多言出来ない夫婦問題…離婚の相談にベストな窓口と事前準備とは!?

 

夫婦間の悩みは、両親や友人には相談しずらい

という人も多いのではないでしょうか。

 

離婚したいけれど、

どうしたらいいのかわからないという場合は、

まずは離婚の相談窓口に行ってみましょう

 

各自治体で、無料で法律相談を行っている

場合が多いので、確認してみてください。

 

自治体の相談窓口は事前予約制で、

20~30分程度の短い時間での

相談になる場合が多いです。

 

または、法務省が所管している

「日本司法支援センター」(通称「法テラス」)

でも相談可能です。

 

こちらは場合によっては

有料での相談になりますが、

公的機関なので安心して相談できますね。

 

その他、弁護士や司法書士など

法律の専門家に相談することも可能です。

 

離婚への決意が固まったら、

信用できる弁護士を探して仲介してもらうと、

有利に話を進められるかもしれませんね。

 

 

 

周りに離婚を言えない時の相談窓口とは?相談する前に知ることとは?

 

 

離婚の相談窓口は数多くあります。

 

自分の状況や料金などを考慮して、

適した相談窓口に出向いてみましょう。

 

自治体の無料法律相談

 

離婚だけというわけではないですが、

多くの自治体では、無料の法律相談を

開催しています。

 

一番気軽に行ける相談窓口なのではないでしょうか。

 

多くの場合、「予約制」になりますので、

事前に予約する必要があります

 

こちらは無料のため、ひとり20~30分程度と、

短い時間でのお悩み相談になります。

 

各地域の弁護士会の弁護士が、

面談形式で相談にのってくれます。

 

ですが、その場限りの相談になりますので、

継続した相談は行えないのがデメリットです。

 

時間が限られていますので、

最低限聞いておきたいことを予め考えてから

行くようにしましょう。

 

 

日本司法支援センター(法テラス)

 

法務省が管轄している「日本司法支援センター」は、

民事・刑事を問わず法律相談が可能です。

 

公的機関のため、

かなり信用できるのもメリットですね。

 

ですが、場合によっては

相談料を取られることもあるので注意しましょう。

 

 

弁護士など法律の専門家

 

弁護士のサイトには、

さまざまな離婚の事例の解決法が

載っていることがあります。

 

自分の状況に近いものがあれば、

参考になるのではないかと思います。

 

ですが、離婚問題はケースバイケースであり、

実際のところどうなるのかはわかりませんよね。

 

やはり弁護士などの専門家に

直接相談する方が良いでしょう。

 

継続的に具体的な相談も可能なのもメリットです。

 

信頼のおける弁護士に離婚裁判を依頼すれば、

交渉を有利に進めることもできますよ。

 

ただし、費用が高額になるのがデメリットです。

 

 

家庭裁判所

 

家庭裁判所でも、無料で離婚の相談や

手続きのアドバイスを受けることは可能です。

 

ですが、家庭裁判所は中立の立場になりますので、

裁判の内容についての相談はできません

 

スポンサーリンク
 




 

 

 

 

 

 

 

 

自分の悩む離婚の種類によって相談窓口が変わる?

 

 

基本的には、離婚の種類にかかわらず、

法律相談の窓口にて離婚の相談は可能です。

 

ですが、DVやモラハラの相談窓口で

「婦人相談所」や「女性センター」というものも

あります。

 

また、18歳以下の子どもに関する相談窓口の

「児童相談所」というものもあります。

 

こちらは継続的な相談も可能な場合が多いので、

お悩みの方は、各自治体に確認してみてください。

 

 

 

まとめ

 

まだ離婚を迷っている場合は、

誰かに相談することで

気持ちが落ち着くこともあると思います。

 

離婚への決意が固まっている場合は、

慰謝料や養育費、子どもの親権などを

どうするのか、相手と話し合う必要がありますよね。

 

ですので、相手に離婚を切り出す前に、

どういった流れになるのかを、

専門家に相談すると安心できると思います。

 

その中で、信頼のおける弁護士が見つかれば、

とても心強いですよね。

 

離婚のさまざまな問題を

穏便に解決するためにも、

まずは相談窓口に出向いてみましょう。

 

 

 

 

スポンサーリンク



40代女性向け
tajisaiをフォローする
多事彩々
タイトルとURLをコピーしました