仕事の付き合う席が多い…接待多き旦那へストレスゼロにするには!?

 

平日の仕事終わりに上司や部下とコミュニケーション。

 

休日には朝から取引先の方と接待ゴルフなど、

仕事の付き合いが多い旦那さんもいると思います。

 

その間ほったらかしにされてしまう

奥さんにとっては、面白くないかもしれません。

 

ですが、旦那さんが接待に参加することには、

ちゃんとメリットがあります。

 

接待の最大のメリットは、

相手との心の距離を縮められる」ことです。

 

仕事上の付き合いだけでは、

相手の人間性などはわからないですよね。

 

ですが、お店やゴルフ場など、

仕事から離れた場所なら、

くだけた話がしやすいです。

 

他愛もない世間話から、

だんだん深い話になり、

相手の方のいろんな情報を収集できます。

 

また、旦那さんが家にいない時間を、

有効活用している奥さんも多くいます。

 

ひとりだからこそ、趣味を謳歌したり、

夕飯に好きなものを食べたりできますよね。

 

旦那さんがいない時間に

ヤキモキするのをやめて、

気持ちを切り替えるのも

いいのではないでしょうか?

 

 

 

旦那の仕事付き合いがどう大事か把握もポイント!

 

 

サラリーマンにはよくある休日の「接待ゴルフ」。

 

せっかくの休日に、

早朝から出かける旦那さんを見送る奥さんは、

まったく面白くないかもしれません。

 

ですが、接待ゴルフには、旦那さんにとって

下記のメリットがあるのです。

 

①取引先の重役クラスの人たちと商談できる

②相手との関係が深まり、仕事が円滑に進むようになる

 

普段の交流会だとあまりお見受けしないですが、

接待ゴルフには、社長や重役クラスの人も

参加する場合が多いです。

 

なので、上の人たちとのパイプをつなぐチャンス

になります。

 

また、ゴルフは長い時間をかけて

みんなで回ることになりますので、

他愛のない話から、

だんだんと深い話もできるようになります。

 

取引先のオフレコ話や、

相手の個人的な趣向など、

情報収集の場所に最適です。

 

また、旦那さん自身のスキルアップにもなります。

 

①段取り力アップ

②コミュニケーション能力アップ

③メンタル面の向上

 

ゴルフは紳士のスポーツですし、

一打のスイングで勝負が左右されます。

 

目上の人や初対面の人などと回ることで、

上記のスキルアップが見込まれますよ。

 

スポンサーリンク
 




 

 

 

 

 

 

 

 

旦那のいない時間を有効的に活用するのもひとつ?その方法とは?

 

 

旦那さんがいない夜、

奥さんは夕食をどうするのか悩みますよね。

 

普段は旦那さんの健康のことを考えて

手作りする奥さんも、

一人の時は、あまり作る気力が湧かない

という人がほとんどです。

 

そう思うなら、

たまには自分が好きなものを食べてもいい

と思います。

 

自分で作ってもいいですが、

外食したり、出前をとってもいいのです。

 

一人なので、何も気にせず決められて

楽なのではないでしょうか?

 

また、一人の時間をどう過ごすのかも

悩みどころですね。

 

そんな時は、趣味に没頭する時間にしては

いかがでしょうか。

 

普段は旦那さんや子どものお世話で

時間が取れない分、こういう時こそ

やりたいことをやる時間にしましょう

 

他には、日ごろの疲れを癒す

時間にしてもいいですね。

 

エステや整体に行ったり、

自宅でひたすらゴロゴロしても、

誰も咎める人がいないのは

最高なのではないでしょうか?

 

帰って来ないのは仕方ないと

気持ちを切り替えて、

旦那さんの不在の時間を

謳歌することを考えてみてくださいね。

 

 

 

まとめ

 

旦那さんの仕事付き合いが多いと、

夫婦の時間があまり取れなくなってしまいます。

 

そうなると、ひとりぼっちの奥さんは

寂しくなってしまいますよね。

 

ですが、旦那さんが仕事の付き合いに

まったく参加しないというのも問題です。

 

毎回断っていては、

職場での印象も悪くなりますし、

仕事のチャンスも棒に振ってしまいます。

 

必ず参加しなければならない訳ではないですが、

接待も含めて仕事なんだと

割り切って考えましょう

 

旦那さんがいない時間は、

趣味を満喫したり、

日ごろの疲れを癒やす時間にするのも

いいですね。

 

 

 

 

スポンサーリンク



30代女性向け
tajisaiをフォローする
多事彩々
タイトルとURLをコピーしました