ケンケト踊りの見どころや日時・アクセス情報を体験談とともに紹介!

今回紹介するのは「ケンケト踊り」です。

 

ユーチューブ動画を見ましたが、

子供が主役の元気なお祭りですね。

 

ケンケト踊りは滋賀県甲賀町にある

瀧樹(たき)神社の例祭の中で奉納されます。

 

ケンケト踊りが奉納されるのは

ゴールデンウィークの5月3日です。

 

それにしてもケンケト踊りという名前が

不思議ですよね〜

 

「献鶏頭」と文書には記載されています。

 

でも鶏の頭とは何の関係もないそうです。

 

ただの当て字のようですね。

 

ケンケト踊りは室町時代から始まった

田楽踊りが由来になっているとのことで、

どんな踊りかも気になるところです。

 

ケンケト踊りの基本情報や内容、

口コミなどをご紹介します(^^)/

 

 

 

瀧樹神社の例祭の基本情報!

 

ケンケト踊りは瀧樹(たき)神社の例祭の中で

奉納されます。

 

その他に「花ばい」という行事も行われます。

 

ケンケト踊りと花ばいが

どのような内容なのかは後ほどご紹介しますね。

 

瀧樹神社の例祭が開催されるのは5月3日です。

 

ゴールデンウィークのため

たくさんの人が瀧樹神社を訪れます。

 

 

それでは瀧樹神社までのアクセスや

気になる駐車場情報をご紹介します。

 

駅を利用する場合は

駅から瀧樹神社までの移動手段を

考えておく必要があります。

 

瀧樹神社への最寄り駅は

「油日駅」または「甲賀駅」です。

 

瀧樹神社へはどちらも

歩いて1時間10分程度かかります。

 

バス停を使うと便利です(^o^)

 

最寄りのバス停は「東前野バス停」で

徒歩で約4分で神社に着きます。

 

車で行く場合、

瀧樹神社は甲賀市内の国道1号

前野交差点付近にあります。

 

瀧樹神社には駐車場も完備されています。

 

スポンサーリンク
 




 

 

 

 

瀧樹神社の例祭の内容や口コミを紹介!

 

瀧樹神社の例祭の中でケンケト踊りが奉納され、

花ばい行事が行われます。

 

ケンケト踊りの主役は小学生の男の子達です(^o^)

 

クジャクや山鳥などの羽で着飾った男の子達が

太鼓や笛の音に合わせて踊りながら練り歩きます。

 

ケンケト踊りは国の選択無形民俗文化財に

指定されているとのことです。

 

選択無形民俗文化財という言葉を

初めて聞いたので調べてみました。

 

ウィキペディアより引用しました。

 

選択無形民俗文化財とは

重要無形民俗文化財以外の無形の民俗文化財のうち、

記録、保存、公開に対して経費の一部を

公費による補助を受けることができるもの。

 

ケンケト踊りには一部補助金が出ているようですね。

 

瀧樹神社の例祭の中で行われる

花ばいについても少しご紹介しますね。

 

花奪いが花ばいになったそうです。

 

花笠に観衆が飛びついて

飾ってある花やお供えを

奪い取る行事らしいです(@@;)

 

皆さんかなり本気モードで奪い合う姿は

迫力があるとのことです。

 

 

それではケンケト踊りを実際に見学した人の

口コミをいくつかご紹介します。

 

@たくさんのギャラリーが見守る中、

着飾った子供達が一列になり

元気いっぱいに練り歩いていました!

 

花ばいにも参加しましたが

とても楽しかったです。

 

 

@男の子達の帽子に飾られているクジャクの羽が

ものすごく長くてボリュームがありました。

 

頭につけて大変そうですが

子供達は元気いっぱいに踊っていました(^o^)

 

 

 

さいごに

 

いかがでしたか?

 

5月3日に瀧樹神社で奉納される

ケンケト踊りをご紹介しました。

 

子供が主役で元気を

たくさんもらえそうですね(^o^)

 

ゴールデンウィーク期間なので

お出かけしてみてはいかがでしょうか。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました