夫婦の小遣いの適正割合と差の解消法は!? 世間の目線から切込む!

 

「お小遣い」とは、家計で使うお金とは別に、

個人が自由に使えるお金のことを言います。

 

一般的には、毎月の給与から

税金や社会保険料が引かれ、

残った手取りで家計の出費を支払います。

 

家計の出費は、

家賃や公共料金などの「固定費」や、

食費や日用品などの「生活費」があります。

 

その他、毎月「貯蓄」もしている人が多い

と思います。

 

上記の支出や貯蓄を行った後に

残ったお金が「お小遣い」になります。

 

ですので、収入の1割程度が

「お小遣い」になる場合が多いです。

 

収入の1割程度が「お小遣い」になるのが

適正なのですが、夫婦共働きであったとしても、

一般的には男性の収入の方が多いのが実情です。

 

なので、共働きの場合も、

妻が専業主婦である場合も、

夫が無条件でお小遣いが多くなることが多いのです。

 

妻があまり自由に使えるお金が

もらえていない場合が多いので、

妻側が不満をため込んでいる夫婦は

多いのではないでしょうか?

 

残念ながら夫が妻の気持ちに気づく

可能性は低いので、

改善を求めるのであれば、

あなたから行動を起こすしかありません

 

本来、お小遣いは「夫婦平等」であっても

おかしくはありません。

 

夫が毎日仕事を頑張っているのと同様に、

妻は家事や育児を頑張って

家庭を支えているのですから。

 

夫の方が多いのであれば、

「収入が多い」以外の正当な理由が必要です。

 

あなたもその理由に納得できれば、

お小遣いへの不満も解消されるのでは

ないでしょうか?

 

 

 

一般的な夫婦それぞれの小遣い平均は?女性の働き方別にご紹介!

 

 

給料の手取り金額から、

固定費や生活費、貯蓄額を差し引いた金額が

「お小遣い」になります。

 

一般的には手取り金額の1割程度が

「お小遣い」として適正です。

 

夫婦ともに共働きであっても、

妻が専業主婦であっても、

夫の方が収入が多い場合がほとんどです。

 

ですので、お小遣いの金額も、

無条件で夫の方が多くなってしまいます。

 

ですが、妻のお小遣いは少なかったり、

もらえないこともあるのです。

 

妻がパートなどの非正規社員の場合は、

妻の給料は全部子どもの学費などに

充てられてしまい、自由に使えるお金が

1円もないというケースもあります。

 

妻が専業主婦で収入がゼロの場合は、

最悪の場合、妻のお小遣いが

認められないこともあります。

 

金銭に関しては、女性の方が立場が低いのです。

 

スポンサーリンク
 




 

 

 

 

 

 

 

 

これで夫婦円満?小遣いの差をできる限り解消に導くためには?

 

 

「お小遣い」の問題は、

夫婦の不満の温床でもあります。

 

妻の方がお小遣いが少なく、

不満に感じている場合がほとんどですので、

妻側に一方的に不満がたまっていってしまいます。

 

ですが、夫はそんな妻の不満に気づかないため、

現状が改善されることはありません。

 

そうしていつしか夫婦の気持ちが

すれ違ってしまうのです。

 

例え妻の方が収入が低くても、

専業主婦であっても、

女性の方が家事や育児の負担は大きいのです。

 

収入が多いという理由だけで、

夫の方がお小遣いが多いのは不公平です。

 

女性が正当な金額の「お小遣い」を得るためには、

夫にそのことを主張するしか方法がありません。

 

共働きの家庭であれば、

夫に家計の出費に対する負担を増やしてもらい、

妻の負担を軽くするのも手だと思います。

 

妻が専業主婦の場合は、

妻の立場が低い場合がほとんどです。

 

専業主婦で収入がない場合は、

妻が夫に交渉を持ちかける以外に

改善方法はありません。

 

夫婦で徹底的に話し合い、

お互いに納得できる方法を探しましょう

 

 

 

まとめ

 

夫婦で役割は違うものの、夫は仕事をし、

妻は家事や育児で頑張っているのは一緒です。

 

家事や育児では給料はでませんので、

夫から「お小遣い」としてもらう権利は

十分にあると思います。

 

お小遣いの金額に不満を感じている女性は、

夫にその思いをぶつけてみては

いかがでしょうか?

 

徹底的に話し合い、お互いに納得できれば、

不満も解消されると思います。

 

また、「お小遣い」の使い道は、

お互いに口を出さないようにしましょう。

 

「お小遣い」は「自由に使えるお金」なのですから、

いちいち口を出していたら

疎ましがられてしまいますよ。

 

「お小遣い」をどう使うかは個人の自由であり、

お互いに口を出さないことが、

夫婦円満の秘訣です。

 

 

 

 

スポンサーリンク



30代女性向け
tajisaiをフォローする
多事彩々
タイトルとURLをコピーしました