チューリップを花壇に植えっぱなし!春の彩らせ術のラクな方法は!?

チューリップは簡単に育てられると

人気の品種です。

 

でも簡単だからと言って花壇に植えっぱなしで

勝手に咲くというわけではありません。

 

放置ではチューリップの花は

綺麗に咲いてくれません。

 

球根の選び方や肥料や水やりの仕方、

植える時期、植え方のポイントを

しっかりと守れば他の花に比べて簡単に

咲きやすいということです。

 

ポイントについて分かりやすく

まとめました。

 

またチューリップは基本的に

寒い地域の方が良く育ち

自然繁殖する可能性が高くなります。

 

地域別に植える時期の注意点と

自然繁殖させる方法についてもご紹介します。

自然繁殖させるコツは球根の選び方にあります。

 

 

どこまで放置できる?最低限○○がカギ!気をつけるチューリップの栽培ポイントは?

最低限守るべき栽培ポイントをご紹介します。

 

①球根の選び方

球根には健康なものと

状態が悪いものとがあります。

 

球根を選ぶ時は1つずつ手に取り

良い球根であるかをチェックしましょう

 

チェックポイントは3つです。

 

・球根に傷がついてないか?

・黒点がついてないか?

黒点なら病気に感染している可能性があります。

・ずっしり重く大きく膨らんでいるか?

 

 

②肥料のやり方

速効性のある液体肥料を使用します。

スポイトのような形をしていて

土に差して使います。

 

チューリップの芽が出始めたら

10日に1回を目安に肥料をあげます。

 

くれぐれも肥料のやりすぎには

注意してくださいね。

球根が腐れる可能性があります。

 

 

③水やりの仕方

チューリップは寒くなってから植えつけ

春に花を咲かせます。

 

ひと冬土の中で育つため

定期的な水やりが必要になります。

 

やはり水もやり過ぎては

腐れる原因となります。

 

雨が1週間に数回降るならば

水をやる必要はありませんが、

晴れの日が続くなら水をあげてくださいね。

 

 

④植え方

深く植えないことがポイントです。

チューリップの球根は

頭がとがっていますよね。

 

とがった部分が軽く隠れる程度の

深さに植えるようにしましょう。

深く植えると芽が出ない可能性があります。

 

スポンサーリンク
 




 

 

 

 

地域別で気をつけるのは一体何?チューリップを自然繁殖させる方法はある?

同じ日本でも地域により

かなり気温差があります。

 

基本的にチューリップの球根は

2ヶ月間寒い気温にさらさないと

花を咲かせません

 

チューリップを植えつけるのは

一般的に10月~11月にかけてとなっていますが、

住んでいる地域によって気温差がかなりあるため

肌寒くなって2ヶ月してから植える

ように注意してください。

 

 

では次にチューリップが

自然繁殖できるのかについて

お話したいと思います。

 

自然繁殖しやすいかは

チューリップの種類の選び方と

地域によって決まります。

 

早咲で原種の球根を選べば

自然繁殖しやすいです。

 

また太平洋側や気温が暖かい地域では

自然繁殖しにくく

北海道などの寒い地域の方が

繁殖しやすいです。

 

原種チューリップとは品種改良されていない

野生あるいは野生に近いチューリップです。

 

もともと野生なので

かなりほったらかしにしていても

自然に繁殖することが多いです。

 

普通のチューリップと比べて

長さが1/3程度しかありません。

とっても可愛いチューリップです♪

 

 

さいごに

いかがでしたか?

 

初心者でも比較的花を咲かせやすいと

言われるチューリップの栽培ポイントを

ご紹介しました。

 

どのポイントも難しいことではないので

初めてのガーデニングデビューの人にも

おすすめです。

 

原種の球根を選べばさらに

栽培が楽になります。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

 

スポンサーリンク



30代向け
tajisaiをフォローする
多事彩々
タイトルとURLをコピーしました