食べ放題でも限界が!食べ残しの量とマナーの線引きはどこから!?

 

 

「食べ放題」だと、ついつい色々な食べ物に

目移りしてしまいますよね?

 

その結果、全部食べきれずに

少し残してしまうこともあります。

 

自分が取った食べ物は

残さないのがマナーですが、

食べ放題というシステム上、

多少の食べ残しは許容範囲です。

 

ですが、中にはマナーの悪いお客様もいます。

 

インスタグラムやyou tubeに載せるためだけに、

大量に食べ物をとってしまう

ケースもあるのです。

 

明らかに食べきれない量を取っていき、

大量に残すという人もいます。

 

そういった行為は、モラルに反しますよね。

 

お店はもちろん、他のお客様の分もなくなり、

迷惑がかかります。

 

わざと大量に食べ残す行為は許されません

 

食べ放題では、お客様ひとりひとりが、

食べ切れる量を取るというマナーを

守ることが大切です。

 

そういった悪質な食べ残しの対策として、

「罰金・追加料金」を求めるお店が

増えてきています。

 

お店側にもお客様を選ぶ権利がありますので、

「入店拒否・出入禁止」を

検討しても良いと思います。

 

ただし、「入店拒否・出入禁止」は、

合理的な理由がないと、

逆にお客様から訴えられる場合もあります。

 

「入店拒否・出入禁止」は、あまり多用せず、

慎重に決断するようにしましょう。

 

 

 

食べ放題で食べ残せる許容範囲はどの位?お店側のベストな対応は?

 

 

「食べ放題」では、お客様が

自分が食べられるだけの量を取る

というモラルが求められます。

 

しかし、食べてる間に具合が悪くなったりと、

仕方ない理由で食べ残してしまう

場合もあります。

 

そういった事情で少量残してしまう分には、

問題ありません。

 

ですが、中には悪質な食べ残しをする

お客さんもいます。

 

お店側が悪質だと判断するのは、

下記のようなお客さんです。

 

明らかに食べきれない量を取って、

そのまま大量に残す

②SNSにアップロードする為だけに盛りつけ、

そのまま食べずに残す

 

たくさん料理があるので、

アレもコレもと取りたくなる気持ちは

わかります。

 

ですが、明らかに食べきれないと思われる量を、

独り占めするのは問題です。

 

また、インスタグラムやyou tubeなどの

SNSに投稿するためだけに、

盛り付けるお客さんもいます。

 

写真や動画を撮り終わったら満足し、

そのまま食べずに帰ってしまうのです。

 

そういったモラルに欠ける悪質行為は、

野放しにしてはいけません

 

個人で大量に持っていってしまうと、

他のお客さんの分がなくなってしまいます。

 

そうなると、他のお客さんが

満足に食べられないかもしれません。

 

そんな状態が続けば、

あの店は品揃えが悪いと噂になり、

客足が遠のく恐れもあります。

 

店側で、悪質な食べ残しをする

お客さんに対する策を考える必要がありますね。

 

スポンサーリンク
 




 

 

 

 

 

 

 

 

バイキングのマナーを効率的に伝えるには?食べ残し防止策はある?

 

 

食べ放題のお店では、自分が好きなものを

好きなだけ食べられるのが、

最大のメリットです。

 

ですが、そんな自由なところを逆手に取り、

大量に食べ残すお客さんもいます。

 

そんな悪質な行為を規制する為には、

お客さんにそのお店のルールを

しっかり伝える必要があります

 

一番スタンダードなやり方は、

食べ残した場合は罰金か

追加料金をちょうだいすると、

入店前にお客さんに伝えることです。

 

食べ放題のお店で「食べ残した場合は、

罰金●●円をお支払い頂きます」というような

はり紙を見たことがある人も、

いるのではないでしょうか?

 

食べ残しは法律で罰せられませんが、

お店できちんとルールを定めていれば、

話は別です。

 

お店側が悪質な食べ残しと判断し、

罰金もしくは追加料金を請求した場合は、

お客さんはお店のルールにしたがい、

支払わなければなりません。

 

高級店でよくある「ドレスコード」と

同じような考え方です。

 

お店の雰囲気にふさわしくない

服装のお客さんは、

入店を断られてしまいますよね。

 

お店側も、入店するお客さんを選ぶ

権利があるのです。

 

法律においては、お店もお客さんも、

立場は平等です。

 

また、あまりにも悪質だったり、

注意をしても聞き入れてもらえないお客さんには、

次回以降の入店をお断りする

という方法もあります。

 

お店側はお客さんを選ぶ権利がありますので、

特定のお客さんを「出禁(入店拒否・出入禁止)」

にすることも可能です。

 

ですが、あまりにも「出禁」を

やり過ぎてしまうのは問題です。

 

お店の信用にも関わりますので、

「出禁」は慎重に検討するようにしましょう。

 

 

 

まとめ

 

魅力的な料理が並ぶ「食べ放題」。

 

いっぱい取りたくなってしまう

気持ちは分かりますが、

一人が独占してしまうと、

他のお客様のご迷惑になります。

 

店側も利益を得られず、

廃棄の食品も増えてしまい、

大変迷惑ですよね。

 

お店の存続のためにも、

お客さん一人一人が、

モラルを持って楽しく食事を

するようにしたいですね。

 

 

 

 

スポンサーリンク



30代向け
tajisaiをフォローする
多事彩々
タイトルとURLをコピーしました