ヘトマト | 全国お祭り大調査!

へトマト?(@@;)

 

トマトを投げたりするお祭りではありません。

 

イタリアのトマト祭りではありません。

 

長崎県の五島列島にある

五島市に古くから伝わる民俗行事です。

 

国指定重要無形民俗文化財に登録されています

 

へトマトと名付けられた行事、

内容が気になりますね〜

 

内容はかなり変わっていて一部では

奇祭と呼ばれているそうなんですΣ(゚Д゚)

 

 

へトマト基本情報!

 

へトマトが行われるのは

長崎県五島市にある下崎山町です。

 

豊かな自然に囲まれた町で海が本当にきれいです!

 

開催日は毎年1月の第3日曜日です。

 

へトマトはお正月の行事なんですね〜

 

へトマトは国指定重要無形民俗文化財に

登録されています。

 

でもかなりの謎っぷりです(>ω<)

 

五島市の公式ホームページを調べたところ

次のように書かれていました。

 

へトマトは豊作・子孫繁栄・大漁をお願いする

小正月の行事である。

 

それにしても気になるのが

へトマトという名前です。

 

一体いつ誰がどんな理由で

へトマトと名付けたのかめっちゃ気になります(>ω<)

 

衝撃の事実が判明しました。

 

へトマトの起源や語源は

一切分かっておらず不明である。

 

 

また内容もかなり独特で変わっているそうです。

 

未婚の女性が次々ととらえられて

大きなワラジの上で胴上げされるそうです。

 

こんなお祭り今まで聞いたことがありません。

 

気になるへトマトの内容について

さらに詳しく調べてみることにしました。

 

スポンサーリンク
 




 

気になる奇祭へトマトの内容とは!?

へトマトは小正月の行事なので

1月の寒い時期に行われます。

 

祭り当日の午後、白浜神社が始まりとなります。

 

白浜神社の境内で子供や青年による

「宮相撲」が行われます。

 

その後、着飾った新婦2人が

酒樽に乗って羽つきをするそうです。

 

かなり注目を集めるため

お嫁さん達は恥ずかしいのではないでしょうか?(>ω<)

 

新しく五島市に嫁いだお嫁さんのお披露目という

意味もあるのかもしれませんね。

 

その後もトライアスロンのごとく

次々と競技?が行われていきます。

 

身体にススを塗った若者が

激しくわら玉を奪いあったり。

 

豊作と大漁を願って綱引きしたり。

 

そしてなんと未婚の女性を

次々にとらえ大きなワラジの上に乗せ

胴上げするのですΣ(゚Д゚)

 

これも女性にとってはかなり

恥ずかしいのではないでしょうか…

 

謎の名前。

 

次々と行われるトライアスロン並みの激しい競技。

 

へトマトが奇祭と呼ばれる理由が

分かったような気がします(-.-;)

 

へトマトに実際に参加した人の感想まとめ

けっこう激しい内容のお祭りであるようです。

 

実際に参加した人の感想をまとめてみました(^^)

 

■テレビで放送され気になったので

行ってみました。

 

※「家、ついて行ってイイですか?」で放送

 

ワラジは3mくらいあり大迫力でした!

重さは350kgもあるそうです。

 

とらえられた女性の顔に

たくさんススが塗り付けられていました…

 

 

■宮相撲の青年団vs消防団の闘いが白熱していた!

しかもお笑いの要素もあり笑えた。

 

綱引きも男同士の激しい本気のぶつかり合いで

かなりの迫力があった。

 

 

■酒樽に乗った新婦2人が羽つき。

5回以上続くと子宝に恵まれると

地元住民の方が教えてくれました。

 

 

■へトマトを見るなら顔にススを塗られるのは

覚悟しておかないといけない。

 

ススが塗られていない人を探す方が難しいかも…

 

 

さいごに

いかがでしたか?

 

かなり謎が多い長崎県五島市に伝わる

へトマトについて紹介しました。

 

国指定重要無形民俗文化財に

登録されていたり内容もユニークです。

 

へトマトに参加するなら

顔にスス(しかも大量!)は

覚悟しておかないといけませんね。

 

でもあまり他県には知られていない

行事だと思います(^^)

 

これから先もずっと

語り継がれていくことになると思います。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました