豆苗は節約の万能野菜!けど育て方次第でカビ!?対応策は?

辛味や苦味がなくシャキシャキして

ほのかな甘みが感じられる豆苗(とうみょう)は

子供も美味しく食べることができます。

 

美味しいだけでなく栄養価も高い豆苗は

サラダに炒め物にと大活躍の万能野菜です。

 

1袋100円程度で購入できるため

元々節約の野菜として人気です。

 

でも家で簡単に再収穫できるので

超節約野菜と呼べますね♪

一般的には2回は再収穫が可能です。

 

でも栽培してカビが生えてしまったとの

話しもよく聞きます。

 

豆苗は水を使って再生させるので

水温が上がる夏はカビが生えやすくなります。

 

カビが生えてしまったら

健康被害が出る可能性があるため

残念ですが捨てるようにしましょう。

 

無駄にしないためにはカビ予防が欠かせませんね。

 

水の量や交換回数などを守り

正しく栽培しましょう(^o^)/

 

 

なぜ豆苗にカビが生える?生えた時の対処法と生えないための予防策は?

根っこの付近に綿毛のような白くて

フワフワしたものができたら

それがカビです!

 

タンポポの綿毛ではありません!

 

カビは胞子の集まりなので

上の方まで胞子が飛んでいる可能性があります。

 

目には見えないけど食べると

身体によくありません。

 

カビが生えてしまった豆苗は

残念ですが廃棄処分して

新しい豆苗で再生栽培を再挑戦しましょう。

 

水分があるとどうしても

カビという問題が出てしまうんですよね。

 

水分量と水をこまめに交換することで

カビ問題はかなり予防することができます。

 

カビを生えさせず再収穫するには

自己流でなく正しい手順で

行うことが欠かせません

 

特に水の量には要注意ですφ(..)

 

カビを生えにくくするポイントをまとめました。

 

・腐れている部分を取る。

※腐れている、腐れそうな部分を放置すると

カビが生えやすくなります。

 

 

1日に23回水の交換をする。

※豆苗のパッケージには毎日1回の水交換と

書いてありますが、毎日1回では

ぬるぬるして気持ちが悪いです。

 

夏場はカビを生えさせないために

3回は清潔な水と交換しましょう

 

 

・根っこの2/3くらいが水につかるようにする。

※たっぷり水につかると蒸れて

カビが生えやすくなります。

 

スポンサーリンク
 




 

 

 

 

豆苗は何回まで再収穫は可能?成功させるために気をつけるべき事とは?

何回まで再収穫できるかというと2回が平均です。

3回目には豆苗自体元気がなくなり

成長スピードが落ちます。

 

腐りやすい・カビが生えやすいなどの

問題も起こりやすくなります。

 

安全に食べるには2回までが目安になります。

 

再生栽培を成功させるコツは

自己流ではなく正しい手順で

栽培を行うことです。

 

正しい育て方をまとめましたのでご覧ください。

 

上手に栽培すれば1週間くらいで

豆苗を収穫することができます。

 

(豆苗の再生栽培の仕方)

①豆苗をカットする。

豆苗は下から根っこ→豆→葉っぱ→葉っぱ

となっています。

2段目の葉っぱの部分でカットします。

 

クッキングばさみなら

簡単キレイにカットできます。

 

 

②タッパーなどに①を入れ根っこの2/3

隠れる程度の水を入れます。

豆が水につからないよう注意してくださいね。

 

 

③室内の日当たりの良い場所に置く。

室内の温度は15~20度がベストです。

 

低すぎると発育不良、

高すぎると腐れたりカビが生えやすくなります。

 

 

④1日に2~3回水の交換をする。

容器もキレイに洗う。

 

 

さいごに

いかがでしたか?

 

水の量や交換回数、温度に気をつけると

豆苗が元気に育ってくれます。

 

豆苗は成長するとサヤエンドウになります。

 

豆苗がほんのり甘くて食べやすいのは

サヤエンドウの子供だったからですね(^^)

鍋にもおすすめです。

 

栄養価が高いのでぜひ再生栽培にチャレンジして

食卓を彩ってくださいね。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

 

スポンサーリンク



30代女性向け
tajisaiをフォローする
多事彩々
タイトルとURLをコピーしました