30代が抱える貯金額に対する不安とは!?夫婦の収入別にご紹介!

30代夫婦が貯めておくべき貯金額とは?

どれぐらい貯めておけば

ある程度は安心できるのか?

 

あるデータによると

30代世帯の平均貯金額は4232千円

となっています。

 

でも実際の家庭は子供の数によって

備えるべき貯金額は全く違ってきます

 

その他にも老後の備え・車の維持費や購入費用・

生命保険の引き落としなども

大きく影響してきますよね。

 

家庭の状況に応じた貯金額の目標を決めてから

貯金に向けて動き出しましょう

 

特に子供がいる家庭は

教育資金がかかるため大学入学までには

一人あたり300万円は貯めておく必要があります。

 

貯めるのが苦手な人は簡単におろせない

学資保険を賢く利用して貯めていきましょう。

 

 

年齢別にご紹介!夫婦の収入でどのくらい貯金額が変動する?

平成25年に厚生労働省がまとめた

貯金総額の平均を参考に

年代別に貯蓄額をまとめました。

 

20代 160万1千円

30代 423万2千円

40代 707万6千円

50代 1034万7千円

60代 1399万3千円

70代 1312万8千円

 

この数字を見て30代の家庭では

400万円以上は貯蓄があって当たり前

というわけではありません。

 

あくまでこの数字は平均であり

貯蓄額が0の家庭がなんと

全体の16%も占めているためです。

 

収入がかなり高い世帯の貯蓄額が

全体の数字を底上げしているというのが実情です。

 

貯金額は収入がどのくらいあるのかにより

かなり変動します。

 

貯金額の理想は収入の約20%とされています。

 

たとえば夫婦共働きで世帯収入が

600万円あったとすると

1年に120万円が理想です。

 

1ヶ月あたりにすると約10万円です。

 

日々の支払いや車の維持費、税金などを考えると

なかなか難しい額ではないでしょうか?

 

実際には年収の10~15%を

貯金にまわしている家庭が多いようです。

 

世帯収入300万円だと

年間30~45万円程度となります。

 

月にすると約2万5千円~3万7千円程度です。

 

スポンサーリンク
 




 

 

 

 

 

貯金額を増やすために起こすべき行動とは?

30代世帯の貯蓄平均額423万2千円。

 

この数字を皆さんはどのように感じますか?

 

それくらいあれば大丈夫じゃない?

とかそんな額では全然足りないなど

様々な意見が聞こえてくるはずです。

 

住宅状況・子供の数・車の所有台数により

安心できる額でもあり

全然足りない額でもあるからです。

 

平均額はあくまで参考として

あなたの家庭に合った貯蓄額の

目標を設定することから始めましょう

 

子供がいる家庭では子供を大学まで通わせる

設定で早目に貯蓄に取り組みましょう。

 

地元の国公立大学に通わせたとしても

少なくともひとりにつき大学入学時までに

300万円は必要になります。

 

奨学金制度もありますが

将来子供が返済しなければならない借金なので

プランには組み込まないことをおすすめします。

 

子供の教育費以外にもマイホームや車の維持費、

子供の結婚準備金などを紙に書き出すと

自ずと目標を達成するためにすべきことが

分かってくると思います。

 

なかなか貯金を貯めるのが苦手と感じているなら

簡単におろせない学資保険を賢く利用しましょう

 

子供の年齢に合わせたシミュレーションプランを

作ってくれるため

計画的に教育費を貯めることができます。

 

 

さいごに

いかがでしたか?

 

30代世帯の平均貯金額を知り、

実生活に合わせた貯金額を決めることが大切です。

 

特に子供の教育費はお金がかかるため

学資保険を利用して賢く貯めていきましょう。

 

貯金額の理想は20%ですが

全く貯金出来ていない家庭の数はかなり多いです。

 

まずは平均的な年収の10~15%を目標に

貯金を始めていきましょう。

 

あまりハードルを上げすぎないことも

長続きさせるコツです。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

 

スポンサーリンク



30代向け
tajisaiをフォローする
多事彩々
タイトルとURLをコピーしました