垂井曳山祭りの歴史や見どころ・アクセスを体験談とともに紹介!

今回ご紹介するのは「垂井曳山祭り」です。

 

岐阜県不破郡垂井町にある八重垣神社とその一帯で

毎年5月の3連休に行われます。

 

気候的にもとても過ごしやすい時期ですよね(^^)

 

豪華な3輌の曳山に子供歌舞伎狂言や練り歩き。

 

見どころも満載です!

 

垂井曳山祭りの歴史や内容、

口コミ感想などについて

ご紹介していきたいと思います。

 

 

 

垂井曳山祭り基本情報!

 

開催場所は八重垣神社と垂井宿一帯になります。

 

開催日は5月2〜4日の3日間です。

 

2日は試楽、3日は本楽、

4日は後宴と呼ばれています。

 

後宴は20時20分から始まる千秋楽をもって

お開きとなります。

 

垂井曳山祭りの歴史は大変古く

660年以上続いていると伝えられています。

 

垂井曳山祭りはゴールデンウイーク中のため

たくさんの人で賑わいます。

 

屋台なども多数出店されるため

ご飯の心配もいりません♪(^^)

 

宮崎県名物の肉巻きおにぎりが

登場した年もあります。

 

 

八重垣神社へのアクセスをまとめておきますね。

 

◇JR東海道線「垂井駅」から徒歩で約14分

 

◇名神関ヶ原ICから車で約15分

 

◇東海環状大垣西ICから車で約15分

 

 

垂井曳山祭りの期間内は

会場一帯で交通規制が行われます。

 

駐車場は全部で7ヶ所あるのですが

交通規制区域外にあるため

場所によってはかなり歩かなければなりません

 

JRを利用して垂井駅から歩いた方がスムーズです。

 

 

 

 

垂井曳山祭りの見どころはここ!

 

3日間に渡って開催される垂井曳山祭りは

見どころポイントがたっぷりあります。

 

曳山

 

曳山とはお祭りの時に

引いたり担いだりする山車(だし)のことです。

 

垂井の曳山は漆塗りに

蒔絵や彫刻金具がほどこされて

豪華な雰囲気です。

 

そして曳山の屋根の上部には

三種の神器が取り付けられています。

 

垂井曳山祭りでは3輌の曳山が登場します。

 

東町の曳山は鳳凰山(ほうおうざん)、

西町の曳山は攀鱗閣(はんりんかく)、

中町の曳山は紫雲閣(しうんかく)

と呼ばれています。

 

豪華な曳山が曳き回される光景は圧巻です。

 

 

子供歌舞伎狂言

 

小学生の男の子達だけで演じられる

歌舞伎も見どころポイントの1つです。

 

歌舞伎の練習は約2週間で

集中して行われるそうです。

 

その期間は学校を欠席したり

早退する子も多いそうです。

 

 

古式練り込み

 

5月3日に行われます。

 

大人に付き添われた芸児達が練り歩きます。

 

その行列を見るために

多くの見学者が集まります。

 

スポンサーリンク
 




 

 

 

 

垂井曳山祭りの口コミ感想は?

 

実際に垂井曳山祭りを見学した人達の

口コミ感想を一部ご紹介します。

 

@子供歌舞伎狂言を見に行きました。

 

ものすごく人が集まっていました。

3日間で1万人以上の人が集まるそうです。

 

子供歌舞伎ではお化粧をし

衣装を身に着けた子供達が

見事に演じきっていました。

 

練習は10日くらいで集中して行われたそうです。

 

子供の吸収力はすごいですよね(@@;)

 

 

@3輌の曳山が揃ったその光景に圧倒されました。

 

動き出すと揺れたり斜めになったりと

ものすごい迫力でした。

 

 

@5月4日の最終日は

20時20分の千秋楽をもってお開きとなります。

 

曳山がライトアップして

昼間とは違い幻想的な空気に包まれます。

 

 

@子供達の歌舞伎が大人顔負けの名演技でした。

表情も豊かで演技にも力が入っていました。

 

愛らしい子供達の姿に癒やされました。

 

また来年も見に行きます!

 

 

 

さいごに

 

いかがでしたか?

 

垂井曳山祭りについてご紹介しました。

 

3輌の曳山と芸児の子供達が主役のお祭りです(^^)

今後も長く続いていくことでしょう。

 

最終日の千秋楽もロマンチックで素敵な

雰囲気ですよね〜

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました