中学生だから言えない!?会話が怖い理由と面白くする人の特徴は!?

 

日本人には「会話が怖い」と感じてもおかしくない、

根深い問題があります。

 

日本の昔からの文化で、

日本人は個人主義より集団主義の風潮が

根強く残っています

 

特に、集団生活の中では協調性が求められていて、

自己主張が激しいと、

集団からはじかれてしまうこともあります。

 

そんな状況下に置かれているので、

誰もが対人恐怖症になっても

おかしくはないのです。

 

中学校の学校生活も「集団生活」ですよね。

 

みんな集団で孤立しないために、

自分の居場所を確保するのに必死です。

 

そこで周りと違うと思われると、

いじめなどの対象になる可能性もあります。

 

なので、余計なことを言ってしまわないように、

というプレッシャーがかかってしまうのです。

 

 

 

中学生が密かに抱える人間関係とは?会話が怖いと感じる訳とは?

 

 

日本人は、社会からの孤立を恐れて

生きている節があります。

 

それは、日本では古くから、

個人主義より集団主義の風潮が

根強く残っているからです。

 

孤立を恐れているので、

周りからの目を気にし過ぎてしまうのです。

 

周囲から孤立しないために、

周りに合わせなければいけないと感じている人が

多いのではないでしょうか?

 

中学校での人間関係でも同様です。

 

集団生活は、協調性を身につけるためにも

大切な経験です。

 

自分勝手な行動をする人ばかりでは、

社会は成り立ちません。

 

集団生活で過ごしていくうちに、

少人数での「仲良しグループ」が

作られていきます。

 

みんな集団生活で孤立しないために、

自分と仲良くしてくれそうな子を

探しているのです。

 

そういったグループに入れず、

クラスに馴染めなかった子は、

自分を押し殺してまで、

周りに合わせようとすることもあります。

 

また、周りと少し違うと思われてしまうと、

いじめの対象になってしまうことも。

 

クラスメイトから仲間はずれにされたり、

無視されてしまった子は、

人間不信に陥ってしまいます。

 

そういった環境から、「人と話すのが怖い」、

「クラスに馴染めるか不安」

という気持ちになってしまうのです。

 

スポンサーリンク
 




 

 

 

 

 

 

 

 

相手との会話を面白くする人の特徴とは!?

 

 

クラスの中には、誰とでも仲良くできる

タイプの子もいると思います。

 

その子の話が面白く、周りの人間が集まってくる

「クラスの人気者」です。

 

 

会話が面白い人は、下記の特徴があります。

 

語彙力が高い

簡潔にまとめて話すことができる

起承転結がしっかりしている

友達が多い・顔が広い

話題が豊富

お笑い理論『緊張の緩和』で話せる

 

 

まずは語彙力がないと、話を面白くはできません。

 

語彙力が高ければ、

話の展開の仕方も変わってきますし、

例えばなしも面白く話せるようになります。

 

いろいろな言葉を知り、

覚えていくことが大切です。

 

話がまとまっていないと、

結局何が言いたかったのか分からない

ということになってしまいます。

 

話がつまらない人ほど、

話がダラダラ長くなってしまいがちです。

 

起承転結を意識して、

話のオチまでを簡潔にまとめてから

話すようにしましょう。

 

そして、とにかく人と沢山話して

会話の経験を増やすことも大切です。

 

会話も練習しないと上達しません。

 

話が面白い人は、アンテナを広くはっています。

 

流行に敏感だったり、人気のテレビ番組は

リアルタイムでチェックするようにしましょう。

 

知識は浅く・広く持っていると、

色んな話題に参加できるようになります。

 

また、笑いは、緊張が緩和されたときにおこります。

 

会話の中でも、最初のフリ(緊張)から

オチ(緩和)までの流れが上手くいけば、

相手が笑ってくれる可能性が高いのです。

 

そのためには、話の内容はもちろん、

話し方も重要な要素だと思いますよ。

 

 

 

まとめ

 

中学校での学校生活では、

集団生活での自分の居場所づくりが

重要になっていきます。

 

3年間同じ学校で過ごすので、

人間関係がこじれると厄介ですよね。

 

会話が怖いと感じることもあると思いますが、

自分から一歩踏み出せるように

なれるといいですね。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク



10代女性向け
tajisaiをフォローする
多事彩々
タイトルとURLをコピーしました