仕事をさらに円滑に!先輩と上手に付き合う後輩とはこうあるべき!?

 

仕事をする上で、職場の上司との関係が

良好かどうかというのは、

かなり重要なことなのではないでしょうか?

 

性格の合う合わないは別にしても、

上司と部下の情報共有がちゃんと

出来ているかどうかによって、

仕事が円滑に運ぶかどうかが左右されますよね。

 

また、職場での昇進も、

上司の采配次第になりますので、

昇進を目指す人は、

上司と仲良くなるに越したことはありません。

 

後輩として理想的なのは、

ホウ・レン・ソウをしっかりと行うことと、

常に謙虚な気持ちでコミュニケーションを

取っていくことです。

 

仕事における

「ホウ(報告)・レン(連絡)・ソウ(相談)」は

基本です。

 

基本的なことですが、これが出来ていないと

「使えないやつ」というレッテルを

貼られてしまいますので気をつけてください。

 

また、上司の性別によっても

判断に違いが見受けられます。

 

男性の上司は、

仕事の結果重視の人が多いため、

結果さえ残していれば問題ない場合が多いです。

 

ですが、女性の上司は、

部下の身なりや周りの人への気配りなど、

細かくチェックしている人が多いです。

 

社会人としてふさわしい身なりや言動を

心がけましょう

 

 

 

仕事で最低限守ったほうがいい後輩のとるべき行動とは?

 

 

仕事において、後輩がとるべき行動は

下記があります。

 

①ホウ(報告)・レン(連絡)・ソウ(相談)の徹底

②謙虚な姿勢で接する

③コミュニケーションをマメに取る

④能動的に働くようにする

 

社会人にとって、

「ホウ・レン・ソウ」は基本中の基本です。

 

これが出来ていないとお話になりません。

 

また、ただ「ホウ・レン・ソウ」すればいい

というわけではありません。

 

上司に話しかけるタイミングも重要なのです。

 

上司の状況も考えず、自分のタイミングで

「ホウ・レン・ソウ」してしまって

いないでしょうか?

 

タイミングが悪いと、上司をイラつかせて

しまうかもしれません。

 

「ホウ・レン・ソウ」は、相手のタイミングを

見計らって行えるとベストです。

 

 

また、上司と話す時は、

謙虚な姿勢を忘れてはいけません。

 

苦手なタイプの上司であっても、

謙虚な姿勢で素直に話を聞くことが出来たら、

上司の心証はよくなります。

 

上司から好感を持たれたら、

仕事も円滑に運び、いいこと尽くしです。

 

ですので、謙虚な姿勢でコミュニケーションを

マメに取れるといいですね。

 

常日頃から能動的に仕事ができると、

上司に「使えるヤツ」と思ってもらえます。

 

朝少し早く出社して職場の清掃をしたり、

自分の仕事が早く片付いたら、

周りの人の仕事を手伝ったり、

自分から動けるようにしましょう。

 

スポンサーリンク
 




 

 

 

 

 

男性・女性上司それぞれに合った上手く付き合うためのコツとは?

 

一概には言えませんが、上司の性別によって、

部下の管理に違いがあるようです。

 

男性の上司は「結果重視」、

女性の上司は「プロセス重視」

の傾向があります。

 

ですので、男性の上司の場合、

仕事で結果を残す事に力を注ぎましょう。

 

結果さえ残せば、それ以外の部分は

あまり気にしないという人も多いです。

 

一方、女性の上司は、結果も勿論ですが、

そこまでのプロセスも

しっかりチェックしている人が多いです。

 

個人主義ではなく、

チームでのコミュニケーションも

大切にしています。

 

ですので、職場での良好な信頼関係を

築くことを忘れてはいけません。

 

また、身だしなみに関しても、

女性の方がチェックが厳しいです。

 

おしゃれでなくても構いませんが、

清潔感のある格好が好ましいです。

 

社会人として、ふさわしい身なりや

言動を心がけましょう

 

 

 

まとめ

 

仕事は一日の大半を費やすことなので、

職場の人間関係は重要ですよね。

 

とくに直属の上司とは、

仕事を円滑に進められるように、

コミュニケーションを

しっかりとっておきたいものです。

 

また、男性の上司より女性の上司の方が、

日ごろから細かくチェックしている

場合が多いです。

 

常日頃から、職場の人たちや取引先の方に、

社会人として恥ずかしくない

言動を心がけましょう。

 

 

 

 

スポンサーリンク



20代女性向け
tajisaiをフォローする
多事彩々
タイトルとURLをコピーしました