三重県桑名市で開催される金魚まつりの日時・見所・体験談を紹介!

今回紹介するのは三重県桑名市で開催される

金魚まつり」です!

 

開催日は5月2・3日の2日間です。

 

開催場所は九華公園内にある鎮国守国神社です。

 

そのお祭り内容がなんとも珍しいんですよね〜(@@;)

 

桑名市にある金魚屋が

それぞれ自慢の金魚を持ち寄って

境内に店を出すそうです。

 

こんなお祭りがあるなんて初めて知りました。

 

飲食の露店なども立ち並び

お祭り当日は和気あいあいとした

雰囲気に包まれます。

 

金魚神輿なるものもたくさん登場するようです。

 

お揃いのはっぴを着た子供達が

金魚神輿を担ぐ姿が可愛すぎる

話題になっています。

 

とても楽しそうなお祭りですよね〜

 

三重県桑名金魚まつりの内容や

口コミ感想などもご紹介します。

 

 

 

三重県桑名金魚まつりの基本情報!

 

桑名金魚まつりの開催日は

5月2と3日の2日間です。

 

ゴールデンウイーク中ですね〜

 

開催場所は九華公園内の中心部にある

鎮国守国神社です。

 

ちんこくしゅこくじんじゃと読みます。

 

九華(きゅうか)公園は桜やつつじ、

花菖蒲の名所として知られています。

 

地元の人達からは憩いの場として

親しまれています(^^)

 

金魚まつりのお祭り当日は

ゴールデンウイーク中でもあるため

たくさんの人で賑わいます。

 

2日間の来場者数は13000人にもなったそうですよ。

 

アクセスや駐車場など気になりますよね。

 

鎮国守国神社へのアクセスや

駐車場情報をまとめておきますね。

 

◇JR桑名駅からバスに乗り「本町」で下車。

 

バス停より徒歩約5分

 

◇近鉄桑名駅・養老鉄道桑名駅からバスに乗り「本町」で下車。

 

バス停より徒歩約5分

 

◇東名阪道桑名ICから約20分

 

 

 

駐車場は65台分あります。

 

駐車場の料金は200円です。

 

でも来場者数があまりにも多いため

公共交通機関を利用した方が無難ですね。

 

 

 

スポンサーリンク
 




 

 

 

 

三重県桑名金魚まつりの見どころポイントは?

 

三重県桑名金魚まつりの

見どころポイントをご紹介しますね(^^)/

 

露店

 

桑名金魚まつりの始まりは

明治時代にさかのぼります。

 

明治時代に鎮国守国神社で金魚市が行われ

それが現在も引き継がれています。

 

以前は40もの金魚販売業者が金魚まつりに

出店していたそうです。

 

時代の流れで現在は

金魚すくいの露店が多いそうです。

 

またりんご飴などお祭りらしい露店も

所狭しと立ち並んでいます。

 

露店がたくさんあるのは

テンションが上がりますよね〜

 

朝から夜まで多くの人で賑わうそうです。

 

 

金魚神輿

 

各町から金魚の形をした神輿が勢揃いします。

 

同じはっぴを着た子供達が

金魚神輿を担ぎ練り歩きます(^^)

 

元気いっぱいに金魚神輿を担ぐ

光景も見どころポイントの1つです。

 

 

では実際に三重県桑名金魚まつりを

見学した人達の口コミ感想を一部ご紹介します。

 

@桑名金魚まつりに行きました!

 

お揃いのはっぴできめた

小さな子供達がたくさんいました(^^)

 

小さな子供達が一生懸命金魚のみこしを担ぐ姿が

とても可愛かったです♪

 

 

@夜になっても人が少なくなることはありません。

 

桑名金魚まつりは子供達が

すごく楽しみにしているお祭りです。

 

あちこちではしゃぐ

子供達の姿が飛び込んできます。

 

1日中楽しめるのが良いですね♪

 

 

 

さいごに

 

いかがでしたか?

 

三重県桑名で開催される

金魚まつりについてご紹介しました!

 

同じはっぴを着た子供達の

金魚神輿を担ぐ姿はとても可愛いですね〜

 

朝から夜まで楽しめるお祭りとのことで

見学してみたいなと思いました。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました