面接で答えられない…心配無用!?落ちる・合格を別ける対応を伝授!

企業の採用面接では、

面接官がいろんな質問をしてきますよね。

 

面接を受ける側は、その質問に

自分の言葉で答える必要があります。

 

ですが、面接官の質問にスラスラと答えられない

場合もあるのではないでしょうか?

 

つっかえてしまったり、言葉が出てこなかったり、

うまく答えられなかった時は、

その場で落ち込んでしまったり、

諦めてはいけません

 

なぜなら、面接官は上手に話せることを

重要視していない場合もあるからです。

 

たとえつっかえながらでも、

伝えたいことがきちんと伝わっているかどうかが、

合否を分けるポイントであることも考えられるのです。

 

企業によって採用のポイントが違いますので、

上手く出来なかったからもうダメだと諦めたりせず、

最後までモチベーションを保ちながら、

冷静に対応しましょう

 

また、面接でダメだったと思ったことは、

帰宅後にしっかり反省し、

次の面接では同じ失敗をしないように

気をつけましょう。

 

 

 

面接で答えらない場合も結果が良いことも?合格に導く対応とは?

 

面接で上手く答えられなかったら、

もうダメかもしれないと感じてしまう人は

多いのではないでしょうか?

 

もちろん不合格になることもありますが、

必ずしも落とされるという訳ではありません。

 

上手く話せなかったとしても、

採用してもらえるケースもあります。

 

上手く話せなくても採用してもらえるケースとは、

下記の場合になります。

 

話の内容がきちんと伝わっていた場合

 

面接では、上手く話せても内容が薄っぺらかったり、

何が言いたいのか分からないような発言は

好ましくありません。

 

重要なのは伝えたい内容がしっかり相手に

伝わっているかどうかなのです。

 

発言の中身でアピール出来ていれば、

採用してもらえる可能性は充分ありますよ。

 

 

ストレス耐性をみる為の圧迫面接だった場合

 

企業によっては、ストレス耐性をみる為の

圧迫面接を行うところもあります。

 

面接官はあえて冷たい対応を取り、

反応も薄く淡々と進められるので、

面接を受ける側は全く手応えを

感じられないかもしれません。

 

辛い状況だと思いますが、

諦めずに最後までベストを尽くしましょう

 

スポンサーリンク
 




 

 

 

 

 

 

 

 

面接でニュースなど意外な質問…答えられない時にベストな対応とは?

 

面接では、面接官からさまざまな質問をされます。

 

志望動機など定番の質問に対しては、

予め回答を考えておくことが出来ますが、

ニュースなどの時事ネタは、

事前に答えを用意することが難しく、

その場ですぐに思い出せず、

言葉に詰まってしまうこともありますよね。

 

一度躓いてしまうと落ち込んでしまい、

その後の質問に対しても上手く答えられずに

終わってしまうという人もいると思います。

 

ですが、ひとつの質問に答えられなかっただけなら、

充分挽回するチャンスはあります

 

質問に答えられなかった時の正しい対応は

下記になります。

 

落ち込まない

上手く答えられないと、

その場で落ち込んでしまいがちですが、

落ち込まないでモチベーションを

保つことが重要です。

 

面接の合否は、

質問ひとつだけで決まるわけではなく、

全体を見て総合的に判断されます。

 

答えられなかったとしても、

その後の質問で挽回出来れば問題ないのです。

 

気を落とさずに、最後まで頑張りましょう

 

 

冷静に話す

上手く話そうとすると逆に意識しすぎて

空回りしてしまうこともあります。

 

質問に対する回答は、

言いたい内容が伝われば問題ないので、

上手く話そうとし過ぎず、

自分の言葉でしっかり相手に伝えることが大切です。

 

焦らず落ち着いて、

冷静に発言するようにしましょう。

 

 

 

まとめ

 

面接では、上手く答えられなかった場合でも

採用してもらえる可能性があります。

 

気を落とさずに、最後までベストを尽くしましょう。

 

また、面接で失敗してしまったら、

面接が終わった後に反省し、

ダメだった部分は改善出来るようにしたいですね。

 

 

 

 

スポンサーリンク



20代向け
tajisaiをフォローする
多事彩々
タイトルとURLをコピーしました