止めるにヒ 『此』ってどう読む?意味や使い方は?

【2021.8.31追記】

 

止めるにヒと書いて

なんと読む?

 

【此】という漢字は、

漢検準1級レベルに相当する

難易度が大変高い漢字です。

 

難しい漢字なので、

実生活の中ではあまり使われません。

 

昔の小説を読むと、

【此処(ここ)は〜】のような

表現を見かけることが多いです。

 

音読みの時は【シ】と読みます。

 

訓読みだと様々な読み方があります。

 

か(く)/ここ

こ(の)/これ

 

此はこんな意味を持つ漢字です。

 

これ、こののように

近くにあるものを指す時に使います。

 

此の意味や使い方を

例文を用いながら分かりやすく解説します。

 

実は此という漢字が含まれた地名や

苗字もあります。

 

丹後町此代

 

たんごちょうこのしろと読みます。

 

こちらについてもご紹介しますね。

 

『此』の意味や使い方を例文解説!

此処

 

止にヒと書いてなんて読むの?

という質問をよく受けます。

 

いくつか読み方があります。

 

音読みすると  です。

 

訓読みすると、

(く)、ここ

(の)、これ

があります。

 

ところで音読みと

訓読みの違いって何?と

思われる方も多いのではないでしょうか。

 

小学生の時私は、

音読みは音の響きが外国っぽい。

 

訓読みは日本っぽいと区別していました。

 

此には意味もいくつかあります。

 

どれも話し手から

近いところにあるものを

指す時に使います。

 

此の意味を参考までにずらりと書いておきますね。

 

▪これ▪この▪ここ

 

▪かく▪このような

 

▪このように▪ここに

 

▪そこで▪それでこそ

 

此は実際にどのように使うのか、

例文を示しながら

解説します!

 

■此処から目的地まではそれほど遠くありません。

 

■此の様な卑怯な手は使いたくありません。

 

ここからや、このようなと紙に書く場合、

現在此を使うことはほとんどありませんよね。

 

 

『此』が入った地名や苗字もある!

 

此が入った地名や苗字をご紹介しますね。

 

(地名)

 

大阪市には【此花区 】があります。

 

読み方は【このはなく】です。

 

素敵な音の響きですよね。


この他にも此という漢字を含む地名が、

いくつもあります。

 

どの地名も読むのがとても難しいです。

 

▪此木/くのぎ


石川県鳳珠郡穴水町にある地名です。

 

鳳珠郡は【ほうすぐん】と読みます。

 

 

▪此瀬町/このせちょう


奈良市にある地名です。

 

 

▪金沢市此花町/このはなまち


▪松山市此花町/このはなまち


▪岐阜市此花町/このはなちょう


此花町は全国に3ヶ所ありますが

読み方が2通りあるのは

面白いなと感じました。

 

 

▪境小此木/さかいおこのぎ


群馬県伊勢崎市にある地名です。

 

 

▪丹後町此代/たんごちょうこのしろ


京都府にある地名です。

 

 

▪焼山此原町/やけやまこのはらちょう


広島県呉市にある地名です。

 

 

(苗字)

 

此という漢字が使われる苗字は大変多いです。

 

特に珍しいと感じた苗字を

地域別にピックアップしご紹介します。

 

■新潟・群馬・秋田に多い苗字

 

▪小此鬼/おこのぎ

 

▪此垣内/このがいと

 

 

■福井・愛知・茨城に多い苗字

 

▪此谷内/こやち

 

▪日此/ひこの

 

 

此方(止めるにヒ 方)の意外すぎる読み方!

 

【此方からお入りください】

 

←こんな張り紙を見て、

全く読み方が分からずに

目を丸くしたことがあります(^^;)

 

えっ、この漢字なんて読むの??

 

此方と書いて「こちら」と読むことが

後から分かりました。

 

此方という漢字は学校で習う漢字ではありません。

 

ですので読めなくても

全くなんの問題もありません。

 

でも小説などには出てくることも

けっこうあるため

読み方を知っておいて損はありません。

 

此方という言葉は読み方が複数あり

意味も変わるため使うのが難しいです。

 

読み方だけでもこんなにあります。

①こなた

②こんた

③こち

④こちら

⑤こっち

 

④と⑤に関しては日常生活の中で

よく使われているため

①〜③の意味と使い方の例文をご紹介します。

 

【こなた】

意味:こちらの方、過去から現在までの間

例文:静かにこなたを振り返った。

 

 

【こんた】

意味:あなた(英語のyouに該当する言葉です。)

例文:こんたの言うことが当たり申さない。

 

 

【こち】

意味:私、私ども(古事記にも出てくる古い言葉です。)

例文:そちが知らずは、こちも知らぬぞ。

 

 

此度の読み方や使い方!

 

此度は「こたび」と読み、

此の度は「このたび」と読みます。

 

読み方は微妙に違いますが、

どちらも現在使われている「この度」と

同じ意味で使うことができます。

 

しかし此度や此の度という漢字は

古文学などにおいて使われていた漢字のため

日常生活で使用すると

相手に少し違和感を感じさせてしまいます。

 

この度という言葉はビジネスでも

よく使われる言葉です。

 

ビジネスメールで「此の度」「此度」

という漢字を使うと

全体的にかた苦しい印象になるため

使わない方が無難です。

 

 

此間の読み方や使い方!

 

此間にはいくつも読み方があります。

①このあいだ

②こないだ

③このあひだ

④こなひだ

 

意味は現代使用されている

「このあいだ」と同じで、

「この頃、最近、近ごろ」

といった意味を持っています。

 

このあいだが語形変化し、こないだや

このあひだなどに変化したとされています。

 

此間によく似た言葉に

此間中・此間内という言葉があります。

 

それぞれの読み方や意味、

使い方は次のようになっています。

 

【此間中】

読み方:こないだじゅう

意味:先頃のいく日かの間

使い方例文:此間中探していた鍵がやっと見つかった。

 

【此間内】

読み方:こないだうち

意味:この間、先だって

使い方例文:なし(例文は見つかりませんでした。)

 

 

此処の読み方や使い方!

 

今回ご紹介してきた「此」がつく言葉の中で

此処という漢字が最も一般的ではないでしょうか。

 

此処という言葉は、「ここ」と読みます。

 

意味は現代使われている「ここ」と同じです。

 

此所という言葉がありますが

此処と読み方も意味も同じです。

 

この他にも紛らわしい言葉があるため

ご紹介しますね。

 

【何所/何処】

読み方:どこ

意味:現代使われている「どこ」と同じ意味です。

 

【其所/其処】

読み方:そこ

意味:現代使われている「そこ」と同じ意味です。

 

 

止めるにヒに石でなんと読む?漢字クイズ

 

読み方が難しい漢字って本当に

たくさんありますよね。

 

読み方が難解な漢字で多く声が

あがっているのがこちらです。

 

Q1.止めるにヒに石でなんと読む?

Q2.止めるにヒに二でなんと読む?

 

A1. 正解は砦で、読み方は「とりで」です。

 

音読みにすると「サイ・ザイ」です。

 

 

A2. 正解は些で、読み方は「いささか」です。

 

音読みすると「サ、シャ、セイ、サイ」です。

 

 

漢字を書くのは難しいですが

このように覚えると簡単です。

 

砦は、止めるにヒに石で

些は、止めるにヒに二(^^)

 

 

さいごに

 

此の読み方や意味、

使い方の例文についてご紹介しました。

 

此がつく地名や苗字も多いです。

 

知らないと読めないものばかりですよね(^^)

 

最後までお読みいただき

ありがとうございました。

 

スポンサーリンク



全ての人向け
tajisaiをフォローする
多事彩々
タイトルとURLをコピーしました