鹿児島県垂水市のお祭り「おろごめ」の意味や口コミ情報を紹介!

鹿児島県垂水市のお祭り

おろごめ“についてご紹介します。

 

小学生の男の子たちが主役のお祭りです。

 

ところで”おろごめ”って

すごく不思議なネーミングですよね。

 

どのような意味があるのでしょうか?

 

由来と合わせて

“おろごめ”の意味についてご紹介します。

 

実際に元気いっぱいの

“おろごめ”を間近で見た人の

口コミ情報もご紹介します!

 

 

 

“おろごめ”の意味は?どんな由来があるの?

 

“おろごめ”が伝統行事として伝わっているのは

鹿児島県垂水市柊原地区です。

 

柊原の読み方は”くぬぎばる”です。

 

柊原地区は目の前に錦江湾と桜島を望む

海岸沿いにあります。

 

“おろごめ”の画像を見ましたが、

砂浜で上半身裸の男の子たちが

けっこう激しくつかみあっています(@@;)

 

投げ飛ばされたりしている子もいますね。

 

垂水市小学校はネットで

次のように説明しています。

 

“おろごめ”の歴史は江戸時代にさかのぼります。

 

“おろ”とは野生の子馬を追い込んで

捕まえるための囲いのことです。

 

武士が野生の子馬を”おろ”に追い込んで

捕まえていた姿がとても勇ましかったそうです。

 

子供たちもそのように勇ましく育ってほしい

との願いを込め行事として始めたのが

始まりと言われています。

 

つまり”おろごめ”とは

男の子の成長を願うお祭りなんですね。

 

現在も垂水市の小学校に通う

小学生の男の子達により毎年開催されています。

 

開催されるのは毎年6月5です。

 

 

次のようなルールで行われているそうです。

 

小学校の近くの海岸の砂浜に穴を掘ります。

 

上級生と下級生が組み合い

上級生が下級生を全員穴から

追い出したら終了となるそうです(^^)/

 

下級生は上級生を

叩いたり蹴ったりするのは自由だけど、

その反対は禁止されているそうです。

 

上半身裸で組み合う姿はまるで相撲のようです。

 

鹿児島県垂水市柊原地区には

“おろごめ”以外にも

子供が主役の伝統行事があります。

 

子供たちが新婚夫婦の家を訪れ

お菓子をもらうそうです。

 

日本版のハロウィンのようですね。

 

早く子供を授かりますようにとの

願いが込められています。

 

鹿児島県垂水市柊原地区では

子供たちが大切にされていることが

分かりますね(^^)

 

スポンサーリンク
 




 

 

 

 

 

 

 

 

“おろごめ”を実際に見学した人の口コミをご紹介

 

実際に”おろごめ”を見学した人の口コミ情報を

一部ご紹介します。

 

朝がかなり早いため

見学者はほとんどが地元住民とのことですが

一般見学もOK です(^^)/

 

場所は国道220号線沿いにある

柊原地区の海岸です。

 

開催される場所は分かりやすいとのことです!

 

@この地区に住む小学生の男の子達は

全員強制参加です。

 

朝とても早いですが、

この地区に住む人はほぼ

“おろごめ”を見に来ます。

 

叱咤激励が飛び交い大変盛り上がります。

 

2回戦行われますが1回戦で30分はかかります。

 

子供達が一生懸命取り組む姿は

壮観で感動を覚えました。

 

有名な行事であるため

テレビ局や新聞社の方も取材に来ていました!

 

 

@”おろごめ”に参加する小学生は

朝2時に集まります。

 

まだ暗い中、

松明の炎や懐中電灯の光に照らされた中で

“おろごめ”の取り組みが行われます。

 

あちこちから叱咤激励が飛び交いますが、

中でもこの地区に住む

年配の男性達の応援が熱いです。

 

昔は取り組み合いも今とは比べられないくらい

荒々しかったそうです。

 

耳を引っ張られたり、

鼻血を出すのも当たり前だったみたいです。

 

 

 

さいごに

 

いかがでしたか?

 

鹿児島県垂水氏の柊原地区に伝わる

伝統行事”おろごめ”についてご紹介しました。

 

この地区に住む小学生の男の子全員が

朝2時に集まり取り組みをするのは

すごいですよね。

 

この伝統行事ですが、

少子化により昔は8つあった穴が

1つにまで減ってしまったそうです。

 

昔から長く続く伝統行事であるため

これからも長く続きますように(*´ェ`*)

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました