横浜市鶴見区生麦の神社で行われる蛇も蚊も祭りの情報を紹介!

今回紹介するのは”蛇も蚊も祭り”です。

 

“じゃもかも”と読みます(^^)

 

 

横浜市鶴見区生麦の2ヶ所の神社で行われる

お祭りです。

 

それにしてもかなりインパクトの強い

名前ですよね〜

 

どんな意味や由来のあるお祭りなのでしょうか?

 

“蛇も蚊も祭り”の開催日時や

駐車場、口コミ情報などと共にご紹介します(^^)/

 

 

 

蛇も蚊も祭りの開催日時や駐車場情報

 

横浜市鶴見区生麦の

本宮地区と原地区の2ヶ所を

拠点とし開催されます。

 

開催日は6月の第1日曜日です。

 

この時期は旧暦だと

端午の節句の時期にあたります。

 

そのため子供達もたくさん参加しています(^o^)

 

主役はカヤで作った巨大な大蛇です!

 

地元住民による手作りです。

 

なんと大蛇の全長は

20メートルもあるんですよ〜(@@;)

 

この大蛇を担いで町中をねぶり歩くのが

“蛇も蚊も祭り”の全貌です。

 

 

でも蚊はどこに出てくるのでしょうか…

 

どんな意味や由来があるのかについては

後ほどご紹介します。

 

 

さて、本宮地区と原地区に

分かれての開催とのことで、

拠点となる場所や時間などについてまとめました。

 

【本宮地区】

 

本宮地区の拠点となるのが道念稲荷神社です。

 

道念稲荷神社から大蛇が担ぎ出されます。

午前9時頃には大蛇の行列がスタートします。

4時間くらいかけて町中をねぶり歩きます。

 

道念稲荷神社へのアクセスや

駐車場情報をご紹介します。

 

駐車場はないため

公共交通機関を使うのがおすすめです。

 

最寄り駅の生麦駅からは徒歩で約10分です。

 

お散歩がてらちょうど良い距離です(*´ェ`*)

 

 

【原地区】

 

原地区の拠点となるのは神明社です。

 

原地区の出発時間は午後1時半です。

 

本宮地区よりも遅い時間からの

スタートになります。

 

12時くらいから準備が始まります。

大蛇の行列が終わるのは午後5時くらいです。

 

神明社にも利用できる駐車場がないため

公共交通機関を利用するのがおすすめです。

 

最寄り駅の京急生麦駅から徒歩で約7分です。

 

スポンサーリンク
 




 

 

 

 

 

 

 

 

蛇も蚊も祭りはどんな意味や由来がある?気になる内容は?

 

蛇も蚊も祭りは400年近く続いている

古い歴史のあるお祭りです。

 

横浜市の無形民俗文化財にも指定されています。

 

町内の至る所で独特の

おはやしを聞くことができます。

 

蛇も蚊も出たけい、日和の雨けい」と

唱えているとのことです。

 

もともとは疫病を鎮めるために

行われていたそうです。

 

蛇も蚊も祭りの開催日は

旧暦の端午の節句の時期にあたります。

 

そのため現在は

子供達が健やかに育ちますようにとの祈りも込めて

行われるようになってます。

 

端午の節句も兼ねているため、

蛇も蚊も祭りは紅白の柏餅が

子供に振る舞われて終わります。

 

町中をねぶり歩いた大蛇は翌日に燃やされます。

 

 

それはそうと「蛇も蚊も」の

ネーミングの由来が気になりますよね。

 

諸説あるようで絶対に正しいとは言えませんが、

ある説をご紹介します。

 

蛇には疫病をもたらす悪霊を祓う意味があります。

 

一方、蚊は病気を伝染させる意味を持つものです。

 

蛇と蚊を一緒にすることで

疫病や病気を根絶するとの

意味が込められているようです。

 

 

それでは蛇も蚊も祭りに実際に参加した人の

口コミをご紹介します(^^)/

 

@大蛇を担いだ行列がお店やマンションの中にも

ガンガン入っていきます。

 

お店の人も皆笑顔で出迎え、

人の繋がりが感じられます。

 

 

@大蛇がお店の中に入ったため

撮影したいと思い自分も中に入りました。

 

お店の人は快く応じてくれました。

 

人の温かさも感じられるお祭りです。

 

 

 

さいごに

 

いかがでしたか?

 

横浜市鶴見区生麦で毎年開催される

蛇も蚊も祭りについてご紹介しました(^^)/

 

子供の参加も多く

元気がたくさんもらえそうですね。

 

最後までお読みいただき

ありがとうございました。

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました