どんき祭り | 全国お祭り大調査!

ユニークな奇祭を見つけてしまったので

今回紹介することにしました!

 

愛知県豊川市にある長松寺で

毎年12月に行われている「どんき祭り」です。

 

地元の若者達による白狐や赤天狗、

青天狗がなんのためらいもなく

子供達を捕らえては紅ガラを

顔や身体に塗りつけるそうです(@@;)

 

紅ガラとは黄土を焼いて作った顔料のことです。

 

顔に塗ると当然ですが真っ赤になります…

 

一体どのような意味が

込められているのでしょうか!?

 

どんき祭りが開催される

長松寺の基本情報や内容、

実際に参加した人の口コミ評判をまとめました!

 

 

愛知県豊川市長松寺とどんき祭りの基本情報!

 

長松寺では毎年12月の第3日曜日に

「火防の祈祷」が行われます。

 

時間は13時半から5時までです。

 

どんき祭りはその中で行われる行事の1つです。

 

手にどんきと呼ばれる木の棒を持った

白狐や赤天狗、青天狗のかっこうをした

若者達の行列で14時頃から始まるそうです。

 

この行列はただの仮装行列ではありませんよ。

 

どんき祭りを行列を見に来ている

子供達を捕まえては顔や身体に

真っ赤な顔料を塗りつけていくんです(@@)

 

奇祭と呼ばれるのもなるほど納得ですね。

 

小さい子供達は紅ガラを塗られると

大泣きするそうですが、

小学生くらいになると逆に

からかったりするそうですよ。

 

なんだか元気があって楽しそうなお祭りですね〜

 

地域が子供や若者を中心に

盛り上がっているのを見ると

なんだかホッとします。

 

過疎化や少子化で伝統行事が廃れているためです。

 

さて気になるのは一体なぜ

こんなことをするのかですよね。

 

調べたところ子供が紅ガラを塗られると

1年間無病息災のご利益があるという

言い伝えがあることが分かりました。

 

この行事は約220年前から行われているそうです(^^)

 

歴史のある伝統行事だったんですね。

 

顔や身体に紅ガラを塗られ、

全身真っ赤になった子供達の間からは

悲鳴や喜びの歓声などが上がるそうです!

 

一度参加してみたいなぁと思いました。

 

 

では長松寺へのアクセスをまとめておきますね。

 

電車で行く場合はJR「愛知御津駅」から

徒歩で約15分です。

 

車を利用するなら

東名高速「豊川IC」または「音羽蒲郡IC」から

約15分です。

 

駐車場は無料ですが

20台しか駐車するスペースがないため

公共交通機関を使った方が無難だと思います。

 

スポンサーリンク
 




 

 

 

ユニークで楽しいどんき祭りの口コミ評判まとめ

どんき祭りを実際に間近で見た人達の

口コミ評判を見ていたら、

けっこうハードなお祭りだなと感じてしまいました。

 

小さい子供や怖がっている子供には

紅ガラを塗るのをためらってしまいそうですが

お構いなしに塗りまくっていますΣ(゚Д゚)

 

それでは実際にどんき祭りを

間近で体験した人達の口コミ評判を

ご覧ください!

 

 

■白狐や赤天狗、青天狗から逃げるスリルがたまらない。

(子供達の感想です。)

 

 

■小さな子供が泣いているが

無病息災を願い親が赤天狗に子供を差し出して

紅ガラを塗ってもらっている。

 

 

■行列の周りでは

子供達の悲鳴や大人達の笑い声などが

入り混じりとても賑やかです。

 

 

■寒い中子供達が元気に走り回ります(^^)

見ていると元気を分けてもらえますね。

 

 

■門前にはアマチュアカメラマンが

たくさん集まっています。

 

良い場所を取るためにかなり早くから

場所取りをしているようです。

 

 

さいごに

いかがでしたか?

 

愛知県豊川市の長松神社で毎年冬に開催される

どんき祭りについてご紹介しました(^^)

 

若者と子供が主役の元気なお祭りですね。

 

子供達は顔中真っ赤に塗られてますが、

石鹸で簡単に落ちるのかすごく気になります…

 

見ているだけで寒さも吹き飛び、

無病息災のご利益がありそうですね。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました