家と図書館どちらがメリット大!?勉強の効率が上がる場所とは!?

集中して勉強出来る場所は、

人によって異なります。

 

家での勉強は、

完全に自分1人だけの密室を作れるので、

1人で勉強した方が集中出来るという人は

適していると思います。

 

ですが、自分の部屋にはマンガやゲームなどの

娯楽も置いてある場合が多く、

ついつい誘惑に負けてしまうタイプの人には

不向きです。

 

図書館には本しかありませんので、

勉強以外のことをしたくなるような

誘惑はないですが、

静かな空間に最適な室温や湿度だと、快適すぎて

眠くなってしまうという人も居るようですので

注意が必要です。

 

ですので、自分の性格に合った勉強場所を、

早く見つけることが大切です。

 

 

 

家と図書館の環境の違いが勉強に影響?どんな違いがある?

 

ほとんどの人は、自宅で勉強をすると思います。

 

家で勉強するメリットは、

わざわざ移動する必要がない

ということがあげられます。

 

学校から帰ったらすぐにでも始められますので、

時間のロスがありません。

 

また、自分の部屋は居心地がよく、

他に人がいる訳では無いので

気を使わなくて済みます。

 

自宅なので、勉強中に喉が乾いたり

小腹が空いたら、自由に飲食も可能です。

 

自分1人でも甘えずしっかり勉強に取り掛れる

タイプの人なら問題ないでしょう。

 

ただ、部屋にはマンガやゲームなどの

娯楽も多くある場合がありますので、

そういうものの誘惑に負けて、

勉強する前や勉強中についついマンガやゲームを

手に取ってしまい、つい時間を忘れて夢中になり、

そのままマンガやゲームに没頭して

勉強そっちのけになってしまったなんて

いうことになってしまう可能性もあります。

 

誰もいない1人だけの空間だと

つい甘えてしまって勉強出来ないという人は、

あえて人の目がある図書館などに身を投じることで、

勉強以外のことが出来ないように追い込む方が、

勉強がはかどる可能性があります。

 

自分が集中出来ない場所では、いくら頑張っても、

思うような成果が上げられないかもしれません。

 

まずは自分はどういうタイプの人間なのかを知り、

勉強に集中出来る場所を

早く見つけることが重要です。

 

スポンサーリンク
 




 

 

 

 

 

 

 

 

図書館で勉強すると得られるメリットとは?

 

図書館で勉強するメリットは、

勉強に集中しやすい環境であることがあげられます。

 

静かで落ち着いた雰囲気で、

暑い夏でも寒い冬でも図書館の中は

年中最適な室温と湿度に保たれています。

 

また、無料で利用できますし、長時間居ても

飲食店のように煙たがられることはありませんし、

あまり知ってる人に会うことがないのもの

特徴的ですね。

 

仮に知り合いとばったり会ったとしても、

図書館という場所柄あまり話し込まれることも

少ないと思います。

 

部屋と違って娯楽がないので、勉強以外のことに

脱線してしまうことも少ないのでは

ないでしょうか?

 

他の利用客の目もありますので、

ちゃんと勉強しなきゃいけないという気持ちにも

させられます。

 

また、図書館には、ありとあらゆるジャンルの本が

揃っていますので、参考文献がたくさんあります。

 

何か分からないことがあっても

その場で調べられるというのは、

図書館ならではのメリットではないでしょうか?

 

 

 

まとめ

 

図書館は、勉強するのに適した環境が

整っています。

 

ただ、人口が多い地域だと、

図書館の利用者も多く、席の確保が難しい

というところもあるかもしれません。

 

わざわざ図書館まで足を運ぶのですから、

席に座って落ち着いて勉強したいですよね。

 

図書館での席の確保が難しいという場合は、

図書館以外の勉強場所を見つけた方が

いいかもしれません。

 

ファミレスやファーストフード店、

漫画喫茶や友達の家など、図書館以外にも

勉強出来そうな場所はいくつかあります。

 

そうやっていろいろ試行錯誤しながら、

集中して勉強が出来る環境を見つけましょう。

 

自分にあった環境で集中して勉強が出来れば、

成果も上がると思いますよ。

 

 

 

 

スポンサーリンク



10代向け
tajisaiをフォローする
多事彩々
タイトルとURLをコピーしました