食べ放題は要注意!?食べ残しの防止対策と罰金にあたる行動とは!?

 

 

店側が「食べ残した場合は、

罰金をお支払い頂きます」

と明確に提示している場合があります。

 

ですが、食べ放題だと、

つい多く取りすぎてしまい、

食べきれないという場合もありますよね?

 

「食べ放題」というシステム上、

多少の食べ残しは許容範囲です。

 

ですが、明らかに食べきれない量を持っていって

大量に残したとなると、話は別です。

 

店側が悪質な食べ残しだと判断した場合は、

罰金を請求されてしまいます。

 

余計な出費を避ける為にも、

自分が食べ切れる量を取るようにしたいですね。

 

 

 

食べ放題での食べ残しの防止対策と罰金にあたる行動とは!?

 

 

食べ放題のお店で

食べ残した場合は罰金を請求します

といった張り紙をしているお店があります。

 

そういったルールは、

悪質な食べ残しをするお客さんを

規制するために、作られたものです。

 

食べ放題のお店では、

お客さんが自分が食べ切れる量を取る

というモラルが求められます。

 

ですが、食べ放題なのをいいことに、

食べ物を大量に取りすぎるお客さんも

いるのです。

 

そういう行為をするお客さんは、

「ちゃんとお金を払っているのだから、

持っていく量も、その食べ物をどうするかも、

客の自由だ」と主張してきます。

 

確かに、食べ放題というシステム上、

お客さんは自由に食べ物を取って

食べることができますよね。

 

あながち間違っているとも言えません。

 

食べ残しに対する規制がない食べ放題のお店では、

そんな自己中な意見がまかり通ってしまいます。

 

ですが、入店前に「食べ残しは罰金になる」

というルールを提示していれば、

悪質な食べ残しをしたお客さんに対して、

罰金を請求することができます。

 

それは、お店に入店したことで、

お客さんはそのルールに同意したことに

なるからです。

 

お客さんは、お店のルールに従う義務が生じます。

 

店側が悪質な食べ残しだと判断した場合、

罰金支払わなければいけなくなります。

 

お店とトラブルにならないためにも、

食べ物を取り過ぎないように注意しましょう

 

スポンサーリンク
 




 

 

 

 

 

 

 

 

大人数や子供連れで考えられる食べ放題店での注意事項は?

 

 

食べ放題で注意が必要なのは、

10人以上のグループの場合と、

子供連れでの場合です。

 

大人数でオーダーバイキングを利用する場合、

注文する量を考える必要があります。

 

大人数だからとあれこれ大量に注文し過ぎると、

食べきれないことがあります。

 

注文する際は、量が多すぎないか

チェックするようにしましょう

 

あまりにも大量に残してしまうと、

店側に悪質だと判断される場合があります。

 

また、大人数だといろんな人がいますよね。

 

中には、食べ残しをバレないように

捨ててしまうという人もいるようです。

 

そういった悪質なお客さんは、

店側もちゃんとチェックしています。

 

目に余る行為だと、

罰金を請求されてしまいますよ。

 

また、子供連れでの利用の場合は、

子供が取りすぎないように

管理する必要があります。

 

子供は、好きなものを

いっぱい取りすぎる場合があるからです。

 

親が子供に「自分が食べられるだけ取る」

というルールを教えてあげてください

 

子供に社会のルールやマナーを教える、

いい機会だと思いますよ。

 

 

 

まとめ

 

いくら「食べ放題」と言っても、

やっていいことと悪いことがあります。

 

大量に盛り付けてSNSに投稿しただけで

手を付けず、そのまま帰ってしまう

という行為は、自己中心的で悪質な行為です。

 

一人が大量に持って行ってしまっては、

他のお客さんの分がなくなってしまいます。

 

料理が満足に食べられなかった他のお客さんは、

店にクレームを言うかもしれませんよね。

 

そんな悪循環にならないために、

お店は「食べ残したら罰金」というルールを

提示するしかないのです。

 

お客さんはマナーを守って、

食事を楽しむようにしましょう

 

 

 

 

スポンサーリンク



30代女性向け
tajisaiをフォローする
多事彩々
タイトルとURLをコピーしました