中学生のメイク許容範囲は!?揃える道具と説得術とは!?

 

中学生がメイクをするなら、

ナチュラルメイクがオススメです。

 

日焼け止めクリームか

リキッドファンデーションをつけてから、

ポイントメイクをしていきます。

 

中学生は素肌がきれいなので、

ベースメイクは必要ないように感じますよね。

 

ですが、いきなりポイントメイクをしてしまうと、

肌への刺激が強過ぎてしまうこともあります。

 

ベースを薄く塗って

肌の表面をコーティングしてから、

ポイントメイクをしましょう

 

ベースメイクとポイントメイクで使う道具は、

ベースメイク用の日焼け止めか

リキッドファンデーション、アイブロウ、チーク、

アイシャドウ、色付きのリップクリームです。

 

肌に優しいもので、ナチュラルな色味のものを

選びましょう。

 

中学生はまだ肌がきれいな状態なので、

メイクが原因で肌荒れしないように、

細心の注意を払いましょう。

 

肌に優しい化粧品を使用し、

クレンジングもしっかり行ってください。

 

また、中学生からメイクをするのは

早すぎると感じる親御さんは多いです。

 

問答無用で駄目だと

言われてしまうことも少なくありません。

 

そこで感情的に言い合ってしまっては、

親子関係が悪くなってしまいます。

 

親は、子供の今や将来のことも考えて、

心配しているだけなのです。

 

お互いに冷静に話し合うようにすれば、

妥協点を見つけられると思いますよ。

 

 

 

中学生に必須情報!メイクによる肌影響と学生メイク術を大公開!

 

 

 

中学生の肌は、メイクが必要ないほどキレイです。

 

逆に、メイクをした影響で

肌が荒れてしまう子もいます。

 

どうしてもメイクをしたいという場合は、

普段からお肌のケアをしっかり行い、

メイク後のクレンジングも

念入りにするようにしましょう

 

お肌のケアやメイク落としが面倒くさいと思うなら、

メイクはしない方がいいです。

 

中学生にオススメのメイク術を

下記に記載しますので、参考にしてみてください。

 

ベースメイク

ベースメイクは、日焼け止めか

リキッドファンデーションで行います。

 

付けすぎると厚塗り感が出てしまうので、

ムラにならないように薄く延ばして

付けましょう。

 

 

チーク

パウダータイプのチークが

使いやすいのでオススメです。

 

カラーはオレンジに近いピンク色を選ぶと、

ナチュラルに見えますよ。

 

ほお骨の位置を確認してから薄く付けていきます。

 

そこから徐々に濃くしていき、

好みの濃さに調整しましょう。

 

 

アイブロウ

元々の眉毛を生かしながら、

アイブロウペンシルで形を整えていきましょう。

 

カラーは髪の毛の色に近いものを選びます。

 

 

アイシャドウ

ブラウン系のカラーのアイシャドウを選びましょう。

 

付属のブラシやスポンジで

まぶたに付けていきます。

 

 

リップ

色付きのリップクリームで十分だと思います。

あまり濃くない色のものを選びましょう。

 

スポンサーリンク
 




 

 

 

 

 

 

 

 

中学生のメイクを許さない親は多い?その理由と納得を得るためには?

 

 

中学生でメイクをするのはまだ早い、

と思う親御さんは多いです。

 

メイクは肌トラブルを引き起こす可能性が高いので、

心配に思っているのです。

 

メイクに関して親が否定的な言動をしたとしても、

感情的に言い合っては溝が深まるだけです。

 

まずは冷静にお互いの意見を伝え合う

機会を設けましょう

 

何でメイクがしたいのか、

理由をちゃんと伝えましょう。

 

また、親が何で反対しているのか、

理由をしっかり聞くようにします。

 

そうしてお互いの意見を出し合ったら、

今度は妥協点を探していきます。

 

・化粧品は肌に優しいものを選んで使うこと

・メイクは学校が休みの日だけにすること

 

など、常識的な範囲でメイクをする

許可を得るようにしましょう。

 

ルールを守ることが出来れば、

親も譲歩してくれると思いますよ。

 

 

 

まとめ

 

中学生のメイクは、素肌のきれいさを活かした

ナチュラルメイクにすると良いです。

 

せっかくきれいな肌なのに、

メイクが原因で荒れてしまったら

もったいないですよね。

 

化粧品選びはもちろん、

普段のスキンケアや、クレンジングにも

気をつけましょう。

 

また、親に反対された場合は、

きちんとした話し合いの場を

設けるようにしましょう。

 

お互いの意見を言い合い、

妥協点を見つけられるといいですね。

 

 

 

 

スポンサーリンク



10代女性向け
tajisaiをフォローする
多事彩々
タイトルとURLをコピーしました