衣類にカビが…!?他の衣服にうつる危険性と適切な予防策とは!?

特に革やウールなど動物性の繊維は

湿度が高いだけでカビが生えやすくなります(>ω<)

 

でもタオル類も気づいた時には

黒い点々がついているんですよね。

 

つまりカビが生える条件が整っていれば

どんな衣類にもカビは生えるのです。

 

衣服から衣服にうつることはありません

 

でも衣服にカビが生えたということは

カビが生える条件が

整っているということです。

 

向きによっては

湿気が溜まりやすくなる部屋があります。

 

洋服を収納する場所も

考えないといけませんね。

 

衣服にカビが生えると、

広げた時にツーンとカビ臭かったり

黒い点々が出来てしまいます。

 

自宅でカビを取るには

酸素系漂白剤を使った

浸け置き洗いがやはり1番効果があります

 

酸素系漂白剤と天日干しのパワーで

黒カビを撃退しましょう

 

でも1度繊維にカビが生えてしまうと

クリーニング店でも完全に取り除くのが

難しくなるそうです。

 

衣服にカビが生えないように

予防することが大切ですね。

 

クローゼットの置き場所や

たまに扇風機で風を送ったりして

湿気が溜まらないようにしましょう。

 

クローゼットに湿気取り剤も欠かせません。

 

 

なぜカビが衣類に?カビが好む環境とは?

カビは湿度と温度、栄養の

条件が揃うと生えます。

 

カビは70%以上の湿度があり、

温度が20〜30度くらいあると

生えやすくなります。

 

梅雨時期などはクローゼット内に

湿気が溜まりやすくなり温度も高くなります。

 

また衣服が動物性の繊維だったり

皮脂、汗などの汚れがついていれば

それが栄養になります。

 

シャツは首周りに黒いポツポツが

出来ることが多いですよね。

 

首周りは皮脂や汗が

溜まりやすいからなんですよ。

 

つまり衣服を収納している場所は

カビが大好きな環境であると

言えますね。

 

衣服を毎回洗わずに

クローゼットに収納している人は

要注意ですよ。

 

湿度と温度だけでなく

カビに栄養まで

与えていることになるからです(>ω<)

 

スポンサーリンク
 




 

 

 

 

 

カビが衣類にうつってしまった時の対処法は?また予防策はある?

衣服にカビが生えたからといって

他の衣服にカビがうつることはありません

 

でも同じ環境で衣服を保管していた場合は

他の衣服にもカビが生える可能性があります。

 

衣服を保管している場所が

カビが好む環境にあるからです。

 

服を広げてツーンと臭ったり、

黒い点々が出来てしまった場合は

酸素系漂白剤でカビ取りしましょう

 

【酸素系漂白剤を使ったカビ取り】

①バケツに50度前後のお湯を

3リットル入れます。

 

②酸素系漂白剤を大さじ3加えて

カビの生えた衣服を約1時間浸け置きします。

 

③手袋をはめ、カビを洗い出すように

揉み出し洗いします。

 

④よくすすいでから普通に洗濯機で洗濯します。

 

⑤天日干ししたら完成です。

 

 

酸素系漂白剤は衣類の黒カビ取りに

効果はあるのですが

1度生えると完全に取り除くのは

プロでも難しいです。

 

1本1本の繊維の奥深くに

カビが浸透しているためです。

 

衣服にカビが生えないように

予防した方が良いですね(๑•̀ㅂ•́)و

 

洋服の保管方法は様々だと思いますが

衣装ケースなどを使う場合は、

服をぎゅうぎゅうに詰め過ぎると

湿度が高くなります。

 

詰め過ぎに注意して

湿気取り剤などを必ず一緒に

入れるようにしましょう。

 

また、たまには引き出しを開けて

扇風機で風を送るようにすると

湿度や温度を下げます。

 

扇風機の電気代は安いので

定期的に行いたいものですね。

 

 

さいごに

いかがでしたか?

 

衣服は収納場所によって

カビが生えやすくなります。

 

収納場所の湿度や温度を下げることで

カビが生えにくくなりますよ。

 

風通しの良い場所に

保管できたらベストなんですがね…

 

1度生えると根絶は難しいので

カビが生えないように予防することが大切です。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

 

スポンサーリンク



20代向け
tajisaiをフォローする
多事彩々
タイトルとURLをコピーしました