伊江島の海神祭の日時・アクセス情報を体験談とともに紹介!

空と海がとても綺麗な沖縄県伊江島で開催される

海神祭(パーリ)をご紹介します。

 

毎年旧暦の5月4日頃に開催されます。

 

海神祭が終わると

本格的な夏はもう目の前です

 

海上では伝統漁船サバニを使ったレースが

繰り広げられます。

 

会場では飲食の出店や

ちびっこ相撲などのイベントが行われます。

 

この日は朝から晩まで大にぎわいとなります(^o^)

 

伊江島の海神祭の日時やアクセス情報を

体験談とともに紹介します。

 

 

 

伊江島の海神祭の日時・アクセス情報!

 

 

海神祭は大漁祈願と

航海の安全を祈願するお祭りです。

 

沖縄の各漁港で5〜6月頃に開催されます。

 

伊江島の海神祭の開催日は

【旧暦の5月4日頃】です。

 

2018年度は6月17日の日曜日でした。

 

2019年度も6月中旬の日曜日になる可能性が

非常に高いです。

 

 

この日は朝から夜まで

イベントが盛りだくさんです♪

 

海神祭の目玉となるのは

会場で繰り広げられる漁船サバニのレースです。

 

例年イベント内容はほぼ同じです。

 

過去のイベントのスケジュールを

ご紹介しますね(・ิω・ิ)

 

海神祭は午前7時30分の

祈願からスタートします。

 

大漁祈願と航海の安全を祈願するための

お祭りですからね。

 

その後午前中にちびっこ相撲などが

開催されます。

 

午後に開会式が開かれ、

その後は漁船のレースが始まります。

 

漁業関係者によるレースや学生のレース、

一般参加によるレースなど種目も豊富です。

 

17時前には表彰式が終わります。

 

その後は踊りや太鼓、カラオケ大会などで

一気にお祭りムードに包まれます。

 

20時くらいまで開催されます。

 

 

メイン会場となるのは【伊江港大口浜】です。

 

会場までのアクセスと駐車場情報について

ご紹介します(^o^)

 

会場は伊江港から徒歩ですぐの場所にあります

 

◇那覇空港からバスで約2時間

 

◇沖縄道許田ICから国道58号経由で約30分

 

無料駐車場が50台あります。

 

スポンサーリンク
 




 

 

 

 

 

 

 

 

伊江島の海神祭の見どころは?体験談をご紹介!

 

 

伊江島の海神祭には

1500人もの見学者が訪れます

 

実際に見に行った人の体験談をご紹介します(^^)/

 

@毎年フェリーで伊江島を訪れます。

 

目的は海神祭に参加するためです。

 

伊江島ではレンタカーを借りると便利です。

 

今年は鳥羽一郎がゲストでした。

カラオケ大会の審査員を務めていました。

 

日が沈んだ後もみんなでワイワイ楽しみました。

 

もちろん来年も来ます!

 

 

@サバニと呼ばれる漁船のレースが

最大の見どころポイントです。

 

中でも迫力があるのは

島の海人による転覆競漕です。

 

会場中が大興奮して盛り上がります。

 

夕方を過ぎ表彰式が終わると

一気に夏祭りモードに突入します。

 

沖縄独特の音楽が流れ

心地よく過ごすことができました。

 

小学生のソーラン舞踊も

一生懸命でとても良かったです。

 

 

@毎年観光を兼ねてフェリーで訪れます。

 

台風が来ないか毎年ヒヤヒヤしますが、

今年も無事にやって来ることができました!

 

ホテルに宿泊するので

海神祭は朝から晩まで

ゆっくり過ごすことができます(^^)

 

当日はマグロの解体ショーがあったり

沖縄の食事も堪能することができました。

 

 

@見事に晴れました〜!

 

本当に空と海が綺麗です♪

玩具や飲食の出店も充実しています。

 

子供達はみな楽しそうでした。

 

海上で繰り広げられる

レースをカメラで撮影している人も

たくさんいました。

 

 

 

さいごに

 

いかがでしたか?

 

沖縄県伊江島の海神祭(パーリ)を

ご紹介しました(^^)/

 

沖縄の雰囲気が満喫できるお祭りです。

 

観光も兼ねて訪れましょう。

 

最後までお読みいただき

ありがとうございました。

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました