隣人が嫌がらせ…その行動を起こす心理を紐解き解説!

嫌がらせをしない人間には

嫌がらせをする人物の心理が

なかなか理解できないものです。

 

隣人の嫌がらせで悩んでいる人は

隣人がどのような心理状態で

嫌がらせをしているのか

一度立ち止まって考えてみましょう。

 

逆恨みや被害妄想を抱いている

ケースが多いです。

 

あなたのささいな行動が原因で

被害妄想を膨らませて

隣人が嫌がらせをしていることもあります。

 

一度相手の気持ちに寄り添ってみることで

解決につながることがあります。

 

でもあまりに隣人による嫌がらせが

ひどい場合は自分の手では

どうにもできないこともあります。

 

その時は弁護士などに依頼することになりますが

確たる証拠が必要になります。

 

証拠をつかむ手法もあわせてご紹介します。

 

 

隣人はなぜやめない?嫌がらせをするその心理とは?

隣人による嫌がらせトラブルは

逆恨みや被害妄想によって

起きることが多いです。

 

【逆恨み】

例えばあなたには自慢するつもりはなくても

家族の話を嬉しそうに話をするだけで

妬みを感じ逆恨みをする人もいます。

 

隣人がどのような人物であるかが

分からないうちは身内の幸せな話は

控えた方がよいでしょう。

 

 

【被害妄想】

例えば同じことをしても

普段からコミュニケーションが取れている人と

取れていない人とでは気持ちに違いが生まれます。

 

隣人とコミュニケーションを取っていない場合、

隣人が被害妄想を抱き

嫌がらせに至るケースも多いです。

 

 

【感じ方の違い】

その他の嫌がらせをする原因として

感じ方の違いもあります。

 

あなたにとってはこれくらいと感じる音でも

隣人にとっては耐えられない

騒音であるかもしれません。

 

楽器の音や生活音が原因で

隣人による嫌がらせが始まった

という話もよく聞きます。

 

 

【精神疾患による被害妄想】

あなたが何もしていなくても

精神疾患が原因で一方的に被害妄想を膨らませ

ストレスを解消するために

嫌がらせをしている場合もあります。

 

隣人の様子に明らかに異常性を感じる時には

地域の役所の福祉課に

相談に行くことをおすすめします

 

スポンサーリンク
 




 

 

 

 

隣人の嫌がらせに対抗する確たる証拠をつかむ手法とは?

様々な嫌がらせをする人の

心理についてご紹介しました。

 

あなたが態度を変えることで

あっさりと嫌がらせがなくなることもあります。

 

しかしあなたが接し方を変えても

相手の嫌がらせが一向に止まない時には

第三機関に頼ることにしましょう

 

相手に精神疾患が疑われる場合は

役所の福祉課に相談に行くのがベストですが

隣人が健常者である場合は

弁護士に相談に行くのが解決に向けての

1番の近道になります。

 

警察は民事トラブルには

何か事件が起きてからでないと

十分に対応してくれません。

 

弁護士は民事トラブルのプロですので

慰謝料請求の相談にも

乗ってもらえることでしょう。

 

弁護士に相談に行く際に絶対に必要になるのが

さんからの嫌がらせを受けている、

という確たる証拠です。

 

確たる証拠となるのは映像音声です。

 

またいつの出来事なのか分かるように

記録も残しておきましょう。

 

映像は防犯カメラやスマホなどで

相手の姿や特徴がはっきり分かるように

全体像をおさめておきましょう。

 

音声録音も貴重な証拠となるため

テープレコーダーやスマホの録音機器で

残しておきましょう。

 

 

さいごに

いかがでしたか?

 

隣人による嫌がらせはできれば

穏便に済ませたいものですよね。

 

まずはあなたに寄り添える部分がないか

立ち止まって考えてみましょう。

 

それでもダメな場合は個人でやり取りしても

解決しないので十分に証拠を揃えて

第三機関に相談にいきましょう。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

 

 

スポンサーリンク



30代女性向け
tajisaiをフォローする
多事彩々
タイトルとURLをコピーしました