2019年涅槃まつり内子の日時や見所を体験談と併せて紹介!

今回は愛媛県喜多郡にある内子町で

毎年3月15日に行われる

「涅槃まつり内子」について紹介します(^^)/

 

桜も綺麗に咲き、お祭り当日は

観光客も多く集まり賑わうそうです。

 

お祭りではカラフルな衣装を身にまとった

小さな子供達による行列も行われるそうです。

 

涅槃まつり内子が開催される場所は

日本最大級の涅槃仏がある高昌寺です。

 

なんと涅槃仏の長さは10mで重さは200tです!

 

涅槃まつり内子の基本情報や

内容について調べてみました。

 

 

涅槃まつり内子の基本情報!

 

涅槃まつり内子は毎年3月15日に

高昌寺(こうしょうじ)という

お寺で開催されています。

 

この日はお釈迦様の教えに

感謝する日とされています。

 

前日の3月14日には前夜祭が行われ

般若心経の奉唱などが行われます。

 

お寺らしい内容になっていますね。

 

高昌寺へのアクセスは車で行くなら

内子五十崎ICより約10分です。

 

すぐ近くに護国町並み駐車場があります。

 

電車を利用するなら最寄り駅は「内子駅」で

徒歩30程度です。

 

天気が良ければ桜を眺めながら

ちょうど良い散策になりますね♪

 

 

 

高昌寺は巨大な涅槃仏で有名なお寺です。

 

涅槃仏は横になって寝ているように見えますが

入滅している様子を表しているそうです。

 

涅槃仏はタイの寺院で多く見ることができますが、

日本ではまだまだ珍しいです。

 

高昌寺の涅槃仏は日本最大級で

長さ10mで重さはなんと

200tもあるそうですよΣ(゚Д゚)

 

高昌寺の歴史は室町時代と大変古いです。

 

でも涅槃仏は室町時代からあったわけではなく

1998年に建立されています。

 

だから真っ白で新しいんですね〜

 

涅槃まつり内子の歴史も古く

250年前から行われているそうです。

 

スポンサーリンク
 




 

 

 

春のお祭り・涅槃まつり内子の内容は?

涅槃まつり内子が開催される日は

地元住民だけでなく観光客でも

あふれかえるそうです(^^)

 

お祭り当日は露店もたくさん並びます。

 

春をお祝いする喜びの声が

あちこちから聞こえてきそうですね♪

 

お祭り当日はお茶会や餅まき、稚児行列など

春らしい行事がたくさん行われます。

 

高昌寺内には地獄極楽絵図が

特別に展示されるそうです。

 

普段は見ることができません。

 

こちらも必見ですね!

 

稚児行列は綺麗に着飾った小さな子供達が

保護者に付き添われ町内を歩きます。

 

とても可愛らしいと評判です(*^^)

 

稚児行列は愛媛県だけでなく

全国各地で行われています。

 

地域差があると思いますが

主に6歳までの子供を対象としています。

 

3回稚児行列に参加すると幸せになれる

との言い伝えもあるそうですよ。

 

でも雨の時は中止になるそうです…

 

子供達も保護者も前日は

ドキドキしているはずです。

 

晴れを願うばかりですね(>ω<)

 

それでは実際に涅槃まつり内子を見に行った人の

口コミ感想をご覧ください。

 

■お祭り当日稚児行列や餅まきが行われて

すごく賑わっていました。

 

主役である涅槃仏にはあまり人が集まっておらず

ひっそりしていました。

 

背中や足の裏までじっくり

見て回ることができました。

 

 

■初めて涅槃仏を見ましたが

想定外の大きさに驚きました!

 

大きさ以外にも涅槃仏が真っ白で

大変綺麗にされていることにも驚きました。

 

近くには小さな涅槃仏もありました(^^)

 

 

さいごに

いかがでしたか?

 

愛媛県内子町で毎年3月に開催される

「涅槃まつり内子」について紹介しました。

 

ひな祭りを連想するようなカラフルな

春祭りとの印象を持ちました(^^)

 

日本最大級の涅槃仏は一度は見たいものですね。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました