学校のお仕事をヒモ解く!?夏休み中の先生の頑張り実録集!

 

 

学校の夏休みは7月中旬から8月末日までと、

1ヶ月半もあります。

 

その間、先生方もおやすみなのでは?と、

思う方も多いと思います。

 

ですが、夏休み中も先生は働いています

 

週5日、朝8時頃から夕方17時頃まで、

お仕事しています。

 

仕事内容は、夏休み中の学校のイベントや、

部活動など、直接生徒に関わる仕事もあれば、

生徒があまり知らないこともあります。

 

先生も「研修」があり、

自分が発表する場合は資料作成をしたり、

研修後には報告書の作成もしています。

 

また、一学期の報告や、二学期の準備も

夏休み中に行います。

 

修学旅行や遠足などのイベントが控えていれば、

現地へ下見に行くこともあります。

 

夏休みが終わって二学期から

スムーズに勉強ができるのも、

夏休み中に、先生がしっかりと

準備をしてくれているからなのです。

 

先生自体の夏休みは、

お盆期間4~5日に取る場合がほとんどです。

 

お盆期間は学校自体も休業しますので、

一斉に休みをとれるのです。

 

 

 

夏休み中でも先生たちはお仕事?どんな事をしているの?

 

 

夏休み期間も、先生は週5日で

仕事をしています

 

勤務時間は、朝8時ごろから

夕方17時ごろまでになります。

 

夏休み中の先生のお仕事内容は、

下記があります。

 

生徒を直接指導する仕事

部活動、水泳教室、補習、など。

 

 

事務処理

日直、電話対応、生き物のお世話、

書類整理、など。

 

 

研修

校内や郊外での研修や発表会。

 

 

④2学期の準備

修学旅行などの下見、 授業計画、

教材の確認、など。

 

 

部活動の顧問をしていれば、

部活動の活動も見なければなりません。

 

また、補習の生徒の面倒も見る必要があります。

 

また、学校内の清掃や管理などの雑務も、

先生が行っています。

 

研修がある場合は、

資料作成や報告書の作成も行います。

 

さらに、1学期の報告や、

2学期に向けての準備などもあります。

 

先生は、夏休み中でも

多種多様なお仕事をしているのです。

 

スポンサーリンク
 




 

 

 

 

 

 

 

 

先生の夏休み事情は?「夏休み」としての休暇はとれてるの?

 

 

ほとんどの先生は、お盆休みの時に

「夏休み」として連休を取ります

 

他の企業だと、夏休みは社内の職員で

交代で取ることが多いですよね。

 

ですが、先生の場合は、お盆の期間に

やらなければならないことはありませんので、

一斉に休んでも問題ありません。

 

お盆休みは、8月13日~16日辺りになりますので、

4日間ほどの連休になります。

 

さらに、有給休暇も合わせて使い、

長期休暇をとる先生もいます。

 

多くの生徒を抱える先生は、

自分の都合で有給休暇をとることが難しいのです。

 

なので、夏休みを利用して、

有給休暇を消化するという先生もいます。

 

 

また、小学校・中学校・高校によっても、

事情が異なります。

 

小学校は、部活動がまだ無く、

夏休み中のイベントもほとんどありません。

 

なので、小学校の先生は、

比較的休みがとりやすいです。

 

ですが、中学校・高校になると、部活動があり、

運動部などは合宿を行う場合もあります。

 

また、赤点の生徒の補習なども

行わなければなりません。

 

ですので、中学校・高校の先生は、

休みが取りづらいこともあります。

 

 

 

まとめ

 

あまり知られていない、

先生の夏休み中のお仕事事情ですが、

学校自体が長期のお休みでも、

先生は毎日働いていることがわかりましたね。

 

先生の「夏休み」は、お盆休みの時期であり、

4~5日程度の連休になる場合が

多いようです。

 

お盆期間は、学校自体もお休みであり、

何かあった場合は、学校ではなく、

教育委員会へ連絡するように

お知らせがあるのは、そのためです。

 

また、たくさんの生徒を抱える先生は、

夏休み以外の時期も、

自分の都合で休みを取ることが難しい、

という事情があります。

 

夏休み中も頑張ってくれる先生に、

感謝の気持ちを忘れないようにしたいですね。

 

 

 

 

スポンサーリンク



10代女性向け
tajisaiをフォローする
多事彩々
タイトルとURLをコピーしました