

実際にどのような内容なのか

気になったので調べてみました!

 

火と鐘のまつりの開会式は祈念平和堂の堂内で

大晦日の22時から始まります。

 

その後沖縄戦の映像が上映されます。

 

戦争を戦争を知らない世代に語り継いでいくことは

平和のために大切なことだと思います。

 

平和祈念公園の中には「平和の礎」があります。

 

平和の礎は慰霊碑です。

 

沖縄戦で亡くなった約24万人の

戦没者の全ての氏名が刻まれています。

敵も味方もなく国籍も関係ありません。

 

この平和の礎に平和の火が灯され

平和の誓いが述べられ黙祷します。

 

黙祷が終わると参加者全員が

慰霊のたいまつを掲げ堂外を行列します。

 

年明けが近づくと

大広場の聖火台を囲んで

カウントダウンが行われます。

 

そして年明けと共に平和の鐘がならされます。

 

 

これまで紹介してきた

日本の神社やお寺で行われる

年越しの行事と雰囲気が違うのは

国境を越えた平和の祭典だからなのでしょうね。

 

スポンサーリンク
 




 

 

 

 

火と鐘のまつりの口コミ評判まとめ

火と鐘のまつりに実際に参加した人達の

口コミ評判を集めました!

 

■まつりと言っても

賑やかな雰囲気ではありません。

 

参加者の数はすごく多いですが皆静かです。

 

参加者ひとりひとりのたいまつに

火が移る様子は命や平和への祈りが

受け継がれていくように感じられます。

 

 

■子供に戦争の悲惨さや

平和の大切さを教えるために

毎年参加しています。

 

沖縄戦の上映を見て子供も自分なりに

しっかり受け止めているようです。

 

 

■あれほどの大戦を知らない

若者も多いのは実に悲しいことです。

 

火と鐘のまつりを続けることで

少しでも世の中に平和を

発信していきたいと思っています。

 

 

さいごに

いかがでしたか?

 

沖縄の摩文仁で行われる平和を願う

年越し行事をご紹介しました。

 

戦争を体験した世代がどんどん減っていく中で、

このような行事は絶対に絶やしてはいけないと

強く感じました。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました