パジャマで睡眠は変わる!?着る人着ない人の考えと着る利点とは!?

寝る時に着る洋服は、

寝る時専用の服であるパジャマが最適です。

 

ですが、そんなパジャマよりも、

寝る時に着る服装はルームウェアという人の方が

一般的には多いそうです。

 

ルームウェアとは、ジャージやスウェットや

Tシャツなどの部屋着のことですが、

寝る時にわざわざ着替えるのが面倒だ

という意見が多く見受けられました。

 

また、外出の時に着れないような古着や

ライブTシャツなどがもったいないので

部屋着と寝間着兼用で使うという人もいます。

 

寝る時に好んでパジャマを着るという人は、

そのパジャマの素材やデザインにも

こだわる人が多いです。

 

パジャマを着て寝る人は、

より質の良い睡眠を得たいと考える人が

多いのかもしれませんね。

 

 

 

パジャマを着る人と着ない人のそれぞれの価値観や考え方とは?

 

パジャマを着る人より着ない人の方が多いのが

一般的な意見のようです。

 

パジャマを着ないという人は

ルームウェアで寝るという人がほとんどで、

裸で寝る人やノーパンで寝るという人は

ごくわずかでした。

 

パジャマ派の人とそうではない人の意見をあげてみます。

 

【パジャマ派】

①部屋着とパジャマは別物。部屋着のまま寝るのは落ち着かない

②肌触りの良い素材が良いなど素材にこだわりがある

 

 

【ルームウェア派】

①着心地がゆったりしているものを部屋着として着る

②外には来て行けないようなデザインの服が

もったいないので部屋着にしている

 

ルームウェア派の人は、

寝る時のためだけに着るパジャマを、

わざわざ用意する必要がない

と感じているようです。

 

スポンサーリンク
 




 

 

 

 

 

 

 

パジャマを着ると本当に睡眠は変わる?睡眠への効果と選びコツとは?

 

パジャマは寝る時専用の服ですので、

安心して眠れるように工夫がされています。

 

素材や機能性、季節に合わせたものなど

さまざまなパジャマがあります。

 

快適な睡眠を得るためには、

ゆったりしているパジャマを選びましょう

 

締め付けがきつく圧迫感があるものだと、

寝苦しいのでよく眠れません。

 

寝間着にパジャマが優れている点を3つあげます。

 

吸湿性

寝ている間は汗を大量にかきます。

 

ですが、パジャマは吸湿性や発散性に優れた生地を

使用している事が多く、

汗を吸い取って熱を放出してくれるので、

快適な睡眠を得られます。

 

 

寝心地

パジャマは肌触りなど素材にこだわって

作られているものが多いです。

そのため、寝心地もいいのです。

 

 

清潔感

ルームウェアは汚れが付きやすいものです。

 

寝る時に清潔なパジャマに着替えることで、

身も心もリフレッシュすることが出来ます

 

汚れた服だと、寝具にも汚れがついてしまいますよ。

 

 

また、毎日寝る前にパジャマを着ることは

「入眠儀式」にもなります。

 

入眠儀式というのは、

毎日寝る前に必ず同じことをすることで、

脳に眠りのスイッチを入れ、

自然に眠れるようにすることです。

 

すぐには効果はあらわれないかもしれませんが、

毎日繰り返すことで寝付きが改善されます

 

 

 

まとめ

 

寝る時の服装で最もいいのは「パジャマ」ですが、

寝る時に何を着て寝るかは、

その人が寝る時に何を重要視するかによる

と思います。

 

より良い睡眠を得たいという人は、

パジャマの素材や形にこだわって着ています。

 

睡眠に特にこだわりがないという人は、

ルームウエアのまま寝ていたり、

外で着れないような服を、

勿体ない精神で着ているようです。

 

極論ですが、寝返りをうった時の

衣擦れが気になって眠れないのであれば、

裸で寝てみてもいいのかもしれません。

 

夜なかなか寝付けない、寝つきが悪いという人は、

寝る前にパジャマに着替えてから寝るという

「入眠儀式」を試してみてはいかがでしょうか。

 

ぜひ自分にあった方法を探してみてください。

 

 

 

 

スポンサーリンク



30代女性向け
tajisaiをフォローする
多事彩々
タイトルとURLをコピーしました