社会人になったら逆仕送り!?親への送金額と生活への影響は!?

親へ毎月仕送りをしているという人の話を聞くと

すごいなぁと感心してしまいます。

 

私が一人暮らしをしていた時は

貯金0でカツカツだったからです。

 

でも余裕があれば親孝行で仕送りをしたいなとは

思っていましたよ。

 

仕送りを申し出たこともありますが

親から断られました(-.-;)

 

まずは車の維持費を

自分で払えるようになりなさい

とのことでした。

 

転職し一人暮らしもやめ実家暮らししてからは

毎月5万円渡していました。

 

仕送りというか生活費としてですね。

 

一人暮らしと実家暮らしとでは

状況が大きく変わります。

 

一人暮らしなら自分の生活費を

自分で出すだけでも

親にとっては経済的に助かります。

 

一人暮らしの人は

基本的に親への仕送りはしなくても良いと

私は思っています。

 

でも一人暮らしでもやり繰りして

親に仕送りしている人もいます。

 

社会人になったら仕送りをするよう

親から言われている人もいるようです。

 

実際に親に仕送りをしている人の平均は

1万円強です。

 

でも皆が毎月1万円強の仕送りをしている

わけではありません。

 

仕送りをしている人は全体の60%弱です。

 

ということは一人暮らしでも

毎月2〜3万円以上仕送りをしている人もいる

ということになりますね。

 

給料の5〜10%くらいなら

あなたにとって負担にならないと思います(^^)

 

 

社会人が親に仕送りは必要?一人と実家暮らしの価値観の違いは?

 

基本的に一人暮らしをしている社会人は

親への仕送りは不要だと思うんですよね。

 

以前こんなことがありました。

 

社会人になったことで

生活には余裕はありませんでしたが

親に仕送りの提案をしたことがありました。

 

するとこんな返事が戻ってきました。

 

「仕送りするお金があるなら

毎月ちゃんと貯金しなさい。

いざという時に貯金がないと困るよ。」

 

なるほどなぁと思いました。

 

当時私は生活費は親に頼りませんでしたが

車の維持費は親から援助を受けていました(-.-;)

 

生活費や車の維持費などをしっかりやり繰りして、

親から資金援助を受けないことが大切だな

と強く感じました。

 

親に仕送りをするつもりで

毎月貯金して車の維持費を

自分で出せるよう頑張りました。

 

社会人なのに毎月金欠で

親にすがることほど

恥ずかしいことはありません(>ω<)

 

親への仕送りを考えるのは

完全に金銭面で自立してからにしましょう

 

 

一方、実家暮らしの社会人は

親へ毎月3〜5万円は渡すべきだと

感じています。

 

実家暮らしだと家賃や食費、光熱費などが

親への負担になるからです。

 

それらを考えると

毎月の3〜5万円は非常に安いと思います。

 

一人暮らししたと考えたら

これくらいは親に支払えると思います(*^^)

 

スポンサーリンク
 




 

 

 

 

 

 

社会人が親に仕送りする平均額はどれほど?

 

親に仕送りをしている社会人は

どれくらい仕送りをしてるんだろう(?_?)

 

気になる親への仕送りの平均額を見てみましょう。

 

ソニー生命保険が2017年に公表したデータを

参考にしました。

 

一人暮らしの社会人の仕送り平均額は

1年間で13万1832円でした。

 

1ヶ月単位にすると1万円ちょいになりますね。

毎月1万円ならそんなに負担にならないですね〜

 

 

でもここで注目したいことがあります。

 

それは全く仕送りをしていない人が

約42%もいたことです。

 

となると1年間で13万円以上

仕送りをしている人がたくさんいる

ということになりますね。

 

 

さて親への仕送りですが

給料の何%くらいを目安にするのが

ベストなのでしょうか?

 

私個人の考えでは

給料の5〜10%ぐらいなら

無理せずに続けることができると思います。

 

毎月の給料の20%を貯金できれば合格との

話を聞いたことがあります。

 

給料の5〜10%を仕送りにあて

残りの10%を自分のために

貯金できれば合格です(^^)/

 

 

さいごに

いかがでしたか?

 

社会人になったら

親に仕送りをするべきかなどについて

ご紹介しました。

 

実家暮らしの社会人は

毎月親に渡すのは当たり前だと思います。

 

でも一人暮らしの場合は

親への仕送りの前に

親から逆に仕送り援助を

受けてしまわないよう気をつけましょう。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

 

スポンサーリンク



20代女性向け
tajisaiをフォローする
多事彩々
タイトルとURLをコピーしました