先進する会社はすでに始めてた!?4月の仕事の暇対策とは一体何!?

仕事の大部分が公共事業工事の建設会社は

突然暇な時期がやってきます(^-^;

 

私の旦那も建設業で

友達は女性だけど家業をついで

建設会社を経営しています。

 

決算期前の3月末は

猫の手を借りたいほど忙しく

土日も休みなしという状況が続くのですが

突如やってくる閑散期…

 

なんでこんなに暇なのか(..)

思わずため息が出てしまいます。

 

なぜ3月末まではめちゃ忙しいのか?

その理由は公共事業工事は決算前に

急いで仕事を終わらせないと

いけないためです。

 

困ったことがあります。

建設業界は日当制がほとんどなので

仕事がないなら従業員にはお金は入りません。

 

閑散期には旦那は交通整備などの

仕事をしています。

 

嫁としては会社内で対策をとってくれたら

良いな~と思ってしまいます。

 

ついでに日当制ではなく固定給なら

生活も安定するのになと思います。

 

友達の建設会社では4月に

暇になることを見込んで繁忙期に

民間工事の営業も行っているそうです。

 

猫の手を借りたいほど忙しい中でも

努力を怠らない、この姿勢こそが

閑散期に社員を暇にさせないコツです。

 

我が家も友達の建設会社に

5月にトイレのリフォームをお願いしました。

 

この時期は人員も確保しやすいので

安定して工事ができるし

見積もりを安く抑えることができるんだよ(^^)と

教えてもらいました。

 

閑散期に仕事がなくて困る、

なんてことが起きないよう

できる中小企業は繁忙期に

民間の仕事を取りに動いています。

 

 

当たり前だけどもう一度!なぜ建設関係のお仕事は4月に暇になるのか?

繁忙期と閑散期の差が大きいのは

仕事のほとんどが

公共事業の工事である建設会社です。

 

旦那が勤める会社もこのタイプで

特に昨年は熊本大地震による

公共事業工事が盛んに行われたので

3月末までは死ぬんじゃないか(^-^;と

心配してしまうほど早朝から深夜まで

仕事をしていました。

 

県に提出する資料作りもあり

よく会社に寝泊まりしていました。

 

ところが4月になって

超暇になってしまいました。

 

毎年こんな感じなのですが

公共事業は決算期前に仕事を

終わらせないといけないため

3月末にかけてめちゃくちゃ忙しくなります。

 

その後4月~6月は国が予算を決める時期なので

仕事がありません。

 

予算が決まったらまた仕事が忙しくなる

というサイクルです。

 

スポンサーリンク
 




 

 

 

 

社員を暇にさせないために中小企業でもできる対策とは?

現在のところ仕事が暇になる4月~6月は

社員は工場や警備会社、その他アルバイトを

期間限定で行っているのがほとんどだと思います。

 

友達は閑散期だからこそのメリットを

最大限にアピールして

民間工事の仕事をゲットしています。

 

リフォームを専門に行っていて

我が家もトイレを和式→洋式に

リフォームしてもらいました。

 

一般的な相場は50万円超えですが

40万円代で工事してもらえました。

 

閑散期だからこそ

工事費用を抑えることができるそうです。

 

繁忙期には人員を集めるのが難しくなるため

工事費用が高くなるとのことでした。

 

その他感じたメリットがあります。

・仕事の対応が早い!

・計画通りに工事が進む

・スケジュール変更にも柔軟に対応してくれる。

・工事費用が安い!

 

先進する会社は繁忙期にすでに

閑散期に向けての仕事を得るために

営業をかけています。

 

閑散期に仕事がなくて暇で困っている経営者さんは

民間工事の仕事を取ることをおすすめします。

 

 

さいごに

いかがでしたか?

 

閑散期は人員が確保しやすく

お客さんに決め細かな対応やサービスができる

貴重な期間です。

 

会社のイメージアップにもつながります。

 

この時期にしか出来ないことを

最大限にアピールすることで

仕事を得ることができます。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

 

スポンサーリンク



50代男性向け
tajisaiをフォローする
多事彩々
タイトルとURLをコピーしました