連休明けに死にたくなる人を救う方法はある?その人の特徴から考える!

 

連休明けに死にたくなる人は少なくありません。

 

連休明けに死にたくなる理由は

主に学校や職場へ強いストレスを

抱えているからです。

 

死にたいと思い詰めている人は

完全に自分の殻に閉じこもっている

状況にあります。

 

友達や知人としてできることは

話を聞いてあげることです。

 

話を聞くことは大きな救いになり

相手の居場所を作ることになります。

 

状況が深刻すぎると判断した時は

精神科医やカウンセラーなど

専門的な知識を持つ人に助けを求めることも

友達や知人の命を救うことになります。

 

連休明けに死にたくなる人ってどんな人?

 

連休明けに死にたくなる人の特徴として

学校や会社などある環境に対して強い

ストレスを感じていることがあげられます。

 

性格は真面目で完璧主義者、

思い詰めやすい人が多いです。

 

たとえば大学にものすごく行きたくないと

悩んでいる大学生がいるとします。

 

連休が明けて家にいると

親から強く怒られるため家を出ます。

 

家を出て行き場所がないと

死んだ方が楽じゃないかと

思い詰めてしまうのです。

 

もしも楽観的な性格をしているなら

図書館などで時間を適当に

つぶすこともできます。

 

真面目な性格だと自分が悪いのではないかと

自分のことを責めるようになります。

 

実はこの話は私の体験談です(^^;)

 

大学時代はいっそ死んだ方が楽だと

毎日のように考えていました。

 

当時の心境を考えると道路に

飛び出していてもおかしくはない

状況にありました。

 

会社勤めをしている場合は

仕事内容や職場の人間関係に不満や

ストレスを抱えていることが考えられます。

 

仕事がきつすぎたり、

自分のキャパシティーを超えていると

仕事に行きたくなくなります。

 

職場の人間関係がうまくいかない場合も同様に

仕事に行くことを考えると拒絶反応が出ます。

 

 

連休明けに死にたくなる人を救ってあげられる方法はあるのか?

 

連休明けに死にたくなる理由別に

救ってあげる方法についてご紹介します。

 

【孤独や人間関係で死にたくなる。】

 

居場所を作ってあげることが大切です。

 

居場所がどこにもないと感じて

死を選ぶ人が少なくないためです。

 

自分の悩みを聞いてくれて

共感してくれる人の存在は大変大きいです。

 

周りに連休明けに死にたくなると

悩んでいる人がいるなら

まずは話を聞いてあげてください。

 

あなたの行動が友達や知人の

大切な命を救うことになります。

 

 

【仕事内容が辛くて死にたくなる。】

 

社会人になると仕事内容に

何かしら問題があり精神的に

追い詰められてしまうことが多々あります。

 

このような人がいたら話を聞き

どんな仕事なら合うのか考えて

アドバイスをすることをおすすめします。

 

今の仕事に縛られることはない、

転職するのも1つの方法だよと

言ってもらうだけでも心が楽になります。

 

真面目な人の中には仕事を辞めることに

強い抵抗感を抱いている人も

少なくありません。

 

話を聞いて自分では救えないくらいに

深刻な状態にあると判断した時は

第三者の力を借りることも大切です。

 

第三者というのは専門的な知識を持つ

精神科医やカウンセラーなどがいます。

 

悩みすぎると鬱病などの病気を

発している可能性があります。

 

精神科に通うことを良くないとする

見方をする人もいますが、

私はそうは思いません。

 

足の骨を折った時は整形外科を受診するように

心が病気になった時は精神科を受診することも

重要なことです。

 

 

さいごに

 

連休明けに学校や職場への強いストレスから

死にたくなる人は少なくありません。

 

もしも憂鬱な表情の人が周囲にいるなら

話を聞くだけで大きな救いになります。

 

最後までお読みいただき

ありがとうございました。

 

スポンサーリンク



20代向け
tajisaiをフォローする
多事彩々
タイトルとURLをコピーしました