料理も家事分担したい!夫に作らせるではなく進んで作る秘策とは!?

 

毎日の料理を負担に感じる主婦は多いものです。

 

元々料理が得意ではない人もいますよね。

 

毎日の献立を考えるのも、

家族が満足してくれるのかどうか

不安に感じてしまいます。

 

そんな時、たまには夫にも作ってもらいたい

と思ってしまいますよね。

 

ですが、ご主人が料理好きではない限り、

自分から進んで料理を作ってくれる

可能性は低いと思います。

 

料理の経験値が少ないご主人には、

まずは料理のお手伝いをお願いする

ところから始めましょう

 

少しでも手伝ってくれたら、

感謝の言葉をかけるようにします。

 

そうすれば、ご主人は「役に立てて嬉しい」

と思ってくれるでしょう。

 

お手伝いを嫌がらずにやってくれるようになったら、

今晩のごはんを作って欲しい

とお願いしてみましょう。

 

作ってくれたら、すかさず褒めてください

 

そして、感謝の言葉を伝えることも

忘れずにしたいですね。

 

大げさなぐらい褒めて持ち上げれば、

「また作ろうかな?」という気に

させることができますよ。

 

 

 

料理も分担制にしたい…夫が進んで作ってくれるステップとは?

 

 

毎日料理をするのを負担に感じる

主婦も多いと思います。

 

ですが、料理は家事の一つであり、

女性の仕事になってしまっている場合が

多いですよね。

 

夫や子供が料理が得意ではない限り、

家族の誰かが代わってくれる可能性は低いです。

 

でもたまには夫に作ってもらいたいという時、

まずは料理のお手伝いを

お願いする方法が有効です。

 

いきなり料理を作って欲しいと言うと

断られる確率が高いですが、

お手伝いなら受け入れて貰える可能性があります。

 

サラダの盛り付けなど、

子どもでもできるような簡単なものから

お願いしましょう。

 

夫と一緒に料理を作ることを楽しむこともポイントです。

 

また、夫の「担当」を作るのも有効です。

 

妻が料理を作り、夫が片付けを担当する

という家庭も多いです。

 

また、夫が休みの日(土曜日か日曜日)だけ、

夫が料理を作る担当になる

という家庭もあります。

 

料理の経験がすくないご主人には、

「料理キット」を使って作ってもらうのもお勧めです。

 

料理キットとは、下ごしらえ済みの食材と、

合わせ調味料がセットになっているものです。

 

それ一つで料理が出来上がるので、

初心者でも失敗しにくいと思います。

 

また、料理を手伝ってくれたり作ってくれたら、

感謝の言葉をかけることも忘れずにしましょう

 

褒めまくるのも効果的です。

 

褒めて持ち上げれば、

また次も作ってくれる可能性が高まりますよ。

 

反対に、ご主人が料理をしているそばで

口うるさく指示を出すのはNGです。

 

料理が失敗してしまっても、

それを悪くいってはいけません。

 

料理をしてくれたこと自体を感謝し、

細かい部分には目をつぶってあげましょう。

 

スポンサーリンク
 




 

 

 

 

 

 

 

 

料理をしてくれる夫をもっと上手にさせるテクニックはある?

 

 

料理を作ってくれるようになったら、

料理のクオリティアップを目指したいですね。

 

料理が上達するポイントは下記があります。

 

①材料や調味料の分量を、レシピ通り正確に作るようにしてもらう

 

料理が苦手な人ほどやりがちなのが、

目分量で適当に作ってしまうことです。

 

男性も、あまり料理の経験がない人ほど、

大雑把に大胆に作って失敗しがちです。

 

そこで、レシピどおり正確に作ってもらえるように、

あなたがアシストしてあげてください。

 

ご主人が言ってもやらなそうな時は、

あなたが計量スプーンや計量カップで

予め計ったものを用意してもいいと思います。

 

 

②要所要所で味見する

 

料理をあまりしない人は、

「味見」をせずに味付けをしてしまいがちです。

 

それも調味料を適当にドバっと

入れてしまったりしますよね。

 

料理は薄い味を濃くすることは出来ますが、

濃い味を薄くするのは難しいです。

 

味付けは、薄めからだんだんと

濃くしていくのがポイントです。

 

ご主人が適当に味付けしていて

味見をしていなかったら、

調味料は少しずつ入れながら

味見して調整するように言ってみましょう。

 

その時、口うるさく言わないようにするのが

ポイントです。

 

横やりを入れすぎると、気分を害してしまい、

もう料理を作ってくれなくなって

しまうかもしれません。

 

ご主人がやってくれなさそうな時は、

あなたが味見をするようにして、

味をコントロールするようにしましょう。

 

 

 

まとめ

 

ご主人に料理を作ってもらうためには、

たくさん褒めて持ち上げることが大切です。

 

料理がちょっと失敗してしまっても、

作ってくれたこと自体に感謝し、

「ありがとう」と伝えましょう。

 

ご主人の気分がよくなったら、

次も作ってもらえる可能性が高くなりますよ。

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク



20代女性向け
tajisaiをフォローする
多事彩々
タイトルとURLをコピーしました