引きこもりは部屋が綺麗になれば抜け出せられる?!心理から考える!

 

引きこもりになっている人の部屋は

なぜ暗くて物が多く

片付いていないのでしょうか?

 

部屋の状態は精神状態を表しているためです。

 

精神状態が安定していないと

部屋は片付きません。

 

このように部屋と心は結びつきが強いため

部屋を片付けることで

心に良い影響を与えることができます。

 

部屋を綺麗な状態に保てば

引きこもりを脱出するのは

もう目の前かもしれません!

 

引きこもりになるとなぜ部屋が汚いのか、原因は?

 

引きこもりになると

部屋には物が散乱し汚くなります。

 

またカーテンを閉めっぱなしにしているため

部屋全体が暗い雰囲気に包まれています。

 

引きこもりになると部屋が汚くなる原因は

ストレスなどから精神状態が

モヤモヤしていたり荒れているためです。

 

部屋の汚さは精神状態を表していると言えます。

 

常にストレスを感じ心がモヤモヤしていると

部屋を片付けようという気持ちもおきません、、

 

 

汚い部屋はストレスを増大させる!

 

汚い部屋はストレスやイライラを増大させるため

不要な物は処分して

部屋を片付けることをおすすめします。

 

片付けをせずに放置していると

次のような悪循環に陥ってしまいます>.<

 

引きこもりになる→

部屋が汚くなる→

ストレスやイライラが増える→

ますます部屋が汚くなる

 

 

なぜ部屋が汚いとストレスがたまり

イライラするのかというと

人間は視覚から脳に多くの情報を

送っているためです。

 

物が片付いていないのを見て

爽快感を感じる人はまずいないでしょう。

 

ほとんどの人が不快感だったり

なんだかスッキリしないと

感じるものと思われます。

 

不快感を感じることで

脳に大きなストレスが与えられます。

 

その結果汚い部屋にいると

ストレスやイライラが増大します。

 

 

引きこもりの部屋がおしゃれになれば引きこもりを脱出できる?

 

では次に部屋を片付けておしゃれな部屋になれば

引きこもりを脱出できるのかについて

考えていきましょう。

 

部屋を片付けたら100%の確率で

引きこもりを脱出できると

言い切ることはできません。

 

しかしながら部屋を片付けることは

引きこもりを脱出する

十分なきっかけになります。

 

片付けるだけでなくインテリアにも

少し気を配るようになるだけで

気持ちも前向きになります。

 

不要な物を捨てスッキリすることを

断捨離と呼んでいますが

断捨離は心に様々な良い影響を与えます。

 

断捨離のメリットを以下にまとめておきますね。

 

清々しい気持ちになる

 

人間は視覚から多くの情報を得ます。

 

綺麗に整理整頓された部屋を見れば

自然と清々しい気持ちになります。

 

清々しい気持ちになると

何か新しいことを始めてみようかなと

チャレンジする気持ちも生まれます。

 

 

頭の中がスッキリ整理される

 

物が片付かない部屋にいると

集中力が低下します。

 

片付いた部屋だと集中力が高まり

仕事や勉強がはかどります。

 

 

睡眠の質が上がり、生活のリズムが整う

 

綺麗な部屋ではストレスが軽減されるため

睡眠の質が上がりよく眠れるようになります。

 

生活の乱れを解消することは

心の健康を取り戻すために必要です。

 

 

達成感を感じて自信がつく

 

これまで汚かった部屋を片付けると

達成感を感じることができます。

 

達成感は引きこもりを解消する上で

重要となる自信を与えてくれます。

 

 

さいごに

 

今回ご紹介したように部屋の綺麗さと

心の状態は密接につながっています。

 

断捨離をして部屋を整理整頓することで

心の状態も改善されます。

 

引きこもりを解消したいと悩んでいる、

または家族の誰かが引きこもりで

悩んでいるという人はまずは断捨離をして

部屋を綺麗に片付けることからはじめましょう。

 

最後までお読みいただき

ありがとうございました。

 

スポンサーリンク



30代向け
tajisaiをフォローする
多事彩々
タイトルとURLをコピーしました