冷凍いちごを解凍したらやばい?!おいしくいただくポイントは?

 

いちごを食べきれないと感じた時は

冷凍庫で保存するのがおすすめです。

 

冷凍いちごを解凍して食べようとすると

ぶよぶよしてるし

風味も生のいちごより落ちているので

おすすめの食べ方ではありません。

 

ジャムやスムージーに加工しないなら

凍ったまま食べるのがポイントです。

 

砂糖やグラニュー糖をまぶしてから冷凍すると

甘みがしっかりします。

 

冷凍いちごでジャムを作る時は

生のいちごでジャムを作る時と

いくつか違いがあります。

 

この記事では、冷凍いちごの美味しい食べ方と

ジャムに加工する時のポイントについて

詳しくご紹介します!

 

冷凍いちごはそのまま食べるのもオススメ!

 

冷凍いちごを解凍したらやばいという話は

本当のことです!

 

やばいと言われる理由は2つあります。

 

色あせてぶよぶよ

いちごを冷凍すると細胞が壊れます。

 

 

凍っている時はカチカチですが

解凍すると水分が出ます。

 

そのため色あせてしまい

食べた時にぶよぶよとした食感になります。

 

 

風味が落ちて美味しくない

いちごを冷凍すると1ヶ月くらいは

保存することができます。

 

冷凍すると生より日持ちするのが

冷凍いちごのメリットですが

デメリットもあります。

 

生のいちごよりも風味が落ちてしまい

味も美味しくなくなるというのが

冷凍いちごのデメリットです。

 

冷凍いちごをジャムなど加工する

予定がない場合は取り出したそのまま

食べてしまうのがおすすめです。

 

ジップロックなどで保管して

食べる分だけ取り出すようにしましょう。

 

保存方法はこちらです。

 

①いちごのへたを取り上の部分を

包丁で薄く切り落とす。

 

②水で洗いキッチンペーパーで

いちごについた水分をしっかり拭き取る。

 

③ジップロックに入れて冷凍庫に入れる。

 

いちごを冷凍するとどうしても

甘みが少なくなってしまいます。

 

甘みをつけたいなと思う場合は

いちごに砂糖をまぶしてから

冷凍保存するようにしましょう。

 

 

冷凍いちごと生のいちごとではジャムの作り方が違う!

 

冷凍いちごをそのまま食べるには

限度があります。

 

冷凍いちごのストックが多すぎる時は

ジャムに加工して美味しくいただきましょう。

 

生のいちごと冷凍のいちごとでは

ジャムの作り方に違いがあります。

 

違いを比較しながら冷凍いちごのジャムの

レシピをご紹介します。

 

(材料)

冷凍いちご500g

グラニュー糖100g

レモン汁大さじ1

 

甘さ控え目のレシピです。

 

甘いジャムが好きという場合は

グラニュー糖の量を120〜150gの範囲で

調整してみてくださいね。

 

甘さ控え目の場合は

フルーツソースのようになるため

プレーンヨーグルトにトッピングして食べると

ジューシーでとても美味しいです。

 

(作り方)

①冷凍いちごを鍋に入れ

弱火で15分程度火を加えます。

 

生のいちごを使う場合はボウルに

半分にカットしたいちごとグラニュー糖、

レモン汁を入れ常温で1時間程度おいてから

鍋に移し加熱します。

 

冷凍いちごは下処理なく調理ができるので

手間がかからず楽です。

 

 

②弱火から中火に変えてさらに

15分程度煮詰めていきましょう。

 

表面にアクが出てくるため

こまめに取り除きます。

 

 

③グラニュー糖を加えてへらでよく混ぜ合わせます。

 

 

④弱火にして10分程度煮詰めてから火を止めます。

 

 

⑤最後にレモン汁を加えて

軽く混ぜ合わせたら完成です。

 

 

さいごに

 

今回ご紹介した記事をまとめると

次のようになります。

 

・冷凍いちごは解凍せずにそのまま食べよう!

 

・冷凍いちごと生のいちごとでは

ジャムの加工の仕方が異なる。

 

最後までお読みいただき

ありがとうございました。

 

スポンサーリンク



20代女性向け
tajisaiをフォローする
多事彩々
タイトルとURLをコピーしました