清水の提灯祭りの日時・アクセス情報を体験談とともに紹介!

当ブログでは全国各地の

様々なお祭りをご紹介しています。

 

今回スポットライトを当てるのは

清水の提灯祭り“です。

 

愛知県設楽町清水地区にある津島神社で

毎年開催されます。

 

夜空に照らされる提灯がとても風情があります。

 

でもハイライトはかなり迫力があります!

 

かなり激しい参拝者による

提灯やヤナギの奪い合いが繰り広げられます(@@;)

 

清水の提灯祭りの日時やアクセス情報を

体験談とともにご紹介します。

 

 

 

清水の提灯祭りとは?日時やアクセス情報もご紹介!

 

 

清水の提灯祭りは毎年

【6月30日】に開催されます。

 

開催時間は【18:00~21:00】までです。

 

18:30頃から提灯に灯が灯されます。

 

行列は20時頃から始まります。

行列は頭屋から津島神社へと進みます。

 

津島神社に約150張りの

提灯を灯した山車が奉納されると…

 

いよいよお祭りのハイライトが始まります!

 

激しい提灯の奪い合いが始まります

 

どのような様子なのかは

後ほど体験談のところでご紹介しますね(^o^)

 

清水の提灯祭りの開催場所となるのは

津島神社】です。

 

津島神社へのアクセスをご紹介します。

 

バスを利用することもできます。

 

でもバスの本数が少なすぎるため

車かタクシーの利用をおすすめします。

 

タクシーを利用する場合、

最寄り駅はJR「本長篠駅」です。

 

約1時間のところに津島神社があります。

 

車で行く場合は、

新東名高速新城ICから国道257経由で

約50分間です。

 

お祭り当日に利用できる

無料駐車場は50台あります。

 


 

 

ちょっとここで注意点があります。

 

初めて津島神社に車で行った人達から

次のような声が上がっています。

 

@津島神社へは目標物がないため、

初めて行くと通り過ぎる可能性があります!

 

@津島神社は分かりづらいと聞いてました。

 

私も通り過ぎてしまいました(^o^;)

 

 

津島神社はかなり分かりにくい場所にあります

 

初めて行く方は気をつけてくださいね。

 

それでは清水の提灯祭りがどのようなものか

体験談をのぞいてみましょう。

 

スポンサーリンク
 




 

 

 

 

清水の提灯祭りに参加した人の体験談!

 

清水の提灯祭りを見学した人と

お祭りの準備に実際に加わった人とに分けて

体験談をご紹介します。

 

【祭りの準備に加わった人の体験談】

 

毎年祭りの準備に加わっています。

 

屋台組と神社組に分かれて

朝から準備を行います。

 

屋台組は提灯の紐つけや

縁起物の作成などを行います。

 

縁起物とはヤナギと呼ばれる

竹の棒に5色の紙をつけたものです。

 

神社組は津島神社の整備にあたります。

 

掃除や草取りなどを行います。

 

準備が済むと地区の女性らが作った

手作り料理を皆で食べます。

 

会食が終わるといったん解散となります。

 

 

【清水の提灯祭りを見学した人の体験談】

 

@提灯をたくさん灯した山車が

津島神社に奉納されると

いよいよハイライトです!

 

参拝者に提灯や縁起物のヤナギが投げられます。

 

すると待ってましたとばかりに、

我先にと奪い合いが始まります。

 

参拝者はかなり本気モードで奪い合いをします。

 

これらを玄関などに飾ると

“夏病みしない”との言い伝えがあります。

 

 

【清水の提灯祭りを見学した人の体験談】

 

雨上がりだったので少し肌寒かったです。

 

夜にたくさんの提灯に

灯りが灯される光景は風情があります。

 

 

 

さいごに

 

いかがでしたか?

 

愛知県設楽町清水地区で開催される

“清水の提灯祭り”をご紹介しました。

 

お祭りのハイライトとなる提灯の奪い合いは

最大の見どころポイントですね♪

 

最後までお読みいただき

ありがとうございました。

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました