衣替えの時期が1番悩む!?学校で衣替え期間を過ごす対策とは?

地域により多少ズレはあるものの

6月1日には夏服

10月1日には冬服と

学校で決まっているのはなぜでしょうか(?_?)

 

学生時代に10月1日に暑くて

夏服が着たいと思ったことがよくありました(>ω<)

 

本来であれば気温や本人の感覚に合わせて

夏服や冬服を選ぶのが良いと思うんですよね。

 

色々調べていたら学校の衣替えは海外にはなく

日本特有のものであることが分かりました!

 

平安時代に厄払いとして行われていた行事が

ルーツになっているそうです。

 

行事が由来なので日付けが決まっている

というわけですね(^^)

 

ところで6月でも寒い日や

10月でも暑い日がありますよね。

 

そんな日の微調整はどうしたら良いのでしょうか?

 

リアルな声を参考に

微調整のアイディアをまとめました。

 

やはり現代はヒートテックという

スーパーアイテムをみんな活用しているようです。

 

 

 

学校の衣替えの時期はいつ?暦の上の衣替え時期の由来とは?

 

学校の衣替えの時期は一般的に

夏服は6月1日からで

冬服は10月1日からです。

 

同じ日本でも北海道や沖縄は気温が全然異なるため

衣替え時期もズレています。

 

北海道は夏服は6月15日からで

冬服は10月15日からです。

 

沖縄は夏服は5月1からで

冬服は11月1日からです。

 

沖縄は夏服の期間がかなり長いですね。

 

日本は全体的に昔より温暖化が進んでいます。

 

今後沖縄以外の地域でも

夏服の期間が伸びるかもしれませんよね。

 

 

さて日本の学校では当たり前になっている衣替え。

 

当然世界の学校でも当たり前だと思っていました。

 

ところがこの衣替えは日本しかないということが

分かりました(@@)

 

つまり日本オリジナルということになりますね。

 

衣替えの由来はなんと

平安時代にまでさかのぼります。

 

衣替えは厄払いの宮中の行事のひとつとして

行われていました。

 

現在日本で行われている行事は

ほとんどが厄払いに関係していますよね。

(七五三や節句など)

 

平安時代では4月1日に夏服、

10月1日に冬服の衣替えが

行事として行われていました。

 

時代が進み明治になると

明治維新の影響で日本はぐっと

西洋化が進みました。

 

役人や警官、軍人が制服を着用し始めた時代です。

 

その頃、夏服は6月1日、

冬服は10月1日に

衣替えが定められたそうです。

 

その後学校にも広まったとされています。

 

スポンサーリンク
 




 

 

 

 

 

 

 

 

衣替え期間中または期間前・後での服装の微調整はどうしたら?

 

夏服移行前だけど暑い時は

中間服で乗り切るしかありませんね(-.-;)

 

私も学生時代には中間服の袖を

肘のところまでまくり上げて頑張っていました。

 

でも冬服移行前だけど寒い時には

微調整のアイディアがたくさんありそうです。

 

気になったのでリアルな意見を集めてみました。

 

■制服の下にたくさん重ね着すると

着ぶくれするのが嫌。

 

ヒートテックを着て

スッキリ寒さ対策をしています。

 

体操服の下に着てもバレないので重宝しています。

 

 

■制服に響かないように

薄手の腹巻きをしています。

 

すごく寒い時には腹巻きの中に

ホッカイロを入れています(^^)

 

お腹や腰を冷やさないようにすると

寒さがそれほど気になりません。

 

 

■授業中はじっと座っているため

足もとがすごく冷えます。

 

冷え防止のために靴下を

こっそり2枚ばきしています。

 

 

■大きめのマフラーを使っています。

 

外ではマフラーとして、

授業中は膝掛けとして使い寒さ対策をしています。

 

 

■ストッキングと靴下を重ね履きしています。

 

ストッキングは薄いですが

履くと履かないとでは暖かさが大違いです。

 

 

 

さいごに

 

いかがでしたか?

 

私が学生の時はヒートテックがなかったため

かなり着ぶくれしていました(-.-;)

 

昼過ぎから暑くなり

トイレで重ね着していた服を

脱いだりしていましたね〜

 

今はヒートテックという

薄手なのにしっかり防寒対策してくれる

ものがあります。

 

なんとも頼もしいですね(^^)

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

 

 

スポンサーリンク



10代女性向け
tajisaiをフォローする
多事彩々
タイトルとURLをコピーしました