雲浜獅子の歴史、見どころ・アクセス情報を体験談とともに紹介!

福井県の無形民俗文化財に指定されている

伝統芸能「雲浜獅子」についてご紹介します。

 

雲浜獅子と書いて「うんぴんじし」と読みます。

 

珍しい読み方ですよね。

 

雲浜獅子はどこで鑑賞することが

できるのでしょうか?

 

毎年5月の2・3日に開催される

小浜神社のお城祭りで

雲浜獅子を鑑賞することができます。

 

小浜神社のお城祭りの基本情報や

雲浜獅子の由来、口コミ感想などについて

ご紹介します(^^)/

 

 

 

雲浜獅子の由来や内容は?

 

雲浜獅子には380年以上の実に長い歴史があります

 

雲浜獅子が始まったのは

1634年頃と伝えられています。

 

小浜藩主である酒井忠勝が演技者を集め

それぞれに住居と食糧を与えました。

 

その演技者達を雲浜獅子と

名づけたとされています。

 

そして神社の祭礼や祝典以外には

演じることを厳しく禁じました。

 

雲浜獅子が大変神聖なものとして

扱われていたことが分かりますね。

 

時代の流れで雲浜獅子が

一時途切れたこともあるそうです。

 

しかしその後復活し現在に引き継がれています。

 

 

雲浜獅子とはどのような舞いなのでしょうか?

 

 

雲浜獅子は迫力のある激しい舞いが特徴です。

 

しかし激しいだけではありません。

 

登場するのは雄の老獅子と

若い獅子、雌獅子の3頭です。

 

序・破・急の三部構成となっています。

 

舞いの始まりでは2頭の雄獅子が

1頭の雌を激しく奪い合います。

 

でも最終的に2頭の雄は仲直りの舞いを行います。

 

人生の教訓が学べる内容になっています。

 

 

実際に雲浜獅子を鑑賞した人達の

口コミ感想をご紹介しますね。

 

@笛や太鼓の囃子にのって獅子が激しく舞います。

間近で見るとかなりの迫力があります。

 

雌の獅子役が小学生の女の子と聞き

大変驚きました。

 

 

@ただ激しく舞うのではなくドラマを感じます。

 

雄の老いた獅子と若い獅子は最終的に仲直りし

「友連れの舞」で演技が終わります。

 

 

@雲浜獅子の練り歩きを見学しました。

 

笛や太鼓や威勢のよい掛け声が響き渡り

お祭りムードに包まれました。

 

スポンサーリンク
 




 

 

 

 

 

小浜神社のお城祭り基本情報!

 

雲浜獅子を間近で見れる場として

小浜神社で開催される

例大祭・お城祭り」があります。

 

お城祭りが開催されるのは

5月2・3日の2日間です。

 

 

福井県小浜神社までのアクセスをご紹介しますね。

 

◇JR小浜駅からタクシーに乗り約5分

 

◇車を利用する場合は小浜ICから約10分

 

 

 

お城祭りの2日間は

伝統芸能が順番に奉納されます。

 

2日間は朝から盛りだくさんの

内容となっています。

 

雲浜獅子のスケジュールは

次のようになっています。

 

雲浜獅子(5月2日)

11:00  本陣出発

12:30  小浜市文化会館

15:00  関・上竹原

16:00  水取神輿本陣

17:00  広峰神社奉納

19:00  本陣

 

 

雲浜獅子(5月3日)

08:15  本陣出発

10:00  お城太鼓 本陣

11:00  小浜神社宮入

14:00  雲浜太鼓会本陣

17:00  山手太鼓会本陣

19:00  本陣

 

 

中でも雲浜獅子と棒振り大太鼓が目玉

になっています。

 

雨の日は雲浜獅子が

中止になることもあるそうです。

 

 

さてお城祭りでは2日と3日の

両日雲浜獅子が奉納されています。

 

地区内の練り歩きの後に

小浜神社に宮入りして奉納されます。

 

 

 

さいごに

 

いかがでしたか?

 

福井県小浜市に古くから伝わる

雲浜獅子についてご紹介しました。

 

元気をたくさんもらえそうなお祭りですね。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました