コンビニ弁当が体に悪いと言われるのは嘘!?その実体を徹底解析!

コンビニ弁当は添加物だらけだから

体に悪いというイメージが強いですね。

 

でも本当に体に悪いのでしょうか?

 

コンビニ弁当は

添加物が含まれているから悪い!と

誇張されすぎているように感じます。

 

添加物は確かに大量に摂取すると

体に害がある可能性があります。

 

でもそれってどんな食材にも

あてはまることです。

 

水や塩や醤油を大量摂取すれば

命を落とすこともあります。

 

添加物だけを取り上げ目の敵にするのも

いかがなものでしょうか?(・ัω・ั)

 

そもそも人を病気にするために

添加物がコンビニ弁当に

使われているわけではありません。

 

何らかのメリットがあって使われているのです。

 

メリットは3つあります。

 

見た目を良くする。

味や食感を良くする。

食中毒を防止する。

 

特に夏場は手作り弁当は食中毒が怖いので、

コンビニ弁当を買うことにしています。

 

添加物が持つこれらのメリットにも

目を向けたいものです。

 

コンビニ弁当に使われているくらいの

添加物なら食べたから

害があるわけではありません。

 

たまに食べるくらいなら問題はありませんよ。

 

とは言え、食品添加物には

まだ将来的な危険性が

解明されていないものもあります。

 

毎日コンビニ弁当を食べ続けるのは

やはり控えた方が良いと思います。

 

 

コンビニ弁当に使われる添加物のメリット・デメリットとは?

コンビニ弁当に使われる添加物は

体に悪いというデメリットばかりが

過剰に取り上げられているように感じます(・ัω・ั)

 

でもたまに食べるくらいなら問題はありません

 

厳しい検査や実験を何度も繰り返し、

これくらいの量なら問題ないと判断された量が

使われているからです。

 

そもそも添加物はなぜコンビニ弁当に

使われるのでしょうか?

 

それには3つの理由があります。

 

見た目を良くする

コンビニ弁当は賞味期限が長いです。

 

食べ物は時間が経つと

色合いがどんどん冴えなくなります。

 

お弁当を買いに来た人が

美味しそう!と感じるのは

やはり美味しそうな色合いのお弁当です。

 

食欲を増進させるために着色料が使われます。

 

 

味や食感を良くする

色合い同様、味や食感も時間が経つと劣化します。

 

また販売しているお弁当に

味や食感に違いがあると

クレームの原因になります。

 

ある一定レベルのお弁当を提供するために

添加物が使われます。

 

 

食中毒を防止する

これは最大のメリットだと思います。

 

夏は食中毒が恐いので手作り弁当よりも

コンビニ弁当を買ってもらった方が安心です。

 

食中毒を防止するために保存料が使われます。

 

家庭で作ってすぐ食べるなら

添加物は使う必要はないのですが、

長時間保存となると

添加物を使うメリットを感じますね。

 

スポンサーリンク
 




 

 

 

 

 

コンビニ弁当の過剰摂取が原因?危険性があるだけで必ずしも悪いわけではない?

コンビニ弁当をたまに食べるくらいなら

問題はありません。

 

でも毎日食べ続けるならやはり

将来的に何らかの危険性がある

可能性があります。

 

でもどんな食材でも同じものを食べ続けたり、

過剰摂取するのは大変危険です。

 

水だって飲み過ぎれば水中毒を起こします。

 

塩を摂り過ぎれば命を落とすこともあります。

 

砂糖を摂り過ぎれば

糖尿病になる可能性が高まります。

 

コンビニ弁当に使われる添加物も同じです。

 

毎日摂り続ければ将来的に

何らかの病気になる可能性は否定出来ません。

 

でもこれはあくまで

可能性があるという問題です。

 

 

さいごに

いかがでしたか?

 

コンビニ弁当を食べるな!食べるな!と

うるさく言う人がいます(-.-;)

 

でもたまに食べるくらいなら問題ないし、

夏場はやはり食中毒が恐いので

コンビニ弁当を購入しています。

 

どんな食べ物でも過剰摂取するのはNGですが、

ほどほどなら問題ありませんよ〜

 

添加物が袋叩きに非難されているのですが、

添加物のメリットにも目を向けてほしいと感じ

記事を作成しました(^^)

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

 

 

スポンサーリンク



20代男性向け
tajisaiをフォローする
多事彩々
タイトルとURLをコピーしました