カラーボックスで作るベッドはカビないの?対策方法はある?

 

カラーボックスベッドに興味があるけど

カビてしまうのではないかと

お悩みではないでしょうか?

 

カラーボックスはもともと素材が

カビが生えやすいため

生えないよう対策を取ることが大切です。

 

壁に密着させない、定期的に掃除をするなど

誰でもできることばかりです。

 

カビ対策をしてカラーボックスベッドライフを

お楽しみください(^^)

 

カラーボックスベッドをDIYするメリットとは?

 

そもそもカラーボックスベッドは

なぜ人気があるのか、

メリットと基本的な作り方をご紹介します(^.^)

 

まずはじめにカラーボックスベッドの

メリットから整理していきましょう!

 

DIYするメリット

 

・好きなサイズのベッドが作れる。

 

・材料費が安くて作り方も簡単。

 

・不要になった時に簡単に分解できる。

 

・収納スペースがある。

 

・簡単に移動できる。

 

 

ベッドは不要になった時に処分が大変

という問題があります。

 

捨てるのが面倒くさくてベッドの上に

荷物をどんどん積み上げていく人も

とても多いですよね(^^;)

 

カラーボックスベッドなら分解して

収納として使うことができます。

 

 

では次にカラーボックスベッドの

基本的な作り方を見ていきましょう。

 

DIY系ユーチューバーが様々な作り方を

紹介していますがここでは基本的な

カラーボックスベッドの作り方について

ご紹介しますね。

 

①カラーボックスを横置きにして

好きなサイズのベッドを作る。

 

②木材またはすのこを上に乗せて

動かないように固定する。

 

③マットレスまたは敷布団を敷く。

 

 

カラーボックスベッドは危ない?安全面やカビ問題

 

カラーボックスベッドはたしかに便利そうだけど

安全面やカビ問題が気になる

という人は多いと思います>.<

 

普通のベッドのように飛んだり

跳ねたりするのは危険ですが

普通に眠る分には問題はありません。

 

カラーボックスも種類が様々ですので

頑丈なものを選ぶようにしましょう。

 

カビ問題についてはきちんと

カビ対策を講じる必要があります。

 

というのはそもそもカラーボックスが

カビが生えやすいためです。

 

カラーボックスは湿気を吸収しやすいので

壁に密着していると

背面にカビが生えてしまうのです、、、

 

カラーボックスベッドにカビを

生えさせないためにできることを

整理したのでご覧ください。

 

壁から少し離す

 

壁から少し離してカラーボックスベッドを

設置すると通気性が良くなります。

 

カラーボックスの収納部分に除湿剤を置き

湿気によるカビを予防しましょう。

 

 

定期的に掃除する

 

カラーボックスベッドを設置したら

ずっとそのままにするのは避け

定期的に掃除をするようにしましょう。

 

ホコリはカビの餌になってしまうためです>.<

 

カラーボックスベッドは簡単に分解できるため

掃除もしやすいです。

 

 

カビ防止スプレーを吹きかける

 

簡単に使える様々なカビ防止スプレーが

販売されています。

 

カビ防止スプレーをカラーボックス部分に

吹きかけることでカビを効果的に

予防することができます。

 

カビ対策をしてもカビが知らぬ間に

生えてしまうことは多々あります。

 

木材の内部までカビが浸透すると

除去するのは難しくなるため見つけたら

すぐにカビを除去する必要があります。

 

厚手のシートなどに消毒用のアルコールを

たっぷり含ませ、カビが生えている部分を

拭き取るようにしましょう。

 

 

さいごに

 

カラーボックスベッドには様々な

メリットがありますが

カビが生えやすいという問題があります。

 

カラーボックスはカビが生えやすいため

今回ご紹介した予防方法をぜひお試しください!

 

最後までお読みいただき

ありがとうございます。

 

スポンサーリンク



20代向け
tajisaiをフォローする
多事彩々
タイトルとURLをコピーしました