住宅ローンの選び方で損得が決まる!?交渉で金利を抑えるには!?

 

 

現在はネット銀行の住宅ローンの金利が

超低金利です。

 

現在契約中の住宅ローンに不満があるなら

比較サイトで今より金利が安い銀行を

探しましょう。

 

銀行の審査に通ってそのまま借り換えるか

審査に通ったことを伝え金利交渉をするか

どちらかの選択肢があります。

 

ただネット銀行は金利は安いですが

サポート面では普通銀行に劣ります。

 

プランも自分で決め

申し込みも自分で行わなければならないためです。

 

何かあった時もメールか電話での

問い合わせになります。

 

それらも踏まえた上で借り換えるか、

現在契約中の銀行と金利を下げる交渉をするか

を決めるのがおすすめです。

 

 

 

のしかかる住宅ローンを軽くしたい!どんな銀行を選べばいい?

 

 

住宅ローンを組むならどんな銀行を選べば良いか

悩みますよね。

 

全国に支店を持つメガバンクや

地方銀行から借りる?

 

ネット銀行から借りる?

 

ネット銀行の参入により

現在は住宅ローンの超低金利時代と

言われています。

 

総返済額を少しでも安く抑えるには

ネット銀行が断然おすすめです。

 

金利は普通銀行より0.1%くらい低く、

さらに保証料もなしです(@@)

 

現在人気の銀行の住宅ローンの特徴を

まとめました。

 

じぶん銀行

KDDIと三菱UFJ銀行が共同出資している銀行です。

 

全てweb上で完結するため

手軽さも人気になっています。

 

・10年固定金利0.68%

 

・一部繰り上げ返済手数料無料

 

・がんと診断でローンの残りが半額に

 

 

イオン銀行

全国にイオンモールがあるため

安心感がありますね(*^^)

 

10年固定金利は0.52%と大変低いのが特徴です。

 

住信SBIネット銀行や楽天銀行も

同程度の金利となっています。

 

ただ金利が安いからといって

全ての人にネット銀行がおすすめという

わけではありません

 

メガバンクや地方銀行で

住宅ローンを組む最大のメリットは

安心感にあります。

 

相談の時から1人の担当者が

しっかり相談に乗ってくれます。

 

それに対しネット銀行は

プラン決定から申込みまで

全て1人で行わなければなりません。

 

何か相談したい時もメールか

電話でしか対応してもらえません。

 

スポンサーリンク
 




 

 

 

 

 

 

 

 

交渉の仕方で金利を抑えられるポイントは?借り換えもできる?

 

 

現代は住宅ローンが超低金利の時代です。

 

かなり昔にローンを組んでいる人は

金利見直しをした方が良いと思います。

 

方法は2種類あります。

 

現在契約中の銀行と金利値下げの交渉を行う。

 

現在契約中の銀行よりも

金利の安い銀行に借り換える。

 

まずは各銀行の住宅ローンの金利や

手数料などについて比較サイトで調べます。

 

人気の比較サイトはコチラです。

 

価格.com

 

 

約25社の住宅ローンの金利を

簡単に比較することができます。

 

現在はりそな銀行と住信SBIネット銀行が

最低金利を争っています。

 

新たに銀行の住宅ローンの審査に通れば

そのまま借り換えることもできます。

 

借り換える前には新しい銀行に電話して

シミュレーションを作成してもらいましょう。

 

現在の銀行返済予定表を見せれば

作成してくれます。

 

借り換えの手続きが面倒くさいと思うなら

現在契約中の銀行に金利交渉を持ちかけましょう。

 

新しい銀行の住宅ローンの審査に通れば

ほとんどの銀行が価格交渉に応じてくれます。

 

価格交渉って面倒くさそうですよね(・ัω・ั)

 

でも電話1本で数週間後には

どれくらい金利を下げられるか返答してくれます。

 

現在の住宅ローンの金利に頭をひねっている人は

まずは比較サイトで調べてみましょう

 

 

 

さいごに

 

いかがでしたか?

 

住宅ローンの金利を下げる交渉は

審査に通れば驚くほど簡単です。

 

何もせずにそのまま住宅ローンを

支払い続けるのはもったいないですよ。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

 

 

スポンサーリンク



30代向け
tajisaiをフォローする
多事彩々
タイトルとURLをコピーしました