言い訳ばかりする人の特徴とは?どう対処するべきなのか?

 

自分の非を認め、言い訳をしない人は

潔くて魅力的です。

 

全ての人がそうであれば良いですよね。

 

しかし実際には

そんな人ばかりではありません。

 

何かミスをした時に

自分の非を認め謝りもせずに

言い訳ばかりする人が

なんと多いことでしょうか。

 

言い訳ばかりする人は、

実は大きく2つのパターンに

分けることができます。

 

・自分は全く悪くないと思っている人

 

・他人から過小評価されたり

怒られるのを恐れるデリケートな人

 

どのような理由から

言い訳しているのかにより

対処法は異なります。

 

自分は悪くないと思っている人には、

同じ目にあわせてやりましょう。

 

言っても分からないので荒治療をします!

 

目には目を、歯には歯をです。

 

デリケートな人に対しては、

優しい物腰で話を聞くようにしましょう。

 

だんだん言い訳をせずに、

自分の非を認められるようになります。

 

デリケートな人に問い詰めると逆効果です。

 

相手は自分の殻に閉じこもり

さらに言い訳ばかりをしてくるためです。

 

言い訳ばかりする人の特徴!

言い訳ばかりする人

 

明らかにミスをしても

謝らずに言い訳ばかりをする人がいます。

 

自分の非を認めて素直に謝ればいいのに

って思いますよね。

 

言い訳ばかりする人の特徴は実に様々です。

 

1番やっかいなのは、

自分は悪くないと強く思っている人です。

 

自分のせいではないと思っているため、

言い訳をしてミスを

誰か(何か)のせいにしようとしてしまいます。

 

 

その他に、次のような人も言い訳ばかりします。

 

・他人から過小評価されたくないとの気持ちが強い人

 

他人からどう見られているかを

全く気にしない強い人は、言い訳はしません。

 

 

・他人から怒られるのを嫌がる気持ちが強い人

 

子供や若い人に多く見られる特徴です。

 

子供の時の育ち方も影響を与えます。

 

子供の時にミスをして怒られてばかりいると

自己防衛のために言い訳ばかりを

するようになってしまいます。

 

ミスをして非を認めると、

相手から攻められると思い込んでいます。

 

言い訳をして誰か(何か)のせいにすることで、

責任逃れをしようとします。

 

 

言い訳ばかりする人への対処法

 

ミスをしても謝らずに言い訳ばかりする。

 

どちらのパターンなのかにより

対処法は異なります。

 

自分は悪くない!と

思い込んでいる人の対処法から

ご紹介しますね。

 

こちらのタイプの方がやっかいです(^^;)

 

このタイプには正論を言っても

口論になるばかりです。

 

同じ嫌な思いさせることで

相手に気づかせましょう

 

言葉で言っても分からないため

行動で分からせます。

 

あなたがミスをして相手が責めてきた時に、

謝らずに言い訳ばかりしてください。

 

相手はあなたに

「言い訳ばかりしないで!」と

言ってくるはずです。

 

その時すかさずこのように言ってください。

 

「○○さんもいつも言い訳ばかり言いますよね。

 

自分だけはいいんですか?」

 

相手は自分のことを振り返りハッとします。

 

 

では次に他人の目を気にして

言い訳ばかりする人の対処法について

ご紹介しますね。

 

他人から過小評価されたり、

怒られるのが嫌な人に多いです。

 

あなたは穏やかに話しかけましょう

 

そして優しい口調でミスについて話をします。

 

怒ってないし、

バカにもしてないことを

相手に伝えるためです。

 

こちらが緊迫した面持ちで迫ると、

相手は余計に言い訳ばかりをしてきます。

 

相手を安心させることで、

相手に素直に謝らせることができます。

 

 

さいごに

 

ミスをしても謝らずに言い訳ばかりする人は

大きく2種類に分かれます。

 

自分は完全に悪くないと思い込んでいる人。

 

自分に非はあると思っているけど、

相手の目が気になり言い訳をしてしまう人。

 

どちらのパターンであるかにより、

対処法は大きく異なります。

 

最後までお読みいただき

ありがとうございました。

 

スポンサーリンク



30代向け
tajisaiをフォローする
多事彩々
タイトルとURLをコピーしました