入院時の保証人は誰が!?一人暮らしの高齢者に家族はどうしたら!?

入院すると書類に保証人を書く欄があります。

 

その時に注意しなければならないことがあります。

 

生計が同じで世帯が同じ家族は

保証人になれない病院が多い

ということですΣ(゚Д゚)

 

一緒に暮らしている家族は生計が同じなので

入院費の連帯保証人になれないのです。

 

夫が入院費を払えないなら

妻も払えないことがほとんどだからです。

 

入院は急に起きることも多いです。

 

いざという時に保証人探しで

バタバタ慌てないようにしましょうね(>ω<)

 

入院時の保証人になれるのは

生計と世帯が異なる親族です。

 

血縁関係がない友人や同居人、

会社の人でも保証人になることができます。

 

気をつかわなくて良いとの理由で

最近、民間の保証会社や保証人代行サービスが

人気となっています。

 

保証人は入院費の連帯保証人となるだけでなく、

緊急時の判断を迫られることもあります。

 

病状が悪化して

本人が意思疎通できなくなった場合、

通常であれば血のつながりが濃い

親族に連絡が来ます。

 

でも親族が見つからない時は

入院時の保証人に連絡が来ます。

 

入院している人に何か起きた時に

しっかりと対応できる関係にある人物であることが

保証人には求められます。

 

 

入院時の保証人は家族はなれない?その理由とは?

 

実に9割に近い病院で

入院時に保証人を立てることが求められます。

 

私はずっと保証人は家族がなるものと

勝手なイメージを抱いていました。

 

でも入院時の保証人は

基本的に家族はなれないと聞き驚いています(@@;)

 

家族には様々な形がありますが、

ここでは次のような家族を指します。

 

生計が同じで世帯も同じ

 

なぜこのような家族が

入院時の保証人になれないのかについて

理由を説明します。

 

例えば40代男性のAさんが入院したとします。

 

手術費など含め退院時に30万円請求されたのに

お金がないと言って支払わずに

帰宅してしまいました。

 

もしもAさんの妻のBさんが保証人だったとしたら

Bさんは医療費を支払うことができるでしょうか?

 

AさんとBさんは一緒に生活しているため

Aさんがお金が払えないなら

Bさんも当然お金が払えない可能性が高いです。

 

このような状況になるのを未然に防ぐため

「生計が同じで世帯も同じ」家族が

保証人になることを

禁止している病院が多くなっている

というわけです。

 

スポンサーリンク
 




 

 

 

 

 

 

入院時の保証人として認められている続柄は?またその関係は?

 

「生計と世帯が別の親族」ならば

入院時の保証人として認められます。

 

私が膝の手術を受け入院した時は

叔父に保証人を頼んだそうです。

 

入院時の保証人として認められているのは

親族だけではないんですよ。

 

血縁関係にない同居人や友人、

会社の人なども保証人になることができます。

 

最近は保証人になってくれる会社に

頼む人も増えています。

 

保証人はお金がからむので

なんとなく頼みにくいですもんね(-.-;)

 

民間の保証会社や保証人代行サービスに

手数料を支払うと入院時の

保証人を引き受けてくれます。

入院時の保証人には2つのことが求められます。

 

本人が入院費を支払わない場合、

入院費を代わって支払う義務を負う。

 

緊急時に親族がいない場合、

病院側の相談に乗る。

 

急に病状が悪化し意識不明になったり、

認知症で意思疎通が取れないこともあります。

 

そのような時は血縁関係の濃い家族に

連絡が来ます。

 

でも家族がいない場合は

入院時の保証人に連絡が来ます。

 

保証人は重大な判断を迫られることもあるため

何かあった時にしっかりと

対応してくれる人物であることが求められます。

 

 

さいごに

いかがでしたか?

 

入院時に必要となる保証人について紹介しました。

 

保証人には入院費の

連帯保証人としてだけではなく、

緊急時に重大な判断を迫られることもあります。

 

親が高齢者で一人暮らしをしている場合

いつ入院しても慌てないよう

親族間でしっかりと保証人について

話し合いをしておくことが大切だと思います。

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

 

 

スポンサーリンク



40代女性向け
tajisaiをフォローする
多事彩々
タイトルとURLをコピーしました