寝るときパジャマが必要!?服を着ないで寝る事の身体への影響とは?

夜眠る時の格好は人によりさまざまです。

 

ジャージやスエットなどの部屋着で寝る

という人もいれば、

パジャマを着るという人もいますし、

中には裸で寝るという人もいて、

かなり個人差がありますよね。

 

ですが、質の良い睡眠を得たいということであれば、

やはり眠る時に着るために作られている

「パジャマ」を着て寝るのが一番いいです。

 

パジャマは、安眠の為に、

機能性や素材にこだわって作られているので、

良質な睡眠を得られやすいのです。

 

 

 

パジャマも服も着ないで寝るとどんなメリット・デメリットが?

 

日本ではまだ少数派ですが、

裸で寝るという人もいます。

 

裸で寝ることは、メリットもありますが、

デメリットもあります。

 

裸で寝ることの「メリット」

 

代謝がよくなり睡眠の質が上がる

 

裸だと、皮膚が直接空気に触れるため、

発汗作用が活発になります。

 

すると代謝が十分に行われるので、

睡眠の質が良くなるのです。

 

 

メラトニンや成長ホルモンが適切に分泌されて美肌効果アップ

 

寝る前に服を脱いで裸になる=体温が下がることで、

体が眠る準備が出来たと認識し、

自然と眠りに入ることが出来ます。

 

その結果、美肌にも効果があるそうです。

 

 

衣類のゴムによる締め付けがない為、疲れが取れやすい

 

下着などのゴムの締め付けで、

血行が悪い状態が続くと、

血管に異変が生じることがあるそうです。

 

また、下着を履かないことで通気性が良くなると、

一部の婦人病の予防になるという

研究結果もあります。

 

 

次に裸で寝ることの「デメリット」をあげます。

 

寝相が悪いと体を冷やしてしまう

 

朝までちゃんと掛け布団を掛けた状態のまま

眠れる人は問題ないかも知れませんが、

寝相が悪い人の場合、寝ている間に

布団から出てしまったりすると、

体が冷えて風邪を引いてしまうかもしれません。

 

 

布団が汚れやすい

 

裸で寝ると、寝ている間にかいた汗は、

直接布団が吸収することになります。

 

特に夏場はマメに布団を干したり、

シーツや掛け布団カバーを洗ったりする

必要があります。

 

 

自然災害などの緊急事態の時にすぐに避難出来ない

 

地震や火事は、いつ起きるか分かりませんよね?

 

もしかしたら、寝ている時に

起きてしまうかもしれません。

 

そんな時、服を着てから避難するのでは、

逃げ遅れてしまうかもしれません。

 

また、夜中トイレに行きたくなった時も、

地味に不便ですよね。

 

スポンサーリンク
 




 

 

 

 

 

 

 

 

女性の睡眠の質を高めるには?寝るときにおすすめな服装をご紹介!

 

寝る時に一番最適な服は「パジャマ」です。

 

ルームウェアとパジャマを兼用している

という人も多いと思いますが、

ルームウェアは部屋の中で

活動するのに適した服であり、

寝る時に適している訳ではありません。

 

しっかり睡眠をとるためには、

睡眠用の寝間着であるパジャマを着て

寝ることをおすすめします

 

睡眠中は多く汗をかきますが、

パジャマは吸湿性がありますので、

起きた時に汗でべとつくことがありません。

 

発散性も高く熱を放出してくれますので、

発汗した熱や水分を外に逃がしてくれます。

 

 

また、寝る前にパジャマを着ることは

入眠儀式」にもなります。

 

入眠儀式とは、毎日寝る前に同じことをすることで、

眠りのスイッチを入れて

自然に眠りに付けるようにすることです。

 

寝る前に歯を磨き、トイレに行き、

パジャマに着替えてから布団に入りましょう。

 

毎日繰り返すことが大切です。

 

毎日繰り返していくうちに、

スムーズに眠りに付けるようになりますよ。

 

 

 

まとめ

 

寝る時の服装は、やはりパジャマが最適です。

 

清潔で肌触りの良いパジャマを着て寝ると、

朝もスッキリ爽やかに目覚められそうですね。

 

 

 

スポンサーリンク



20代女性向け
tajisaiをフォローする
多事彩々
タイトルとURLをコピーしました