都農神社 冬例大祭 | 全国お祭り大調査!

今回紹介するのは毎年12月に開催されている

「都農神社 冬例大祭」です。

 

都農(つの)神社は宮崎県にある神社です。

 

毎年2000人近くが集まる超人気のお祭りです(^^)

 

冬例大祭の前日には前夜祭も行われます。

 

ぜんざいや豚汁などがふるまわれ

心も身体もポカポカになるそうです。

 

前夜祭と本祭でメインとなるのが神楽奉納です。

 

先日島根県に根づいている

石見神楽についての記事を書きました。

 

軽快さと力強さのある神楽でした。

 

宮崎県にはどのような神楽が

受け継がれているのでしょうか?(^^)

 

夜通し行われる夜神楽なる文化も

根づいているとのことですよ。

 

都農神社冬例大祭の基本情報や内容、

口コミ評判をまとめました!

 

 

都農神社 冬例大祭の基本情報!

 

都農神社は宮崎県児湯郡にあります。

こゆぐんと読むそうです。

 

都農神社で開催される冬例大祭は

毎年2000人も集まる人気のお祭りです。

 

冬例大祭は氏子繁栄と家内安全を祈願するための

行事として長く受け継がれてきました。

 

それにしてもすごいお客さんの数ですね。

 

前夜祭と本祭で賑わいぶりは変わらないそうです(@@;)

 

都農神社へのアクセスの良さも

関係しているかもしれませんね〜(^^)

 

都農神社には無料駐車場があり

120台も駐車するスペースがあるんですよ。

 

最寄り駅はJR「都農駅」です。

都農神社までは車で5分程度です。

 

東九州道・都農ICからは車で約5分です。

 

 

12月4日は前夜祭が行われ、

翌日5日に例大祭が開催されます。

 

前夜祭では午後3時頃からぜんざいや豚汁

などがふるまわれます(*^^)

 

その後、午後18時から22時まで

神楽奉納が行われます。

 

前夜祭も例大祭に負けず劣らず

大変な賑わいぶりとのことですよ。

 

 

本祭である5日は午前10時から例祭が行われます。

 

その後、午後1時から5時まで

神楽奉納が行われます。

 

前夜祭と本祭ともに神楽奉納が行われるんですね〜

 

神楽奉納とは神事の際に

神様に歌や舞いをお見せすることです。

 

昔の人々にとっては

数少ない娯楽でもあったそうですよ(^^)

 

宮崎県の各地で神楽は

大切な伝統文化として受け継がれています

 

スポンサーリンク
 




 

都農神社冬例大祭の内容や口コミ評判まとめ

都農神社で開催される前夜祭と

例大祭の目玉イベントとなる

神楽奉納とはどのような感じなのでしょうか?

 

実際に見に行った人の

口コミ評判を集めてみました(^^)

 

★前夜祭や例大祭が平日にあたると

仕事で見に行けないため残念です。

 

 

★都農神社では

都農神楽と水沼神楽が奉納されます。

 

前夜祭も本祭もどちらも

多くの人であふれかえります。

 

12月なので夜はかなり冷え込みます。

しっかり防寒対策をしてから出かけましょう。

 

 

★都農町民による総踊りや

都農青年太鼓も披露されます。

 

その他にも大抽選会やぜんざいがふるまわれるため

2日間参加しても飽きません。

 

子供達も喜んでお祭りにきています。

 

宮崎の伝統文化である

神楽を見せる良い機会だと思います。

 

露店もたくさん出るため

飲食物に困らないのも助かりますね。

 

 

口コミ評判によると

都農神社冬の例大祭では

都農神楽と水沼神楽が奉納されるそうです。

 

都農神楽の特徴について調べてみました。

 

【都農神楽とは?】

 

■起源は分かっていないが

宮崎県東児湯地域に伝承されている神楽である。

 

■舞いや笛、太鼓のテンポはやや早めである。

 

■都農神楽保存会が現在舞うことができるのは

18演目である。

 

 

さいごに

いかがでしたか?

 

宮崎県の都農神楽で開催される

冬例大祭とその前夜祭についてご紹介しました。

 

まさに冬の神楽の祭典

といった印象を受けました(^^)

 

たくさんの人から愛されていますね。

 

露店の出店もたくさん出るとのことです。

 

子供も大人も皆、

前夜祭と例大祭両日ともに楽しめそうです!

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました