食費がヤバい!弁当を昼に持っていくだけでこんなに節約できますよ!

実家暮らしで外食するのは昼だけなのに

食費が月に2万円以上かかってヤバい!

 

その原因はズバリ外食ランチにあります。

 

外食ランチに1食あたり700円程度

お金を使うとのアンケート調査もあります。

 

弁当を昼に持っていくだけで

1万円近くは節約できますよ~

 

忙しい朝でも素早く作れて

しかも1食300円以下で作れる

弁当レシピをご紹介します。

 

1ヶ月続けると懐も暖かくなり

効果をものすごく感じてもらえるはずです。

 

 

昼食が弁当と外食では月の食費いくらくらい違う?

特に浪費家というわけではないのに

月末は金欠で、お金が貯まらないという人は

食費に使っていることが多いです。

 

コンビニをちょこちょこ利用する人も要注意です。

 

何も考えずに飲み物やお菓子を

買ってしまうんですよね。

 

食品は食べたらなくなってしまうので、

あまりお金を使っている感覚がないんですよね。

 

あるアンケート調査によると

1回あたりの外食ランチの予算は

700円程度であることが分かりました。

 

1ヶ月を30日で計算すると

外食ランチだけで2万円

使っていることになります。

 

うわ~改めて考えるとやはり使いすぎ、

お金を抑えたいものですね。

 

昼食を弁当にする場合、

そんなに切り詰めなくても

1食あたり400円あれば

かなり充実した内容のお弁当ができます。

 

でも毎日のお弁当なんで

それほど豪華にしなくてもよいなら

300円でも栄養バランスの良いお弁当を

作ることができます。

 

気合いを入れて食材を使い回せば

200円弁当ももちろん可能す。

 

1300円とすると1ヶ月あたり9000円程度!

 

外食に比べるとかなり節約できることが

お分かりいただけたのではないでしょうか?

 

スポンサーリンク
 




 

 

 

 

300円以内に抑えるお昼の弁当作りの方法

私自身、スーパーでお弁当を買う時は

450円以上だとかなり考え込んでしまいます。

 

中身は魚のフライやハンバーグなど

充実しているのですが…

300円程度なら迷わずに購入するのですが。

 

そんな人が増えたためか

スーパーやお弁当屋さんでは

300円程度の弁当が増えました。

 

300円程度だと即決で購入する人が

多いためでしょう。

 

お店で売られている弁当は

様々な経費がかかっています。

 

赤字で売っているわけはないので

300円程度でも利益があるということが

分かります。

 

ということは自宅で弁当を作る時には

経費は食材だけなので

300円あればかなり充実した内容の弁当を

作ることができるということになりますよね。

 

1食300円程度で毎朝素早く弁当を作るならば

週末に買い物に行きある程度メニューを決め

下準備しておくようにしましょう。

 

野菜は3種類くらいを適当な大きさに切り

水洗いして大きめのジップロックに入れ

冷凍しておきましょう。

 

その都度必要な分だけ取りだし、

油を熱したフライパンにいれ

ウインナーや肉と炒めれば

栄養満点のおかずが1品完成します。

 

野菜不足解消にもなります。

 

 

その他には卵や缶詰類を常備しておくと

何かと重宝します。

 

私はよくさばの味噌煮缶を卵でとじたものを

おかずにしていました。

お金はかからないし、

何より白飯にとても合います。

 

ミックスビーンズ缶を卵でくるみ

ケチャップをかけたこともあります。

 

缶詰は100円代なので

節約したい人の強い味方になってくれます。

 

魚の缶詰は栄養面でも優れています。

 

どうしても時間がない時は

個食冷凍海老ピラフ100円や

そのまま弁当箱に詰められる冷凍食品を使うと

あっという間に完成します。

 

その日の気分に合わせて楽しく

お弁当を作りましょう

 

 

さいごに

いかがでしたか?

 

毎日弁当を作るのは大変そうだなぁと

思うかもしれませんが、

缶詰や冷凍食品、野菜ミックスを作って

常備しておけば

お弁当が簡単にできてしまいますよ。

 

無理をせずに続けられる範囲で

お弁当生活を始めてみませんか?

 

月に1万円近くは簡単に

節約できてしまいますよ。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

 

スポンサーリンク



20代女性向け
tajisaiをフォローする
多事彩々
タイトルとURLをコピーしました