夫婦が円滑に生活費を分担できる方法と別財布の長所短所とは!?

 

夫婦のお金を管理する方法は、

大きく2つのケースに分かれます。

 

それは、「共通財布」と「別財布」です。

 

 

「共通財布」は、夫と妻の収入をまとめて

管理する方法です。

 

それぞれの収入をまとめて管理し、

そこから家計での支出を支払います。

 

個人で自由に使えるお金は、

「お小遣い」として毎月決まった金額を

設定している場合が多いです。

 

 

「別財布」はそれぞれの収入を自分で管理し、

家計で共通の支出は、

話し合いの上でそれぞれが支払います。

 

自分の収入を相手に知られたくない場合や、

お金の使い道などを相手に

干渉されたくない場合は、

「別財布」が最適です。

 

夫婦共働きの家庭では、

「別財布」で管理しているというケースが

増えています。

 

「別財布」の最大のメリットは、

自分の稼いだお金を自由に使うことが

できることです。

 

反対に「別財布」のデメリットは、

家計全体の貯蓄額が把握できないことです。

 

夫婦共に倹約家であれば問題ないかもしれません。

 

ですが、どちらかが浪費家であった場合、

貯蓄額が予想より少ないかもしれません。

 

「共通財布」も「別財布」も、

夫婦でしっかりと家計の管理をする

必要があります。

 

共働きだと、収入が多い分、

どうしても無駄な出費が増えてしまうものです。

 

夫婦でお互いに話し合い、

将来のために貯金をしていけるように

協力していきましょう。

 

 

 

夫婦が別財布で生活費を管理した場合のメリット・デメリットとは?

 

 

夫婦で「別財布」の場合、

下記のメリットとデメリットがあります。

 

メリット

①自分が稼いだお金を自分で自由に使える

②自分の収入を相手に知られずに済む

③家計の共通の出費を分担して支払うことで、

個人の負担が減る

④金銭的な束縛や干渉がない

 

デメリット

①貯金しにくい。

②家計共通の出費の支払いをどう分担するのか

話し合う必要がある。

③お互いの貯蓄額がわからないので、

家計全体の貯蓄額がわからない。

 

 

「別財布」では、自分で稼いだお金を

自由に使えるため、

仕事へのモチベーションを

高めることができます

 

また、お金の使い方などを

干渉されることが嫌いな人は、

「別財布」の方がストレスなく過ごせます。

 

 

デメリットは、貯金がたまらない場合が

多いことです。

 

将来のためにも、貯金はある程度

しておきたいですよね。

 

ですが、「別財布」だと、

お互いにいくら貯金があるのか分からないため、

お金が貯まらない傾向があります。

 

スポンサーリンク
 




 

 

 

 

 

 

 

 

貯金もしながらの別財布の管理はどうしたら上手くいく?

 

 

夫婦で「共通財布」の場合、

ふたりで家計を把握できますので、

貯金しやすい傾向があります。

 

ですが、夫婦で「別財布」の場合、

それぞれでお金の管理をするため、

貯金を増やしたい場合は不向きな傾向があります。

 

ですが、「別財布」でも、お互いに歩み寄れば

貯金を増やすことは可能です。

 

例えば、家計共通の支出と貯金を、

夫婦で共有するようにしてみては

いかがでしょうか。

 

収入額を知られたくないのであれば、

家計用と貯金用の口座を新たに開設し、

その口座に毎月決まった金額を入金しましょう。

 

家計の支出は、その家計用の口座から支払います。

 

貯金用の口座も作ることで、

自由に使えるお金も確保しながら、

毎月貯金もすることが可能になります。

 

貯金は夫婦で協力しなければ難しいです。

 

お互いに話し合い、夫婦で納得できる方法で、

計画的に管理していきましょう。

 

 

 

まとめ

 

夫婦「共通財布」と「別財布」、

それぞれにメリットとデメリットがあります。

 

夫婦「別財布」の場合は、

自分の収入を自由に使える分、

家計としての貯蓄が出来にくいことが多いです。

 

将来のためにも、

ある程度貯金はしておいた方が良い

と思いますので、夫婦で歩み寄って

家計を管理するようにしたいですね。

 

 

 

 

スポンサーリンク



20代女性向け
tajisaiをフォローする
多事彩々
タイトルとURLをコピーしました