神楽の里 かなぎ共演大会の日時や見所を体験談と併せて紹介!

今回は島根県浜田市にある金城町で

毎年3月に行われる

「神楽の里かなぎ共演大会」についてご紹介します。

 

神楽とは神様をまつる時に奏でる

楽器演奏・歌・舞いを指します。

 

島根県では神楽が伝統芸能として根づいています。

 

以前子供神楽の話を聞いたことがあります。

 

聞くところによると神楽の里かなぎ共演大会では

2日に渡り33演目が行われるそうです(@@;)

 

まさに春を祝うにふさわしい

華麗なる共演大会と言えますね!

 

神楽の里かなぎ共演大会の基本情報や内容、

実際に舞台を見た人の口コミ感想が

気になったので調べてみました。

 

 

神楽の里かなぎ共演大会の基本情報!

 

神楽の里かなぎ共演大会は

3月の第3週の土日に行われます。

 

近隣の神楽社中や県外からの神楽団が集まり

2日間で33演目も上演されるそうです。

 

まさに春爛漫、神楽づくしですね〜(^^)

 

島根県は古くから石見神楽(いわみかぐら)が

伝統文化でなんと全国に

おっかけファンがいるとのことです。

 

石見神楽は日本の神話を題材にしているため

演劇の要素が強いです。

 

迫力が凄まじいです(>ω<)

 

当然のごとく神楽の里かなぎ共演大会には

県外からもたくさんのファンが

駆けつけることになります。

 

どうしても見たい場合は

前売り券を購入しておきましょう。

 

値段も少し安いです♪

 

大人1名前売り1500円で当日券は1800円です。

 

歌舞伎を見るのと比べると

かなり安いなぁと感じます。

 

神楽の里かなぎ共演大会が行われる場所は

「ふれあいジムかなぎ」です。

 

ここは県内最大級の体育館なのですが

全館瓦ぶきでデザインが斬新です。

 

無料駐車場もあります。

 

車で行くなら浜田自動車道旭ICから15分程度です。

 

バスを利用すると「金城町役場」で下車し

その後15分ほど歩かないといけません。

 

JR浜田駅からバスが出ていますが

金城町役場までは30分で到着します。

 

スポンサーリンク
 




 

 

 

神楽の里かなぎ共演大会の内容や口コミ評価まとめ

神楽の里かなぎ共演大会は

石見神楽がメインですが

県外からの参加もあります。

 

神楽は神秘的で神聖かつ優雅な雰囲気です。

 

石見神楽を見ると神楽のイメージが

ガラリと変わると思います。

 

軽快でかつ激しいお囃子と舞いが特徴的です。

 

金糸と銀糸を織り込んだ衣装も

豪華で迫力があります。

 

歌舞伎に近いイメージと言えるかもしれません。

 

島根県にはなんと神楽楽団が

200くらいあるそうです。

 

ものすごい数ですね。

 

島根県では石見子供神楽も盛んで

どんちっち祭りと呼ばれ

あちこちで公演されています。

 

実際に神楽の里かなぎ共演大会を鑑賞した人の

口コミ感想を集めてみました。

 

■県外からの出演もあります。

 

石見神楽とは違った雰囲気なので

新鮮な気持ちになりました!

 

上演中は自由にカメラ撮影が許されています。

毎年一眼レフカメラを持参し撮影しています(^^)

 

迫力あるシーンをそのまま写真として

切り取りたいのですがなかなか難しいです。

 

 

■亀山社中の「岩戸」の演目が好きです。

岩戸が開き中から天照大御神が

登場するシーンに感銘を受けました。

 

神楽を見たことがない友達も

興味本位で一緒に来ていました。

 

かなり長いため途中から辛そうでした(-.-;)

興味がない人には長すぎるかもしれません。

 

もちろん神楽ファンにはたまらない舞台です(^^)

 

 

さいごに

いかがでしたか?

 

島根県金城町で毎年行われる壮大な演目

「神楽の里かなぎ共演大会」について

ご紹介しました。

 

島根県では神楽のイベントが

1年を通し数多く公演されているとのことです。

 

チャリティーイベントも行っています。

 

神楽をとおして人との輪や縁を大切にしている

姿勢も伝わってきますね。

 

子供達にもこの精神は

引き継がれていくことと思われます。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました