盛大な三熊野神社大祭の日時や見所を体験談と併せて紹介!

静岡県掛川市で開催される三熊野神社大祭について

ご紹介したいと思います。

 

開催されるのは毎年4月の

第1金土日の3日間です。

 

遠州地方のトップを飾るのに

ふさわしい盛大なお祭り内容となっています。

 

3日間に渡り朝早くから盛りだくさんの内容です。

 

そして祭りの参加者数もすごいんです

 

三熊野神社は人人人人だらけ〜(@@;)

 

祭り期間は人や出店でひしめき合っています。

 

行事が始まる時間が朝早いため

祭りの参加者の中には朝の4時に起きて

準備する人もいます。

 

とても気合いが入っていますよね。

 

三熊野神社大祭の基本情報や

見どころ2大ポイントについて

存分にお伝えします(^^)

 

 

 

三熊野神社大祭の見どころ2大ポイントはココ!

 

三熊野神社大祭は3日間に渡り

朝早くから様々な出し物や

行事で盛大に盛り上がっています。

 

初日だけは正午くらいから行われています。

 

その中でも最大の見どころと

評判なのが神輿の渡御

13台の祢里(ねり)の引き廻しです。

 

お祭りの時に使う山車(だし)を

この地方では祢里と呼ぶそうです。

 

どんな様子なのか少し口コミをご紹介しますね(^^)

 

◎笛や太鼓、掛け声などの祭り囃子が

会場を盛り上げます。

 

会場一帯が祭り一色になり引き込まれます。

 

 

◎13台の祢里がシタッ!シタッ!の

力強い掛け声と共に

威勢よく曳き廻される光景は圧巻です。

 

 

◎13基の祢里が登場するお祭りは少ないと思います。

人も多いためとても迫力があります。

 

 

皆の感想を読んでいると

力強さと威勢の良さが伝わってきますね(^^)

 

 

ところでシタッ!シタッ!という掛け声は

「下に〜下に〜」が由来になっているそうです。

 

時代劇に出てくるやつですね(^^)

 

 

ところでちょっと気になることがあります。

 

三熊野神社大祭は3日間開催されます。

 

金曜は揃(そろい)土曜は宵宮(よいみや)

日曜は本楽(ほんらく)と呼ばれています。

 

お祭りの3日目は子授け神事が多く

行われるんですよね。

 

その本楽で行われる子授けの神事も

三熊野神社大祭の見どころポイントとなっています。

 

口コミなどを紹介しながら

子授け神事の見どころポイントをまとめました。

 

スポンサーリンク
 




 

 

 

 

 

 

 

 

まだまだあるぞ!三熊野神社大祭見どころポイント

 

三熊野神社は子授けと安産の神社として有名です。

 

ちょっとここで

三熊野神社の基本情報について

まとめておきますね。

 

■所在地 静岡県 掛川市 西大渕

 

■ご利益 厄除け・子授け・安産・縁結び

 

■アクセス

JR袋井駅から秋葉中遠線バスに乗車

約23分「東番町」にて下車徒歩2分

 

■袋井ICより車で約20分間

 

■駐車場普通車6台

 

 

 

さて子授け神事とはどのようなものなのか?

 

実際に参加した人の感想をまとめました。

 

◎おねんねこ様と呼ばれる

赤ちゃんサイズの人形を抱いて神様に祈願します。

 

おねんねこ様は2〜3kgくらいの

重さがあるそうです。

 

参加者がかなり多いため待ち時間は長かったです。

 

 

◎参加している夫婦の数は50組くらいでした。

 

両親も一緒に来ているところもあり

総数は200人くらいです。

 

不妊で悩んでいたのですが

こんなに仲間がいるのかととても心強く感じました。

 

 

◎子授け神事の参加者は神前で祈願した後、

神幸祭と一緒に町を行列します。

 

途中ねんねこ様を3回抱っこさせてもらいました。

 

3時間くらい歩いたため

スニーカーで来れば良かったなと後悔しました。

 

 

 

さいごに

 

いかがでしたか?

 

静岡県の三熊野神社で毎年春に開催される

三熊野神社大祭の見どころについて

ご紹介しました。

 

三熊野神社大祭当日は

たくさんの人と出店で

かなりの賑わいぶりになるようです。

 

ねんねこ様の神事に参加する人は

かなり歩くためスニーカーで行った方が良いとの

意見もありました(^^)

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました